コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRパフィーMTA  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 いよいよ、今回が2011年最後のパチプロ実戦となった。もはやパチプロ実戦なんて看板が恥ずかしい限りの一年だったが、こうして続けられたのも、ひとえにここを読んでくださる読者のみなさんのおかげに他ならない。社交辞令抜きで、感謝の気持ちでいっぱいである。ありがとうございました。

振り返れば今年は、余りにも色々なことが起きた年だった。特に、3.11は後世の歴史に記される悲劇だった。いや、だったと過去形にしてはいけない。今なお復興にはほど遠く、避難を余儀なくされている方は多く、原発事故も本当の意味での「収束」はまだまだ遠い。(気になったので調べてみたら、冷温停止という言葉はそもそも、通常運転時にメンテナンスなどのために原子炉の運転を中止して炉内が100度以下になった状態をさすもので、重大事故の際に使われる言葉ではないらしい。口当たりのいい言葉をあえて使っている「黒い」意図を感じるぞ)もちろん大切な人を失った心の痛みも消えることはないだろう。

パチンコ業界にとっても大きな変化があった年だった。「一物一価」という、分かるようで分からない理屈で近隣はみんな等価交換になり、そこに追い打ちのような「イベント規制」。結果として、お店とパチンカーを苦しめることになったこれらの変化は未来に暗く影を落としている(ように思える)。

こと、パチンコに限ったことではなくても、日本の官僚や多くの政治家のリアリティのないこういったやり方は、呆れるばかりだ。真面目に未来を見据えて、頑張っている政治家や役人もいるはずだが、決まってそういう人は少数派である。「おっと、いけない!」あっさりと今年を振り返るつもりで書き始めたのだ。いつものように脱線してきたから、この辺にしておこう。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る