> > CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ! 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 冬月は生まれも育ちも福島県。その故郷が、はからずも世界的に「有名」になってしまった。もちろんあの原発事故ゆえだ。先日の新聞によると、県内の小学生が昨年度より1万人近く減っているという。原発警戒区域は当然のこととして、小さな子どもたちを持つ家庭が、線量が高い地域から自主的に避難したのではないかと書かれていた。

さもありなん。小さい子どもほど放射線の影響が大きいとされている。継続的なデータが少ないために、「自然界にも放射能はあるのだから、低線量被爆は心配には及ばない。」という識者もいるし、それも全否定は出来ないかもしれないが、当事者にとってはそんな簡単な話ではなかろう。

愛するわが子の将来が心配なのは世の親ならばみな同じはず。それでも自主的に避難できる人と、したくても出来ない人もいるだろう。ここにも格差社会が見え隠れする。偶然だが「日本の年収100億円の富裕層は年収100万円の貧困層より税・社会保険料負担率が低い。」というデータを見つけた。所得100億円を超える富裕層の税・社会保険料負担率18.9%というのは、所得100万円の貧困層の20.2%よりも低いということらしい。

まか不思議なことがそのまま通ってしまう、この世界よ……。なんとも言えない気持ちで過ごす日々なり。人はずっと昔からこういう矛盾やある意味「不条理」に向き合ってきたのかもしれない。だからといって、諦めてはいけないと思う今日この頃。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る