> > CRプレミアム海物語 プラチナ 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRプレミアム海物語 プラチナ  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 ≪この記事はエイプリルフール企画用に作成されたものです≫

何もいいことがない日々が続き、落ち込みつつ起きた朝。皮肉なことにいつもより朝日が綺麗だ。冷たい空気を浴びるべく窓を開けると、冷気とともに朝のまぶしい日差しが差し込んできた。ひんやりした空気とまぶしい朝日のバランスが素晴らしい冬の朝。今日は何かいいことが起きそうな気がする。とか言いながらも、起きないのがいつものことなのだが。

寝起きからバタバタと片付けなければならない仕事が多いため、今朝はインスタントのコーヒーにした。たまに飲むと美味しいような気がするのは、たまに食べるカップ麺と同じか。毎日でなければ逆に美味しく感じるジャンク系の味。

そうこうしているうちに出かけるべき時間になった。今日はI店に狙いがある。前日下見をした時になぜか回りがある、とある台を見つけたのだ。それが据え置きかどうかは分からないが、もし据え置きならばかなり期待できる。朝イチで行く価値は十分にあるだろう。何ヶ月、いや何年ぶりだろうか……こんな気持ちでパチ屋に向かうのは。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る