コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ スケバン刑事  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 びっくりぱちんこ スケバン刑事
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
1500円214指令ギミック・群・代紋ギミックサキ
207連打
377鉄仮面シャッター大島
100+1997群・代紋ギミック雪乃
84一撃
122赤保留・代紋ギミック河西
100+158鉄仮面ボーナス学園荒廃
106一撃
407スイングヨーヨー松井
100+152鉄仮面ボーナス学園荒廃
427サキVSバロン
464赤保留大島
666スイングヨーヨー河西
100+874サキ指令ゾーン雪乃
100+366鉄仮面ボーナス
596スイングヨーヨーサキVSバロン
16一撃
457Pフラッシュ大島
208代紋ギミック松井
991スイングヨーヨー大島
122赤保留・代紋ギミック河西
100+8474赤保留・代紋ギミックサキ
507赤カットインサキVSハヤト1号
244終了
総投資額 1500円
総回転数 3231回
大当たり回数 23回
確変回数 7回
総出玉数 2273個
換金額 5500円
収支 4000円

退屈な一日の始まり……

だいぶ慣れたとはいえ、こっちも酒でも飲みながら打ちたい。今日もまた『びっくりぱちんこ スケバン刑事』である。この店の『スケバン刑事』はおしなべてステージの癖が良いのか、見ためのヘソはかなり小さ目だし、寄り釘だって汚い。当然ながら開けも微妙なものばかり。毎日通ってないと動きは分かり難い。今日は珍しく、その半数近くの台が開けられていた。以前にも打った台も弱いながらも開いたので座ってみた。さて、今日は一日どうやって過ごそう。プロ野球も終わってしまったし、退屈な一日の始まりだなあ。さすがに本を読みながらは打てないし、携帯で「YouTube」でも見ながら打ってみようかな。

まずは1000円……こんな作業をもうずっと長い間やっていると、お金を使うという感覚じゃなくなってくる。怖いといえばそうだが、決して金銭感覚がマヒしているわけではない。500円の雑誌を買う時に猛烈に悩んだりもするのだ。この辺りは子供の頃から変わってないんじゃなかろうか。そんな自分が好きでもあり、ちっちゃな男だなあと思ったりもする。

初めの500円は200円分の玉が全くヘソに絡まなくて、嫌な汗が出た。なので初めの1000円は15回しか回らなかった。普通ならばさっさとぶん投げてしまうところだが、おおよその回りは心得ているつもりなので辛抱して打つ。それにしても、保留が埋まってない時の演出ったらどうにかならないもんだろうか。この間打った、同じデカでも●●軍団の台も凄かったなあ。とにかく強烈なことこの上ない。人知れずこれを「保ゼロの衝撃!」と呼んでいるのだ(笑)。

当たらないと分かっているから、一生懸命保留を埋めてからちょこっと用足しをして戻ってくると、また別の保留でリーチが掛かっているといったあり様。しかしその後に掛かったリーチは本物のようだ。指令ギミックにバイク群も出て代紋ギミックも落下。「サキ」リーチから更にスイングヨーヨーが出て代紋チャンスで当たった。わずか21回転目のことだった。でも使ったお金は1500円。1000円で仕留めたかった。STに入ると20回転目、「連打チャンス」からギミック落下で当たり。しかも「777」ときた。更にもう一発16Rがきて3連チャン。簡単に当たって、簡単に玉を持ったということで今日は楽勝か。

299回転目、たまにはあるもんだ、電チューからの当たり。疑似連もなく群が出た後に代紋ギミック落下で「雪乃」リーチがものになった。こうなると16Rに期待したいところ。まさにしてやったりの「777」が揃った。3連チャンながらとっても得した気分。

258回転目、アニメのリーチから「鉄仮面ボーナス」ゲット。4R後のアタッカーパカパカも『びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』ほどではないにしろ、なにもしないよりは打ったほうがいい。確実性を狙うならば1個打ちで。欲張りさんは2個打ちでクネクネとやればいいんではないだろうか。今度は4連チャン。

次も同じようなところで当たった。でも今日初めて40回転の電チューサポートを抜けてしまった。しかし42回転目はまだ電チュー消化の段階。これが「サキVSバロン」からの当たり。「666」がキュイーンと鳴って「777」となった。今度もさっきと同じ4連チャン。

ここから単発を一回挟んだ後の、出玉をちょっと減らしてしまった466回転目、「鉄仮面ボーナス」をゲット。再び40回転をスルーしたがヘソで回した59回転目、またまたさっきと同じリーチが掛かって当たった。これがうまい具合に繋がり7連チャンまで伸びた。しかしこういう時に限って16Rが出たのはわずかに一回だけ。それはいいが、この台せっかくの止め打ちも効果が薄い。ちっとも玉は増えやしない。電チューへ向かうルートがあっちだったりこっちだったりと、かなり不規則でタイミングがまるで合わない。おまけに電チュー辺りでガチガチと玉が跳ね返ってくることが頻繁にある。素直に一個打ちをしたほうがかえって増えるような気がしてきた。今度当たった時にはそっちに切り替えてみようか。


頑張れ、象さんチーム!

ようし、次からそうしてみようと思った途端に当たらなくなってしまった。『銭形』と比べて多少確率が悪くなったとはいえ、やけに重たく感じてしまうのはなんだろう。実際、よく嵌っている光景を目にすることも多い。今日だって、こっち側の列は軒並みどの台も800回オーバーとは。背中は賑やかなことになっているというのに、こっちの象さんチームはまるで駄目(笑)。 隣は目下、1300回オーバーだし、オレの打ってる台もそれを追従するような形だ。しかも悪いことに、ここへきてどういう訳だか急激にそして恐ろしいほどに回りがダウンしてしまった。

あがいても回りが回復しないまま、いよいよ1000回も目の前に迫った947回転目、保留が赤く変化した。もうこの時手元に残したドル箱ただ一つだけである。それももう尽きようとしている。いっそのこと、このままスコーンと飲まれて早くお家に帰りたいのだ。ここで当たって中途半端な連チャンで、またズルズルと引っ張られるのはご免だ。やがて一応は無事に当たった。

案の上というか、やっぱり40回の電チューサポートはあっさりと抜けてしまったのだ。じりじりとしながらヘソで残りの30回を消化していると、50回転目赤い「5」がテンパイした。代紋ギミックも落下。掛かったリーチは「サキVSハヤト」。カットインも赤だった。これが見事に当たり、ヘソながら「キュイーン」と鳴って「777」へと図柄がすり替わった。いやあ、オレもまだまだ持ってるねえ。時間も時間だし、ここから一気にまくりたいところである。そうなれば、連チャンが終わった時点で即終了なのだ。ところが、まさかのSTスルー。残りの時短も何も起こらず100回転が瞬く間に過ぎて行った。なんだかしゃくに障るので、時間まで悪あがきしてみたが玉を減らしたにすぎなかった。

僅か一箱の玉を両替する気にもなれず、会員カードに貯玉した。よ〜し、明日の朝のコーヒーはオレのおごりだ!……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る