> > CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ! 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 スキー板が×のカタチ(2本の板をクロスした状態)で斜面に立てられた。それはけが人発生〜事故のしるし。後方から滑ってくるスキーヤーが怪我人に衝突して、二重事故を誘発しないための措置なのだ。先週末、残念なことにそれに遭遇してしまった。しかも一日2回。

一つ目は、自分が担当しているレッスン中の出来事。混雑している斜面の重い雪に足を取られて、生徒さんが転倒。下で様子を見ていたが様子がおかしいので、すぐに斜面を駆け上がった。(こう言葉で書くと簡単だが、かなりの距離と勾配がありスキー靴で上がるのは体力的にものすごく 大変!)幸い怪我の程度は軽いようで、すぐに動くことが出来た。念のためパトロールを要請し、救助ボートを出してもらった。

その間に下で待っている他の生徒さんの所まで駆け下り、指示をしてまた斜面を駆け上って、パトロール隊の手伝いをしたのだが、もうヘトヘト。しかしながら救護室で診察の結果、軽度の打撲程度とわかり、ほっと胸を撫で下ろした。

そして、2回目はレッスン終了後のフリーの時間帯。自分自身の技術を磨くべく急斜面に入ると、またもや×を見つけた。しかも、着ているウェアーがスクールのもの。ああ、怪我人はBさんなり。硬い雪に飛ばされて肩を強打したようだ。こちらは、結構重い怪我の模様。病院直行となってしまった。

普段から仲良くしていたBさんだけに、残念至極。一日も早い回復を祈るのみ。怪我は本当に怖い。スキーは自然を相手にするスポーツだけに、どうしても怪我のリスクが高くなる。(かくいう冬月も2回の骨折を経験している)不運としか言いようがない避けられない事故もある。一方、注意していれば回避できるものもある。読者のみなさんも凍った道で転んで怪我などしないように今年はとくにご注意ください。

さて、本題に。起きればまた寒い朝。窓を開ければ、まるで雪国のような冷たい空気が頬を刺す。二階から見える屋根はうっすらと霜が降りている。付けたテレビのニュースからは「今日も寒い一日になりそうです。暖かくしてお出かけください。」と、お天気お姉さんの声が聞こえる。この娘は、いつも幸せそうだな。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る