コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

デジハネCR北斗の拳 慈母(ユリア)  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 デジハネCR北斗の拳 慈母(ユリア)
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
5006移動
110002412ラウンド
65001508先読み赤エフェクトキリントキ対ラオウ
22赤エフェクトラオウ
20001428先読みレインボーケンシロウ対ラオウ
1500962ラウンド
22ラウンド
52ラウンド
232バトルサウザー
502ラウンド
292ラウンド
562ラウンド
52ケンシロウ
1191百列キリンタイトルユダ
152ラウンド
125赤エフェクトトキ対ラオウ
852ラウンド
15
52ケンシロウ
452ラウンド
25トキ
19000512終了
総投資額 40500円
総回転数 1603
大当たり回数 20(2R含む)
確変回数 20
総出玉数 0
換金額 0
収支 −40500円

■回りはまずまず

いつもより少し早く起きて、やらねばならない原稿や他の「仕事」を片付けて(片付かないが・笑)家を出たのはいつもの時間。途中で少し道が混んだが、S店(等価)開店には十分間にあった。いつもよりは多い20数人の後塵を拝して入店。新台として先日入れられた機種からどんどん埋まっていく。とくに『仕事人4』の人気は高い。打ちたいという積極的な気持ちはないが、流れに乗って釘だけを見に行くと、ヘソはまあ狭くない。ぱっと見て寄り周辺もそこそこ。

数台が空きになっていたので、試し打ちしてみようかと思ってバンダナを置いた。そして少しだけ急いで、他のシマへ行くと「ふーん」悩ましい感じでアケになっている台がいくつかあった。『カイジ甘』『北斗ユリア』は久しぶりに打てそうだ。新台の『江頭・甘』の見た目も悪くはない。そして『パフィー・ミドル』のアケも香ばしい気分。毎日こうならばなんとか生きていけるくらいは打てるだろう。でもそれは叶わぬことであり、シメとなったら一台も打てないというのがこの店の特徴。

一日限りと思ってせいぜい頑張るしかない。数少ない「チャンス」を活かせるかどうか。ああ、そうだ『仕事人4』を押さえたままだった。掛け持ちはマナー上もルール上もよろしくないので、何も押さえず後ろ髪をひかれるような思いで戻る。さて満席となった仕事人。慎重に釘を見ていくとどこといって悪い点は見あたらない。しかし、黙ってもお客がつく新台を甘く使うような店では絶対にない!のがS店の特徴。まあいいさ、試し打ちだもの。打っておけば来年の参考にもなるだろう。

とりあえず500円分の玉を借りて打ち出すと、玉はヘソ周辺には向かうが、その周辺ではねられるような動きばかりでちっともヘソに入らない。加えてステージからの入りも厳しそうだ。500円で入った玉はたったの6回転。下ムラの可能性やストロークに工夫も余地もあるだろうが、それにしても玉の動きが気に入らない上に、他に候補がある今日は、しがみつく必要はない。よってすぐにカードを抜いて、席を立つ。それを待っていたかのように、どこかの若者がすぐにモノを置いて確保した。頑張ってくださいな。

さて甘デジのシマに戻りながら、マッハで考える。何を打つべきか……。カイジだろうな。それからスタートしよう。と思っていたがまだほとんど誰もいないそのシマに、ピンポイントで座る顔見知りのプロがいた。そっか、考えることは同じだね。では、べっぴんの『ユリア様』の元に参ろう。これも久しぶりに闘えそうな釘だ。すぐに打っていくといい感じである。

1000円24回転に届くような勢いで推移する。スルーの抜けが良くなさそうなのが気に掛かるが、これだけ回れば打てる。等価といえども早く食いついてくれれば、気分的にはありがたい。しかし、何も起きない、いつもの光景。1/77.7の確率ラインはあっさりと超えて2倍ラインも通過。今日も朝から嫌な空気だな。そして後から隣に座ったおばさまが1回転目にエクストラボーナスを射止めたのを横目に淡々と打ち続ける。

回りさえあれば慌てることはあるまい。とはいうものの、投資はすでに1万円を超えた。たくさん玉が出る子じゃないから厳しいなあ。結局当たったのは241回転目。朝からめでたい3倍オーバー。しかも2R玉ナシ当たり。そして2回目も当たりは来ない。150回転という2倍ラインのところで、赤エフェクトの先読みからキリンタイトルでようやくの大当たり。これがST当たりで2連となった。3回目もまた当たらない。先読み予告と初めて見たレインボーカラーで大当たりとなったが、これもまた160回転と2倍オーバーだった。しかも単発なり。4回目も確率オーバーで玉ナシ2R。そしてSTでさらに2回連続で玉ナシ2R。朝からなんてこったいこりゃ。


■冷たい風

そして早い当たりが来たと思ったら、2R玉ナシ、2R玉ナシ、また2R玉ナシと続くのだ。この玉ナシ当たりはその後もまだまだ続く。いい加減にしてほしいものだけど、どうにもならないことは自分が一番よく分かっている。朝からずっと玉貸しボタンを押し続ける展開。どうにもならない。当たりがないまま時間だけ過ぎていく。本当に1/77か?300回転、400回転、500回転と確率ラインの6倍を超えたところで、2000円で23回転の下ムラに遭遇する。

実は軍資金がもう底を尽きそうなのだった。福沢さんは消えて、「坊ちゃん」の作者が数人いるだけ。しかるべき所に出かけて行って打つべき感じでもないし、そんな気分でもない。いかにも2011年らしい展開だ。今年は何度こんな状況に遭遇したことだろうか。泣けてくるとはこの事。どこまでもツキがない。でもそれは稼働が少ないからそうなるのだ。長くたくさん打つことが出来れば、ツキもフヅキも巡り巡ってそこそこのところに落ち着くもの。

つまりは、そういうパチンコができなかったということで、これはすべて自分の力のなさであり、責任でもある。しかしながら、今日はことさら寒い。チキンカレーでも作ろうかな。幸い?手羽先を数本買うくらいの夏目さんと小銭はあった。帰り道はいつものスーパーに寄って帰るのだ。セロリやトマトも入れたいけど、高いからなあ〜それは厳しい。……4万円以上も負けておいて、10円単位が高いも安いもないもんだが、ホールを一歩外に出れば、そういうものだ。

朝イチで押さえなかった『カイジ・甘』が2万発を大きく超えるという大爆発。それを横目に見ながらS店を出る。ああ、風が冷たい。


text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る