コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

デジテンCR獣王  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 デジテンCR獣王
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
500円31猛獣モード
974ライオン咆哮ギミックボスハゲワシVSゴリラ
2連チャン
20+1114獣王チャンスライオンSP
3連チャン
20+44猛獣モード
51猛獣モードヌ―ロング
1387ライオン咆哮ギミックボスハゲワシVSライオン
3連チャン
20+782夜背景・激アツボイス・群・キリン柄ゾウSP
2連チャン
20+57ゴリラギミックボスハゲワシVSライオン
2連チャン
20+2374ゾウSP
2連チャン
20+105猛獣モードヌ―ロング
20+158猛獣モード
141突確
10猛獣モード
112猛獣モードヌ―ロング
1883ゴリラギミックボスハゲワシVSライオン
8連チャン
20+243猛獣モード
137猛獣モード
594猛獣モードヌ―ロング
775キリン柄保留・ライオン咆哮ギミックボスハゲワシVSゴリラ
414連チャン
20+41猛獣モード
268猛獣モード
68終了
総投資額 500円
総回転数 3374回
大当たり回数 39回
確変回数 9回
総出玉数 16625個
換金額 41500円
収支 41000円

勝ち戦に自信あり……

さて、復活したとはいえ、まだまだ体はふわふわするような状態。いつもよりゆっくり身支度をし、家を出たのが普段よりも10分以上も遅かった。にもかかわらず、バイパスではなく市街地の一本道をのん気に走っていたら抽選時間に遅れてしまった。まあ、特に気にすることもなかろう。開店時間となり、後ろのほうからの入場。とはいっても、抽選番号の最後尾とここではほとんど差はない。今日は例のあそこがイベントコーナーである。告知しなくたって皆知っているのだ。誰が決めた知らんが、早くイベント規制など止めたほうがいいぞ。

ばたばたと釘を見ていくと以前打って、こっぴどくやられた『デジテンCR獣王』に大きな開けがあった。あの時誓った筈だった。もう二度と打つまい。いや、釘さえ見たくもないと。しかしその翌日に赤パン先生から励ましのメールを貰ったのと、その後何度か一般のお客さんがそこそこの玉をだしているのを目撃していたので機会があったらもう一度だけリベンジしてみようと考えを変えたのだ。まさに今日がその日ということ。釘を見た瞬間、今日は貰ったなと確信した。この間打った時よりも明らかにヘソがデカい。多分、1000円辺り70や80は堅いんじゃないだろうか。いやそれ以上かも。あまりにも大雑把な予測しかできないが、延々と現金投資が続かない限りはまず負けることはないだろう。同時に、なんだかやる気というものが急激にダウン。贅沢なものである。勝ち戦よりも負け戦のほうが面白いってか(笑)。

慎重かつ大胆に10個の賞球を意識しながら玉の挙動を目で追う。病み上がりでも打ち始めてすぐに普段のパチに戻ることができた。500円の玉を半分ほど使ったところで「石版」が割れて4R通常の猛獣モードをゲット。わずかに31回転目。相変わらず単発から入る運のなさ。しかしその後の97回転目、今度は図柄揃いのチャンスがやってきた。図柄揃いは確変なのだ。「ライオン咆哮ギミック」が炸裂し、「ボスハゲワシVSゴリラ」となって「4」が揃った。あっけなく確変をゲット。3回転目、ボスハゲワシ登場も、バトルの相手は百獣の王ライオンだ。いかにも強そうな出で立ちなのに簡単にやられてしまった。復活もなくワンセットで終わる。とはいえこれで十分過ぎる(多分)玉を持った。

131回転目、「獣王チャンス」からライオンSPリーチで「444」。確変となったがまたしてもライオンが出て負けた。時短に入ると「サバンナゾーン」とかなんとかで4Rの玉が出た。ということは潜っていたのかな。となるとさっきのライオンが負けた当たりは10%の4R確変の薄いところを引いてきたことになるのか。ついてないったらありゃしない。結局3連チャンで終わる。


ついに出たぞ!

それにしても羽根デジじゃないのかと思うほどよく当たる。64、51、138と当たり続けた。その138回転目はまさかのヘソからの2%の16Rをゲット。「777」と綺麗に三つ揃った。これがまたさっきと同じような展開の3連チャンだった。いつになったら40%の16R確変を引けるのだろうか。次は98回転目に2連チャン。更に終わってすぐの25回転目、再び超薄い2%の16Rを引いてしまった。今度こそはと思うもなんと保留1回転目でゴリラが敗北、2連チャン。

回りも順調、玉がほとんど減らないような状況。体感では1000円100回ぐらい回っているような状態が続く。こうなると、ギャンブルというものがまるで影を潜め、打っていて面白くもなんともないような状態に陥ってしまう。贅沢の極めなり。初めて200回転超えも2連チャンで玉は増える。そしてここからまた早い当たりが続く。125、166、141回転目には初めて突確をゲット。この時、ハンドルは右打ちのままで(左に戻せと台が煩いが)、電チューを狙ってみた。これ、意外と入るので突確で当たった場合は必須。なにせ電チュー40%の16Rはデカい。しかしその甲斐もなく10回転目に単発で終わる。112回転目はまた単発。

188回転目、久しぶりに図柄が揃った。その7回転目、なんだが変な音がしたと同時に頭上の台枠の部分の「BONUS」ランプが点灯した。いよいよ来たか? 画面にレインボー柄の帯が出てライオンでは一度も倒せなかったゾウ君が出てきてボスハゲワシをやっつけた。これが「222」から「777」へと変わって本日初めて電チューからの16Rをゲットした。ここから更に「777」で3連チャン。一度敗北したにも係わらず、10%を引いてきたのか復活の模様。更に「777」と続き全部で8連チャンの快挙。出玉は15000個ぐらいになった。

ホッとした途端、ようやくこの機種が約1/199の確率であることを体感するようになった。263、137、と単発が続いた後の594回転は今日一番の嵌り。それでもこれをわずか1500個にも満たない玉で乗り切ったのだから驚き。しかしここからまた早い当たりが復活。77回転目には4連チャンをゲット。一応16Rも一回だけ当たった。今日は時間など気にする必要なないだろう。ちょろちょろと上皿に玉を入れる作業を繰り返し、閉店間際の10時30分まで打ってしまった。

ちょっとまだ体はふらつくものの爽快な気分で店を後にしたのだった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る