コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

フィーバーらんま1/2 温泉アスレチックス編 魂7  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 フィーバーらんま1/2 温泉アスレチックス編 魂7
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 9000円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 13045玉
換金額 52180円
収支 43180円

■戦えるな

I店(等価)に着いたのは開店15分前。なんとなくアケる予感がするので早めに行ってみた。スロ関係の並びは多いが、パチンコは少ないといういつもの光景。開店までメールなどを打っているとすぐに時間となった。十数人の人と入場する。やはり朝イチのホールというのはいいものだ。途中から行くのとは、気分も大違い。かつて田山幸憲プロが「朝イチのわくわくした気持ちがあるから(パチンコを)続けられる。」というようなことを書いていた記憶があるが、さもありなん。

しかしながら万年釘だったり、シメ体制だったりすることが大半。だから以前ほどワクワク感が目減りしていることは言うまでもない。今日はどうだろうか。広い店内……いつもの優先順位に従って見ていくと、「おお、あった!」。賞球7個戻しの「らんま1/2ライトスペック」がいつもよりわずかにアケになっていた。

この釘だと、まずまず戦えるのは間違いない。喜んで台を押さえるなんてのは今月に入ってからは初めてかもれない。他にも数機種、なんとかなりそうな台もあったが、時間がないこともあり、「固い」機種を打つべきだろう。スペックそのものは甘いとは思えないが、その分の回りがあれば打てるはずだ。

食いつきが悪くて時間切れになるのが最悪の展開だが、それも覚悟の上で打たねばなるまい。広くて居心地のよいI店。でも今日は残念ながらCATさんはいないようだ。最近は顔も見てないので、元気にしているだろうか、もしかしてヤメたということもあるのだろうか……。

打ち出すと回りはいいほうから入り、予想よりもぐんと回ってくれている。これならば短時間でも心強い。ちょうど確率ラインにさしかかったところで、疑似連が3回まで続いた。疑似連がともかくカギの機種。3回はなかなか期待できる。赤文字もからんで、ストーリーリーチに発展して「五五五」となった。でも確変ではなく、通常のほうだった。時短もさっと抜けた。

しかし、出た玉で稼げる回転数はなかなかのもの。確率ラインを超えても玉は残っていた。そしてそれがなくなる寸前に、チャンス目からのKING演出で、VSシャンプーのリーチがものになる。「弐弐弐」が並んだ。でもこれも単発だった。55%の確変もなかなか引けないものだ。

そして3回目に早くもやってきたはまりのシーズン。2倍ラインを超えて、早くも3倍ラインに肉薄。もちろん出玉はなくなり買い足し中、突然ヘソに入った玉がピョインと鳴いて(初めて見た)桜柄に保留が変化した。2回目と同じように、VSシャンプーのリーチが大当たりとなった。そしてこれが、ようやく「ペアレース(確変)」に昇格してくれた。

ここから、珍しくも怒濤の連チャン攻勢が始まる。23回転、51回転、12回転、4回転、5回転、43回転、32回転、36回転と一挙に9発も来て、あっという間に5000個を超える玉が出てくれた。4回目も確率ラインを超えたものの、3連チャン。


■難しきもの

今日は初当たりは今イチだが、確変に恵まれている季節らしい。そしてそこからもまずまず当たりは順調で、ライブ会場に行くギリギリの時間まで打った。結果出玉は13000個を超えてくれたではないか。当たり前だが、等価の威力は出た時に、より大きい。夕方までの時間としては破格の勝利。

急いで景品交換して、車に飛び乗り最寄りの駅に向かう。日はとっぷりと落ち、街はすっかり夜の光景。混雑とは逆方向の上り電車の中だけが明るい。ヘッドホンをかけて「AEROSMITH」の曲を予習しておくことにしよう。ここ数日続いている、「落ち」た気持ちがほんの少しだけ良くなってくるような気がした。

ああ、人間この難しきもの……。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る