コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA釣りバカ日誌SAFS  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA釣りバカ日誌SAFS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 29000円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 0
換金額 0
収支 −29000円

■ここでがんばる

今日は、ここで頑張れということか。マジマジと釘を見るとかつて打った時と同じ。1000円20.5くらいだろう。21あればいいが、そこまではないか。でも電チューの拾いに好感が持てるのが救い。まあ、いいや今日のパチンコは展開次第ってことで。(こういう考え方は、あまりオススメしないが……)

最初の1000円で24個ヘソに入ったものの、21個、20個、19個、18個と「だんだん良くなる法華の太鼓」の反対なり。でも次は24個とまた好転。まあ均せば、この辺が正体だろう。いかにも危ない、展開次第のパチンコにしかならない。投資はすでに7000円を超えてきた。等価だから、当たりが早かろう遅かろうと、どうってことはないが、頭から重いとやはり気は重くなる。

結局、当たりが訪れたのは、9500円投資のところ。ステージチェンジからのアニメリーチがそのまま当たってびっくり。意外にこの台はどこからでも期待できるところがあり、この辺は「海物語シリーズ」のDNAがあるのだろう。そして、保留表示にお待ちかねのヌシが出た。これは激アツ! というか今まで外れたことはない。

よって、鯛を釣り上げて連チャンとなった。だがこれで当たりは終わり。また出た玉やらお金やらを使っていく。2回目の当たりは確率ラインを大きく超えたところ。疑似連成立から、実写で釣り上げ成功となった。これは単発と思いきや、時短で1回当たって2連チャン。

そしてまたも確率ラインを超えたところで3回目の当たりが2連チャン。さっぱりラチがあかない感じだが、仕方ないことだ。4回目がまた遠い。結局、投資は15000円程度までいったところで単発当たり。そしてその玉も飲まれる。


■寒い!

等価のパチンコは、ここら辺が難しい。手元のお金を全部使って打つのがベストだと思うが、資金不足だとなかなかそうもいかない心境になる。そもそも、ずっと長い間、40玉交換(2.5円)のパチンコを打ってきたので、「出玉はすべて打ち込むもの」という感覚がまだ抜けない。この辺はさっさとバージョンアップしないといけないのだろうけど、なかなか切り替えられない。

さて、後半はまた苦しい。結局夜までズルズルと打ったというべきか、頑張ったというべきか分からないが、確率の4倍を超えたところでギブアップした。投資もほぼ回収不可能なラインまでふくらみ、回りからいっても潮時だろう。展開次第と言っておきながら、展開に負けずに打ち切るというのも昔のクセなり。等価のパチンコはやはりなかなか難しいものだ。さて、また風邪をひかないように、さっさと帰って手洗いうがいしなくちゃ。パチ屋とか電車はもうウイルスがうようよだろうから。それにしても、財布がまた風邪ひいた(笑)。こちらの症状は重くて、効く薬はナシ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る