コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRヤッターマン 天才ドロンボー只今参上! 9AU  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRヤッターマン 天才ドロンボー只今参上! 9AU
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
10000円248ビーチモードドロンジョ保留ドロンスロット
6500円1295赤保留・金シャッター・群・激豚・ヤッターエンブレムヤッターモグラ
167赤ドロンボーボタン演出
77連打
47ルーレット(平和マーク)ヤッターキング
128ヤッターワンvsヤッターペリカン
37確定音全回転
231金エンブレムヤッターキング
287エンブレム保留・ルーレット(金エンブレム)ヤッターワンvsヤッターペリカン
80+3368ヤッターエンブレム・金シャッター・虎柄カットインヤッターモグラ
61虎柄背景ボタン演出
71連打
80+115カーニバルモード疑似連二回ドロンスロット
175ハイパードロンチャンス緑保留ドロンスロット
80+25クルージングモードドロンスロット
1000円624スペシャルナイトモード・金シャッター・豚群(金)ヤッターマン1号
20+13カーニバルモードドロンスロット
8ドロンチャンスドロンスロット
51一撃
6000円80+187終了
総投資額 23500円
総回転数 1749回
大当たり回数 19回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 −23500円

やっとの思いで玉が出た

ではパチの話を始めよう。どうしても一度きっちり打っておきたかった、『CRヤッターマン 天才ドロンボー只今参上!』が入れ替え四日目にして初めて明確に釘が開いた。更にスルーの調整も改善された。実は昨日打った時のこと。見た目の調整以上にスルーの抜けが悪く現状維持はおろかST中に上皿の玉がなくなってしまうくらい酷い状態だった。さすがに店員さんを呼んでかなり強めに伝えておいた。そんな甲斐もあり翌日にはまだ十分ではないものの、かなり改善されたのだ。おまけにヘソもはっきりと開いたので迷わず座った。この辺りは一般のお客さんはおっくうがってなかなか言えないので、ヘソ以外の釘ならば主張しても許されるだろう。

早速打ち始めると1000円25回ぐらいのところを行ったり来たり。そんなに甘くはない台なのでホントはもう少し欲しいところ。なんせ、突確を引いてきた時などST80回をヘソで回さねばならないのだから。10000円を使いかけた248回転目、保留がドロンジョに変化。昨日打った時は一度も見なかった。ちょっぴり期待していると「ドロンスロット」からビーチモードとなって6Rのランプがピカリ。突確を引いてきたということか。一生懸命ヘソで回すも、早くもSTをスルーしてしまった。ただ、モードがあっという間に抜けてしまったので薄い部分の突然通常というやつを引いてきた可能性もある。ん〜、きついなあ。

結局、玉が出るまでに16500円も費やしてしまった。おまけに回りもがくっと落ちてきた雰囲気。このヘソでも厳しいのか。確かにステージは昨日打った台よりも劣るが。377回転目、保留が赤に変わった。金のエフェクトに金のシャッター、群も出た。更には「ヤッターエンブレム」も出た。画面には激アツならぬ「激豚」とある。掛かったリーチはなんとも心もとない「ヤッターモグラ」。この期に及んで外れとはびっくり。と思った瞬間、復活での大当たりとなった。たかだか、6Rの当たりを引くだけなのに大袈裟だなあ。

ST16回転目、あっさり大当たりをゲット。しかも15Rの「777」。金色の文字が眩しい。更に7回転目、爆弾が出てきて連打の文字。テンパイした数字は「7」。ST中の「3」と「7」のテンパイは大当たり確定のようだ。これで3連チャン。次はルーレット演出とでもいったらいいのか(小冊子らしきものがないので詳しい演出が分からないのだ)、四つのルーレットには、赤いエンブレム、金のエンブレム、残る二つには平和オリジナルキャラと平和のマークが出た。そして選択されたのが平和のマークだった。これもまた「777」の大当たり。更には全回転も絡んだりして全部で8連チャン。この一発で16500円のビハインドをほぼ跳ね返すかたちとなった。まだちょっと足りないか。


終日、初当たりは重く……

昨日も感じたが、1/99とは思えないほど当たりが重い。いつだったか打った『ぱちんこ必殺仕事人IV』とはまるで逆のパターン。あの時は羽根デジみたいな当たりかたをずっとしてたっけ。でもあれはあれ。416回転目、「ドロンジョのコスプレ」リーチが掛かる。ジョグで衣装を選択と出た。いつだったか『ルパン三世』の不二子の似たような演出でこっそりジョグで選択したのを見られたことが頭をよぎる。誰に見られているか分からないので今回は止めておいた(笑)。しかも不二子とは違い、外れた時の演出が最悪だった。画面にはドロンジョではなくボヤッキーにはただただ目を覆うばかり。しかし一旦外れはしたが「ヤッターエンブレム」が飛び出し、金のシャッターが閉まり「ヤッターモグラ」リーチが掛かる。相変わらず当たる気はしないがカットインに虎柄が出て当たった。やれやれ。

今度も上手い具合にST6回転目で当たり「ハイパードロンチャンス」となって80回転の電チューサポートが付いた。次は7回転目と、早い当たりが続いたあとはあっさりスルーしてしまった。10%の6R通常を引いてきたとも考えられるが、わずかに3連チャン。そしてここからはこの機種の一番辛い部分を体験することになるのだった。加えて、通常時のデジタルの消化の遅さには閉口。特に保留がない状態では必ずといっていいくらい疑似連やら大袈裟な演出が掛かってしまう。とにかく保留を埋めることが大切。LEDの光も強烈だし、重低音がまた耳栓をしていても煩い。どうにかならないものかと思う。

195回転目、「ドロンスロット」からの「カーニバルモード」は突確をゲット。ヘソで回した80回転、これといった熱い演出もなくスルーしたのは痛かった。次は175回転目、緑の保留に変わって再び「ドロンスロット」演出。そこに出たのは突確は突確でもいきなり80回転の電チューサポートが付く「ハイパードロンチャンス」となった。言うまでもなく、大チャンス到来なのだ。ところがこれも俊足で駆け抜けてしまった。さすがに自分でも可哀想だなと思った。

そしてこの日初めて早い当たりがやってきた。105回転目、「クルージングモード」は突確なのか通常なのか。いずれにしても6Rのランプが灯った。当たりといってもスルーしてしまえばそれまでだが。しかもヘソで回せるほど手持ちの玉は残っておらず、ここで買い足しに入る。それでも1000円の再投資で事なきを得る。62回転目、「スペシャルナイトモード」は初めて見る先読み演出。これが疑似連二回から、金のシャッターに金の豚が出現。掛かったリーチは「ヤッターマン1号」。ここで当たるのか、更なる発展もあるのか? そのまま当たった。

電チューサポートは20回転しか付かず、再びヘソで回すこととなる。33回転目、これまた突確をゲット。ここでも電チューサポートは付かない。おっと、早いのがきたぞ。8回転目、突確から電チューサポート付きの「ドロンチャンス」となった。その5回転目、なんとか玉が出た。ここでようやく80回の電サポが付く。ホッとしたのも束の間。今度はなかなか当たりがやってこないのだ。80回のSTは見る見るうちに減ってゆき、何の見せ場もないまま終わってしまった。やがて飲まれて、更なる買い足しに入ったものの、後半から感じていた回りの低下に6000円を投じたところでギブアップ。こんな筈じゃなかったのに。

ここのところずっと腰の痛みと戦いながら(大袈裟か)、終日打ちきっていたのが、腰の具合が良くなった途端、早々とお帰りの日々が続いてしまった。世の中上手く事が運ばないものだなとつくづく感じた今日この頃であった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る