> > CR聖闘士星矢99バージョン 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR聖闘士星矢99バージョン  
text by タッキー
 
筐体画像 この数か月間悩まされていた腰痛と右腕の痛み。実際、腰痛に関しては20年以上も前からの付き合い。そのうちに治るだろうと様子をみていたのだが一向に良くなる気配がなく、一年ぶりに針のお世話になってきた。「そろそろ来るんじゃないかと思ってましたよ」と、先生に言われたが、いつもこのぐらいの頻度で通っているような次第。できれば月に一回ぐらいは診てもらったほうがいいと思うのだが、ここは自分にとっての最後の砦なのだ。頻繁に通い過ぎて針の効果がなくなるのが怖い。そんなことはないから大丈夫だと言われたけど、感覚的にそんなふうに思ってしまうのである。

ところで体に針を打つというと、とても痛いイメージがあるようだけど不思議なことに全くといってもいいほど痛みは伴わない。痛がりで医者嫌いの自分がいうのだから間違いない。もし痛そうだと躊躇している人がいたならば、一度騙されたと思って行ってみてほしい。体に力を入れずリラックスした状態ならばちくりともしないはず。しいて痛いといえば、針を抜いた後に消毒のアルコールを塗られる時ぐらいだろうか。ちょこっと沁みる程度だ。

お蔭で随分と楽になった。腰はこれを境に徐々に良くなっていくはずだ。驚いたのは四十肩か五十肩か知らないけど、右腕の痛みが劇的に消えたこと。これはもう少し早めに行っておけばよかったなと後悔したほどだ。なにせこの冬はほとんどソフトの練習ができていないから。再来週辺りから開幕前のオープン戦みたいな試合が始まるので、ひとまず体のほうだけは間に合った。今後注意しなければいけないことは、一にも二にも姿勢よくパチを打つということ。

車の運転もそうだ。思えば若い頃は、スポーツタイプのマニュアルトランスミッション(長いけど正確にはこう表現するのだ。略してM/T)の車に乗っていたので、両手両足を使い、且つ姿勢もそれなりに正しく運転していたので腰痛になるようなことはなかった。今じゃ、左足はフリーの状態で、肘なんかつきながらふんぞり返って乗ってるのだから腰だって痛くなるのは当然だ。できれば風呂上りにでもストレッチなどしていたわらなければと思う。毎晩コタツで寝るのもいかんでしょう(笑)。

治療を終えて、気分も良かったので駅前をぶらっと歩いていると、こじんまりとしたカウンターだけの美味そうなつけ麺屋を発見。小腹も空いたので躊躇わず暖簾をくぐった(実際には暖簾はなかったけど)。ところが残念なことにこれが美味くもなんともなかった。しかも常連客かどうかは分からないが、皆一様に食い終わると、ご丁寧に丼をカウンターに上げ、テーブルを綺麗に拭くのだ。食い散らかしたならばともかく(パチはたまに打ち散らかすこともあるが)、そこまでしなくてもと思う。「郷に入っては郷に従え」とはいうものの、本来店員さんがやるもの。一人で切り盛りしているわけでもなかったのでオレはやらなかった。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る