コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR戦国乙女2 M9AX他  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CR戦国乙女2 M9AX
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 34000円
総回転数 3233回(全て合算)
大当たり回数 21回(全て合算)
確変回数 ***
総出玉数 10005個
換金額 25000円
収支 −9000円

まずは手始めに

それでもひとまず一番堅い『デジテンCR獣王』を押さえた。1000円70回レベルか。でもなんとなく夢がないなあと思っていると、その隣の『エヴァ7』に目がゆく。まずはこの『エヴァ7』から打つことにした。これまで何度も触っているものの、相性が悪いのか一度もまともに玉が出たことがない。2000円を投資したところで早速チャンスがやってきた。「ドックン」と何度か続き、疑似連まで絡んでストーリー系リーチ「第6使徒」が掛かった。タイトルの文字も赤字。前機種ならばほとんど外れることのない演出だが、如何に。カットインも金色だったし、大丈夫だろうと見守っているとこれがあっさり外れてしまった。これでいっきにやる気がなくなってしまった。回りもいま一つだし。

次に向かったのが『CR北島三郎 魂の唄』。ヘソはこれまでに見たこともないデカさ。一度も打ったことがなかったのとアタッカーの釘がちょっと気がかりだったので後回しにしたのだった。打ち始めると、1000円25回を行ったり来たり。釘からするともうちょっとあってもよさそうだったがなかなか回りが上がらない。7000円目で更にがくっと落ちてしまった。2台目も失敗か。しかしその162回転目、疑似連が二回絡み画面には「超好機」と出た。更に虎柄の札みたいなものが画面に舞っていた。役物が落下し、掛かったリーチは「まつり座系」とかなんとかいう発展しないと当たりそうもない弱いリーチが掛かった。これが発展もせずそのまま大当たり。「一」図柄だったが、どうやら確変へと昇格の模様。

「祭りチャンス」となり電チューの代わりのベロに玉を拾わせていく。まずまずの玉増えあり。確変中はすべてこんな当たりなのだろうか? 「V」と表示されての即当たりだった。これが激闘ボーナスとなり再び確変の大当たり。なんとか4連チャンまで伸びた。右打ちながら出玉は少な目だ。30回の時短が抜け、いよいよここからが本番。お金で打っていた時の回りがあれば我慢して打っていたものの、持ち玉になると更に回りが低下。1000円22回ぐらいのレベルじゃなかろうか。これまた急にやる気が失せた。200回ほど回したところでぶん投げてしまった。玉を流すと3200個余り。さてどうしようか。

さすがにこの時間になるとイベントコーナーは空きが少なくなってきた。サブちゃんの他に朝見た時に気になっていた『CR戦国乙女2』は既に売り切れ。かなりこの台もヘソがデカかっただけに失敗したか。仕方なく次に打ったのが『CR南国麻雀L』だ。既に3台目ということになる。ヘソは心もとないもののステージの癖がなかなかいい。20回ちょっとの回りの時もあれば30回を突き抜ける時もある。演出がさっぱり分からないものの「豪打」リーチとやらで当たった。使ったお金はぴったり10000円。これまでの投資の合算は19000円ということになる。17%の振り分けの16Rをいきなり引いてきたぞ。肝心のSTだが、1/59.9の確率を73回転のSTで仕留めなければならない。時折、保留の点棒が青やら赤になるものの当たりそうな気配がない。やがてSTは終わる。

終わってすぐの84回転目、麻雀の牌が緑色から黒に変化。けっこう熱そうな予感。途中の予告はさっぱり分からないので割愛(笑)。 最終的に掛かったリーチというのが、南国系リーチの中でも一番信頼度の高い「告白」リーチ。無事に当たった。ラウンドは4Rだった。STに入った49回転目、点棒の役物がぐるっと回転し一万点棒になり赤くなったのだけは分かった。「666」と8Rの当たりをゲット。辛うじて2連チャン。

回りは24回ぐらいか。しかし電チューの拾いが悪く玉が少し減ってしまうのが大いに気に入らない。222回転目、突然「キュイーン」と鳴った。見れば牌の色が虎柄だった。これがさっきと同じ「告白」リーチへと発展し8Rの大当たり。今度もまた2連チャン。ここで朝から気になっていた『CR戦国乙女2』が今しがた空きになった。電チューの拾いが悪いことを言い訳に、STが終わった途端これまたぶん投げてしまった。玉を換えたら2340個。


今日の本命!

いつもならばこんな時間から現金投資だなんて考えられないが、今日は4年に一度訪れる閏日だから特別だということ(笑)。 これまでに19000円の投資だが、5500個余りの玉を流したのでまだまだ十分チャンスはある。早速打ち始めるとまずまずの回り。とはいえ、見た目のヘソはかなりの大きさなので、もうっちょっと回っても良さそうななんだけど。1000円25回ぐらいか。10000円があっという間に消えてしまった。何処まで追うべきか。更に投資を続けた390回転目、のぼりの役物と兜の役物が作動し、「二人協力」リーチとやらで当たった。「四四四」は単発なのか。ここから9回転の「乙女アタック」に入る。

四人目辺りだろうか、敵を倒して「天下統一ロード」の確変となる。右打ちじゃないのが残念だが、スルーも見た目以上によく抜ける。最初は適当に打っていたのを途中から毎開放狙に切り替えると、これがなかなかどうしてよく玉が増える。演出だって想像していたのと違って、オレにだって十分打てるレベルだし。勉強不足というか、食わず嫌いはよくないのだ。そしてこの確変は6連チャンまで伸びた。

更に終わってすぐの101回転目、保留が変化し、最初とまったくく同じパターンで当たった。しかし今回は単発で終わってしまった。出玉はざっと9000個余り。この時点で使ったお金は全部で34000円。これまでの出玉が5500個と、今ある手持ちの玉を合わせると14500個ほどになる。ということは僅かながらも浮きになったということか。しんどかったようなそうでもないような。

この後も160回転目に突確から大当たり。ただし今回は一回で終わってしまったが。更に82回転目に2連チャン。142回転目に単発と、連チャンはしないものの確実に玉は増えていった。ここから更なる追撃の始まり。回りは20回ちょっとの時もあれば25回をぐんと突き抜ける時もあるが、おしなべて25回ぐらいの回り。もっとあると思ったんだけどなあ。普段見るヘソはこれよりも数段小さい。きっと17、8回程度しかないんじゃなかろうか。次はちょっと回した411回転目、突然キュイーンというかキュキューというかいつもとは違った音で兜の役物が落下。レインボーに輝いているようにも見えた。

これが激アツの「VSオウガイ」リーチへと発展。しかも左右の図柄は「天下統一」。当たれば確変ということだ。当たればというか、当たりはほぼ確定といってもいいだろう。ドル箱がいっぱいだったら当たる前から店員さんを呼ぶところだった。右打ちならば既に右打ちの構えといった風情。ところがなのだ。これがどういうわけかオウガイに敗れ外れてしまったのだ。唖然、愕然。夢でも見ているかのようだった。もう一度、最初の段階からやり直してもらえないだろうか。さすがにこれには暫くの時間ひきずってしまった。夢か幻か。そんなことがあってか、最後は当たりを見ることなく終わってしまったのだ。726回転目、手元の玉が尽きたところで万事休す。玉を換えたら4500個余り。

それでも今日は、普段打ったこともない台にチャレンジし、なんだか今までにない自分を見つけたような一日だった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る