コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
50066ラウンド魚群サンゴ
14ラウンド魚群マリン
1386ラウンド魚群黒潮
72移動
500244ラウンド激アツ
68ラウンドフラッシュ
94ラウンドフラッシュ
38ラウンド先読み
394ラウンド告知復活
128移動
5007
50066ラウンドマリン
66ラウンド魚群ツーライン
1034ラウンド魚群サンゴ
76ラウンド魚群サンゴ
1674ラウンド黒潮
8115ラウンドレインボーサンゴ
30003396ラウンドドルフィンチャンスマリン
86ラウンド魚群ツーライン
794ラウンド魚群マリン
26ラウンド魚群マリン戻り
454ラウンドドルフィンチャンスサンゴ
86ラウンド告知ノーマル
54ラウンド告知ノーマル
96ラウンド魚群サンゴ
754ラウンドノーマル
10115ラウンドノーマル
536ラウンド魚群マリン
164ラウンド魚群黒潮
1874ラウンドピンクタツノオトシゴノーマル
2646ラウンド魚群サンゴ
656ラウンド魚群黒潮
126ラウンドツーライン
896ラウンドドルフィンチャンスノーマル
296ラウンド魚群マリン
136ラウンドぼのぼのマリワリ
254ラウンドドルフィンチャンスサンゴ
206ラウンド告知ノーマル
836ラウンド先読みノーマル
121ヤメ
総投資額 5000円
総回転数 2451回
大当たり回数 37回
確変回数 37回
総出玉数 8324個
換金額 33296円
収支 28296円

■アケは微妙

しかしこれ以上の連チャンはなし。時短は抜けてしまった。確率ラインを超えたところで単発。しかし困ったことに以前打った時は増えた玉が、この台では減ってしまう。それもそのはず、左に位置するスルーに玉がたびたび引っかかるようになっているではないか。肉眼では分からないが、微妙にシメてそれがやり過ぎのようなのだ。甘デジでの玉減りは致命的。長く打てば打つほどその差は大きくなる。というか、長く打てる保障はない。それを上回る通常の回りがあるわけでもなし。残念!

朝イチで押さえた『星矢』はまだ空き。それならば、移動する一手だと思う。一々店員さんを呼んで流すのも面倒なので、わずかな玉を持ってトコトコ歩く。すぐに玉はなくなったが、ステージからの入りもまずまずあって回りはなんとかなりそうだ。500円分の玉を借りると、疑似連2回目から「激アツ」と出た。そしてそのままVSリーチになって大当たり。

回りがあるならば、移動が正解だったということになる。そして6回転目にST連チャンしてそのまま5連チャンしてくれた。タッキーもよく書いているがそれにしても、ST中はなんだか分かりにくい。どっちが味方でどっちが敵やら。まあ、打っていけばそのうち分かるだろう。しかし、しばらくして席を立つ。これまたスルーが厳しいのだ。スルーもそうだが、電チューへの寄りが悪い。65回転くらいの時短で上皿がなくなっては勝負にならない。

今度は店員さんを呼んで玉を流す。962個ですと。また舞い戻る海のシマ。次の狙いは当たり1回で捨てられている角台。横並びで見るとこの子が打てると思う。ところが玉の飛び方とへそへの絡み方が気に入らない。回転数も500円でたった7回転。すぐに第3候補に移動。スルーをマジマジと見てから打ち出す。するとまたもや500円追加のところで、泡のマリンが見事に大当たり。今日は初当たりだけは軽めの模様。いつまで続くやら……。

これが連チャンしたが2連止まり。そして次も確率を超えたところで2連。単発、単発となったところで、手元の玉はあっけなくなくなった。回転数は300回転を少しこえたところ。回りはボチボだが、実はスルーと電チューのバランスが悪くない。玉は少しだが増やせる。よって迷わず続行することに。

4倍、5倍ラインもチラリと頭をかすめるが、期待値があれば打つだけだ。深くなることも心配だが、打てないほうがもっと困る。ところが現金投資に戻った瞬間に回りがガタ落ち。1000円で14、16回転と続く。今日はCATさんはいないので(というわけではないが・笑)、玉がないので自販機にコーヒーを買いに行く。

戻って一口飲んで遊技再開。するとすぐにドルフィンチャンスが成立した。いわゆる先読み演出。1回、2回とチャンス目が続いて3回目にリーチが成立して、魚群が出てくれた。これは激アツだろう。ラインは中央で絵柄はカメ。これで外れるようでは……。グオングオンと当たりラインに近づき、あろうことかそのまま、さようなら。と思ったらピョコンと戻った。アブネエなあ、もう。3000円の追加投資で済んだのはこれ幸い。

これがST8回転目でギリギリ連チャンしてくれた。さあ、ここで波に乗れるか? 乗らなかった。またもや2連止まり。今日はこんな感じで終わってしまうのだろうか。まあでも時間はまだまだある。頑張ろう。そんな思いが天に通じたのかどうかは定かではないが、時短抜けてすぐに魚群マリンの当たりが最高記録の7連チャンとなった。これで出玉は4000個くらいになっただろう。

そして15ラウンドを含む3連チャンが来たところで、出玉はついに6000個を超えてくれた。投資が少ないのでこれでもう「日当」はなんとか出たカタチ。ここから一伸びしてくれれば、大勝もあり得るのだが。そうはいかない。ここからは確率超えと単発で玉を減らす一方の展開に。夕方には、4000個も切ってしまう。このまま沈むのも仕方なしか。まあ行けるところまでは勝負だ。


■少し幸せ

我慢して打ち続けると、夕方には初当たりが軽くなってきた。まったくといっていいほどST連チャンはしないのだが、時短での引き戻しが続く。元の最高値をまぐれで超えた。それにしても、15回連続でST連がナシもまた珍記録。ツイているのやら、いないのやら。外を見るとまだ雪が降っている。冷たい空気が吸いたくなってふと外に出る。

この時、稲妻のように悪寒が走った。机の脇に置いた電気ストーブを消してきただろうか。滅多につけないストーブだが、今朝ばかりは足下が冷えるのでつけたのだ。それを消したかどうか……確信がない。電気ストーブだけに、ティッシュ一枚ひらりと飛んだら火事になるかも。いやいや地震が来たら間違いなく火事だ。そう思ったら居ても立ってもいられなくなった。

パチンコどころではない。急いで戻って呼び出しボタンを押して玉を流してもらう。勿論景品交換もせずに、そそくさと店を出る。焦る気持ちを抑えて家路に向かう。はてストーブは如何に? 急いで2階に駆け上がる。

そうそう、こういう時は消してあるものと相場は決まっていて、ちゃんと消してありましたとさ。何事もなくて良かった。窓から見えるまだ降り続く雪を見ながら、少しの「幸せ」を感じたのはなぜだろう。2階の窓から見える木々も家の屋根も真っ白。まるで雪国。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る