コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA新海物語Withアグネス・ラム SAG  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA新海物語Withアグネス・ラム SAG
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 4500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 8340個
換金額 33360円
収支 28860円

■打てた

というわけで、山から帰った週明けの月曜日。午前中から数機種の取材に向かうはいつものパチンコ村がある上野。地元に戻ったのは夕方と呼ぶにはまだ早い時間。駅前のS店(等価)を覗いてみる。昨今ここも大きな変化があった。スロットと1パチが増大され、4パチがそのあおりを食うという例のあれ。まったくもってロクなもんじゃない。何事も自分の都合のいいようにはいかないものだ。

割と混雑する店内。いつものように見ていくと、打てそうなのはどの子だろう。少なくなった甘デジはほぼ全滅の模様。その中でも打てそうなのは『アグネス』だ。以前、見た時よりも幾分ヘソが大きいと思う。とは言うものの、このくらいで足りているかどうかは分からない上に、他の選択肢もないと思われる。撤去もされずにずっと使われていることからもお店での扱いは悪くないのだろう。

空き台をチョロっと比べて、寄りとヘソのバランスから角から3番目をチョイス。そもそもお客さんが多いこともあって、自由に選べるわけではない。ともあれ打ち出してみると、まずまずステージからの入賞が見込めそうだ。なんと言っても『海』シリーズはステージのクセが命。時間帯によっても変化するが、やはりステージから奥穴に入るようでないと回転率は上がらない。

「打てるのかなあ〜」と思っていると、リーチがかかった瞬間に実写のアグネスが画面に浮かんだ。うわあ、懐かしい感じのするプレミアだ。ノーマルでそのままジュゴンが3匹。そしてST3回転目に魚群が出て待望の連チャン。2連分の玉が尽きかける頃、また魚群がジュゴンを連れてきてくれて3連チャン。なんとかなりそうな気もする。

次の3回目は遠かった。手元の玉がなくなり追加投資したところで、サメが3匹連チャンはなし。しかし時短が終わったところで、その保留玉でキュインと一発。カニが3匹真ん中で笑う。これも単発だが、次は早かった。時短が終わってすぐにノーマルリーチが再始動してサメが揃ったと思ったら、これがST含めて6連チャンしてくれた。

奇数の当たりが多かったので結構な玉になった。こんな感じで来てくれればよいが……。回りが極端に落ちなければなんとかなるだろう。ただしスルーの抜けが今ひとつ。わずかだが玉減りするのが気に掛かる。

なんとかなるかと思ったら、そうではなかった。またここで手元の玉がつきかける。確率分母3倍ラインでリーチがかかったと思ったらすぐに、エンゼルフィッシュが並んだ。ノーマルリーチでの当たり。STでは当たらなかったが、時短でカメが揃い2連チャン。ダラダラとした展開が続く。

結局、手元の玉がなくなりかけると当たるということを2時間ほど繰り返し、飲まれたら終わりかと思っていたところで当たったジュゴン。これが5連チャン、そしてすぐに7連チャンとなった。玉減りがあるので、最後まで打つ気はしないが、当たりがそこそこ続いてくれた。


■夜空を見上げて

遊技開始から数時間、お店を出たのはもう真っ暗で寒い夜。なんとか稼働できたことが嬉しい、後半の展開に恵まれたのが大きかった。投資が少なかったので、収支も満足のいくもの。

それにしても寒い。南アジアから来たあの人たちは今頃、どうしているだろうか。家族団らんの食卓で雪山の思い出話などしてくれていたら嬉しいな。白い息を吐きながら夜空を見上げてふとそう思った。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る