> > CR聖闘士星矢99バージョン 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR聖闘士星矢99バージョン  
text by タッキー
 
筐体画像 先日、妹から電話があった。普段メールでのやりとりしかないので突然電話が鳴ると慌ててしまう。しかも第一声が「お父さんが……」と、来たので更に慌ててしまう。聞けば、過去に緑内障で手術した左目の状態が悪化したという。週末にも二度目の手術をしなければならないとのこと。ただ今回は前回とは違い、成功率がかなり低いらしい。駄目だった場合、完全に視力を失ってしまうのだとか。幸いにも手術は無事終わり、以前よりも良く見えるようになったということだ。すぐには飛んで行けない距離なので妹とおふくろにすべて任せてしまったが、ひとまず一安心といったところ。

うちの親父は麻雀と競馬が大好きで、子供の頃住んでいた社宅には週末になると親父の会社の同僚が麻雀をやりに来てたっけ。子供にははっきり言ってよろしくない環境だったが、当時小学生だったオレはたまらなく好きだったなあ。そして大人たちの吸う一箱買っても二箱買っても1000円の煙草を買いに行くのがオレの役目だった。お釣りはお駄賃としてもらえるので1000円の煙草になってしまうのである(笑)。 徹夜でやるわけではないので夕食の時間になると家族も囲んで皆で飲み食いが始まるわけだ。面白い人達ばかりの集まりだった。そんな大人たちの話を聞くのが大好きで週末になると「今日は麻雀やるの?」と、親父に聞いていた記憶がある。今のようにコンビニなどない時代だったので、常におふくろが手料理でもてなしていたから大変だったろう。よくおふくろは我慢していたものだと思う。これもまた古き良き時代ってことなのだろうか。

そういや、いつだったか編集会議の後にカースケ先生、佐々木師匠、ワサビさん、それと編集長と編集部のあった大森で朝まで麻雀やったことが一度だけあったなあ。これがまた皆さんそろいもそろって名人級ばかりで素人のオレには到底太刀打ちできなかった。ワサビさんなど後にプロの資格を取ってしまったのだから、その実力たるやここで言うまでもないのである。
近頃は歳のせいか徹夜というものができなくなってきてしまったので、きっと二度とやることはないと思う。ゆえに貴重な体験だったということになるのかな……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る