コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

フィーバーらんま1/2 温泉アスレチックス編 魂   
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 フィーバーらんま1/2 温泉アスレチックス編 魂 
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 1500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 12478個
換金額 49912円
収支 48412円

■なんとか打てる?!

いつもより少しばかり早く外に出ると、まあ抜けるような青空と眩しい朝日に出迎えられた。清々しい冬の朝。こんな時は汚れた空気のホールではなくて、公園などでゆっくりと過ごしたいとも思うが、昼間っから公園のブランコに揺れている中年オヤジ(冬月)の姿もあまり前向きな感じはしないだろうから、やっぱり「ちゃんと」ホールへ向かうことにする。今日行くのは、I店(等価)。時間より早く着いたので先客は少ない。開店時刻に近づいた頃になにがしかの行列ができた。さて、今日は打てるといいな。勝ち負けよりもそちらにまず頭がいくのだ。

入店して、見ていくとなんだか見慣れぬ若い者がものすごいスピードでシマを行き来していてぶつかりそうになった。明らかに潜伏を拾いに来ている風情。ギラギラした目でランプだけ注視しているので、周囲の人のことは視野にあまり入らないらしい。通路を歩いている年配の常連さんたちを追い越して、人の流れを無視して進んでいる。「アブねえなあ〜」と心の中でつぶやく。その姿を見ていると不愉快である以上に悲しくなる。人のことは言えないが、もはや最低限の節度すらも失っているのか……。

みんな生きる(稼ぐ)のに必死なのだなあ。それはそれで当たり前のことだけど、それをこんなカタチで目撃するとむなしく悲しい気持ちになる。小さなパイとなったこの業界のその破片をいただくのが容易でないことは、身をもってわかるのだけれど。さて、自分は多少の節度を保ってシマの回遊をしていく。微妙な感じだけど、目的としていた『らんま1/2』がなんとか打てるか。いつものアケよりは小さいが、通常時よりはアケになっている。

他には、甘デジ数機種にチラホラのアケがあるが、マックスやミドルは概ね厳しい風情。いちばん「固い」ところからいくしかない。店内を2週した結論はやはり『らんま』から。これだと驚くほどは回らないのだが、座っていられるくらいはあると思う。電チューでの玉増やしとアタッカーの拾いなど、トータル出玉は悪くないので、なんとか頑張ろうと思う。

最初の1000円で、35回転となったが、これは水物。ほら見たことか次の500円では3個しかヘソに入らずに、2000円目の玉貸しボタンを押そうと思っていたら、飛んでいた玉がヘソに入った。その瞬間、ピョインと音がして保留が桜色に変化した。この機種をずいぶん打っているがこの演出は初めて。たぶん激アツだろう。上皿を確認すると5〜6個の玉が残っていたのでそのまま画面を注視する。パンダのキセル予告が出て、信頼度の高い「らんまリーチ」に発展。「弐弐弐」となって、あな珍しやの早い初当たり。

確変の「アスレチックタイム」には入らなかったが、電チューサポートのうちに「あかね発見」での大当たりが2回きて、その2回目に確変に入って、合計5連チャンとなった。早々と1800個入りのドル箱を足下におろせた。冬の珍事か。そして時短が終わると、ガセが多い「呪泉モード」に突入したが、これまた珍しい種有りで内部確変となった。もう一度「呪泉モード」をひいたところで電チューサポートゲット。アスレチックタイムから単発となった。ここで連チャンしてくれると楽になるのだが、そんなに簡単にはいかない。

しかし、今日に限っては簡単だった。100回転くらいで、赤デカ保留にキセル予告がからんで、「五五五」が揃うと、そこから6連チャンの快挙。この時点で5000個を大きく超えてくれた。さあ、ここからと思ったが、もちろん「はまりは必ずやってくる」200、300と確率分母の2倍を超えても当たりはしない。いつもと違って回りがそれほどないので、玉減りが気になる。400回転の手前で疑似連から「ストーリーひなこ先生リーチ」で大当たりとなった。助かったと言えるのか。

どうやら助かったらしい。この当たりが確変と引き戻し(内部確変)を含めて、9連チャンとなって出玉が倍増。そしてその後も確率ラインでひいた初当たりが2連、3連と、単発、単発と当たってくれた。出玉は1万発を大きく超える。40玉交換の時代ならば、「やっとスタートライン」という感じだが、等価交換はそうではない。いつもほど回るわけではないし、冬月が打つたびに釘のアケが弱くなる傾向が強いので、ここで退くのも選択肢としては有りだろう。今のところ、安定して打てる機種はこの子だけなのだから。


■弱キャラか

時間は早いし、続けて打ったほうがいいとも言えるが、やはり止めておこう。確率ラインまで回したところで、呼び出しランプを押す。出玉を流すと12500個くらいあった。初期投資が小さいので、十分な勝ちだが、先月までの負けっぷりと当たり欠損を思えば、たいした勝利ではない。

そんなところでヤメてしまうのもどうかと思うが、負けても弱気、勝っても弱気という「弱キャラ」に成り下がっているのが現状だ。外に出るとお日様がまだ出ている。空を見上げれば、朝に負けないくらいの青空。清々しい空気はまだ健在。

抜けるような青空の下で大きく深呼吸をしてみる。これだけでも今日は「生きてて良かった」と思えた。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る