> > ぱちんこ 必殺仕事人IV 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこ 必殺仕事人IV  
text by タッキー
 
筐体画像 子供の頃、「象が踏んでも壊れない」、そんなキャッチコピーで流行した筆箱があった。テレビのコマーシャルで、本物の象がプラスチックでできた筆箱を踏んで歩くその映像は、この筆箱を子供の心に焼き付けるには十分だった。40代の男性ならばきっと懐かしいと思うに違いない。実際クラスの多くの男子生徒がこの筆箱を持っていたような記憶がある。突然そんなことを思い出したのには理由がある。それもこれも『ぱちんこ必殺仕事人IV』のお蔭である。相変わらず凄いんだわ、あのサプライズボタンをばっこんばっこんと叩く様を見ていてあのコマーシャルを思い出したというわけ。そう、不思議と壊れないのである。

最初のうちは上皿やサプライズボタンもそう遅くない時期にぶっ壊れるだろうと予想していたが、これが案外丈夫なのに気が付いた。普通あれだけ叩けばプラスチックでできた部品なんてあっという間にグラグラする筈なのに、まあ丈夫なこと。初めて台を目にした時に一番違和感を抱いたのが、上皿の下の部分のシルバーに輝くところだ。この間気付いたのだが、あの部分よく見れば金属でできているのだ。店員さんが台を運ぶのにえらく重かったって言ってたのを聞いた。きっと叩かれるのを想定にいれたものに違いない。じゃなきゃ、あんなところわざわざ金属にするわけがない。中はどんな構造になっているのか、台を見る度に一度分解してみたくなる衝動に駆られてしまうのであった。それにしてもいい大人があんなに叩かなくてもと思うのだが……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る