> > びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ  
text by タッキー
 
筐体画像 なんと今回が今年最後のコラム(自分の)になってしまった。この原稿を書いているのはクリスマスイブ。さっきまで『びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』を打っていて、最終的には飲まれてしまい、ちょっと早目の帰宅となった。といっても家に着いたのは9時半過ぎだったのでちっとも早くもなんともないが。ひとつ言えることといえば、寂しいクリスマスイブだっていうこと。震災の影響もあってか今年は街のイルミネーションやここ数年流行っている個人のお宅の派手な飾り付けも殆ど見かけなかった。個人個人で自粛したってことなのか? それに引き替え、いつの間にやら首都高はいつもの明るさに戻っているし、パチ屋のネオンもまた然り。暗いままで良かったのに。星だってくっきり見えるだろうに。

帰り道、いつもはハードディスクに録音された音楽を聴いて帰るところを今日はFMのラジオなんか流したりして、クリスマスソングを聴きながら帰った。震災の直後は当然ながら今日という日を迎えられるなんて想像もしていなかった。やはり今年は特別な一年に違いない。今こうして生きているってことは幸せなことではあるけど、良い年だったかといえば決してそうじゃないと個人的には思う。復興は少しずつ進んでいくだろうが、これからは放射能という目に見えない敵との戦いである。原発事故の収束には30年、40年と長いスパンが必要とされ、オレなんかが生きてる間には到底無理なことなんだろうと思う。そんなことは百も承知だが、せめて次の世代の子供達が安心して暮らせる社会、地球になって欲しいものだ。

それにしても世の中というのは矛盾だらけで、あの時、世界各地から支援の手が差し伸べられはしたが、一方では一機何百億円もする戦闘機を配備しなければならないという現実がある。そうなると、支援に見えたものも実は大人の事情が絡んでいるってことなのだろうか。不思議なことだらけである。おまけに増税だ、電気料金値上げだと言われてもおいそれとイエスとは言えないだろう。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る