コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRエヴァンゲリオン7  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRエヴァンゲリオン7
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
6500円163突確ドックン二回・疑似連1シンクロ
371全回転(シンジ)
933Mark.06の槍・警報仮設5号機vs第9使徒
10ビーストボーナスシンクロ
22Mark.06の槍・警報2号機vs第5使徒
100+811Mark.06の槍・警報零・2・初号機vs第8使徒
106金ステップ1・Mark.06の槍初号機vs第10使徒
100+3574Mark.06の槍零・2・初号機vs第8使徒
100+462終了
総投資額 6500円
総回転数 1515回
大当たり回数 8回
確変回数 2回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -6500円

今日も無事食いついた!

ところが、いざ蓋を開けて見るまで分からないのがこの店の特徴。こればっかりは何年通っても分からない。それが面白いところといえばそうなんだが。とはいえ開けてあるのは『CRエヴァンゲリオン7』ただ1機種のみ。これまでも何度か打つ機会があり、玉にもなった。しかし一度たりとも夜まで打てたためしがないのだ。今日で何度目だろう。あまり気は進まないがその中の一台に腰をおろした。確か以前ちょこっと打った時の感触ではステージの癖がまずまずだったと記憶する。

早速打ち始めると、25、27、20、27と回ったかと思うと当然がくっと落っこちて5000円の投資で123回転はちょっと足らないか。さてどうしようか、ここで見切りをつけるのも手。ちょっと悩んだ末、まだまだ空き台もあるし、もう少し様子をみようと思い回してみた。すると次の1000円では33回に跳ね上がった。もちろん更に追加。おっとここでデジタル停止時に「ドックン」ときた。前機種『始まりの福音』では結構期待できたが、今度の『エヴァ7』では殆どの予告、リーチが格下げになってしまったから、この程度でハンドルから手を離して見守るなんてことはない。申し訳ないがちっともドキドキしないのだ。

その「ドックン」が二回続き、疑似連が一回。「シンクロ」リーチが掛かり、ここから発展して外れるかと思っていたら、なんとこのまま「暴走モード」となった。早々と確変を引いてきたぞ。といってもこれまたテンションは上がらないのであった。出玉も少ないし、60%の継続率じゃ、所詮3連チャンか4連チャンがいいところ。37回転目、見慣れぬ演出は全回転だった。もちろん確変の「111」。まずは2連チャン確定。93回転目、一応タイトルの予告が出て「Mark.06の槍」役物が作動。「仮設5号機vs第9の使徒」で当たった。「222」が「333」へと昇格。更にシンクロリーチの単発絵柄も「ビーストバトル」の救済演出で確変になる。結局4連チャンまで伸びた。それでもドル箱はひとつ下ろしただけの格好。手元の箱にちょこっと多目に入れてやると事足りてしまうのだ。

180回転目、保留のない状態からあろうことかストーリー系の「第6使徒」が掛かってしまう。ストーリー系といえどもこの第6は殆ど当てにならない。もう何十回はオーバーか、何度も何度も目にしてきたが一度も当たったためしがない。思わず、保留を埋める。当然のように外れ。何の感情も湧かない。『エヴァ』ファンには申し訳ないが、どうやったらドキドキし、テンションが上がるのか日々模索中なのだ(笑)。やはり玉が残る印象がないのが一番のネック。だいたい打ってるお客さんも素人さんばかり。パチプロは誰もいやしない。これが全てを物語っているといえよう。とはいえ、前機種は大好きだったこともあり、なんとかものにしたい気持ちもある。

ストーリーが外れた次の回転で今度は「第8使徒」が掛かってしまうとは。これまたストーリー系のリーチだ。二度続けて掛かるなんて。しかし今回はタイトルも赤いし、第8ならば期待してもいいと思う。肝心なのはカットインだ。金であることを期待してボタンをプッシュ! 残念「青」だった。これにて外れ確定か……おっとこれが「888」の大当たり。更に「111」へと昇格。少しはやる気になってきたか。10回転目、金のステップアップ予告から槍の役物が作動。「6」と「7」のダブルリーチで今日初めて掛かった「初号機」のリーチは金のカットインも絡み当たった。「7」ならば更にやる気になったものを「666」の2連チャンで終了。時短中もどんなに上手く止めても玉が少しずつ減ってしまう調整なのだ。これもまた当然ながら玉が残らない要因。オレが下手くそなのか?


結局いつものパターン……

次に当たったのは457回転目。再びストーリー「第8使徒」が掛かる。赤タイトルだし、今度はカットインも金だった。外れてなるものかと、止まった図柄を見れば上段に「444」はテッパンということ。ちょっとドキドキして損をした(笑)。この「444」が止まったまま動かない。ラウンド中の昇格もなかった。ちょっと出玉を減らしてしまった。回りのほうもやっぱり足りない。1000円25回ぐらいか。玉増えがあれば話も違ってくるが、この店の仕様だと1000円27回は欲しい。贅沢か、いや実際にそんな調整の時もある。

そしてこの後は毎度お決まりのような展開。今度の『エヴァ7』、演出は多彩でごてごてのイメージがあるが、ここへきて何も掛からなくなってしまった。それはそれであっさりしていていいのだが、当たらないと話にならない。400、500、ときたところで出玉が底を突いてしまった。20後半の回りがあるならばもう少し勝負してみてもよかったが、この程度の回りじゃとても無理。再投資する理由が見当たらない。止める理由ならば山ほどあるってことで、残念ながらここで終わりとする。

ちょっと重たい話になってしまうが、『エヴァ』を打つ度に連想してしまうのが原発のこと。何号機とか目にする度にそんな風に思ってしまうのは自分だけだろうか。あれからもう間もなく1年が経とうとする。この日はパチを打つべきか、休むべきか。人としてパチプロとして大いに悩んだ(大袈裟か)。あ〜、助かった、この日は日曜日ではないか。そんなわけで、家族四人で過ごそうと決めたのだった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る