> > CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ! 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 「政府は必ず嘘をつく」という本を読んだ。非常に興味深い内容で納得することも多かった。(社会問題に関心のある人にはお勧めである)そんな中、どうしても言いたいことがある。本来、こういうコラムの内容としてはふさわしくないのかもしれないが、私たちの普段の生活やパチ稼業にも、直接・間接に関係が生じることだからいいだろう。それは「今年の夏の電力不足!」キャンペーンである。

同時に大飯原発の再稼働の動きが加速している。しかし実は、電力不足→原発再稼働 という構図ではなく、原発再稼働の目的→電力不足という理由づけ というのが真相ではなかろうか。色々と調べてみると、需給量の算出データが怪しい。需要量を最大にして、供給量を最小に見積もっているふしがある。

企業などによる自家発電や夜間の揚水発電、火力発電などの埋蔵電力を意図的に低く見積もり、「足りない、足りない」と大手マスコミを巻き込んでの大キャンペーンが展開中。くわばらくわばら……。なし崩しに物事が進むこの世の中の構図は本当に恐ろしい。かつて歩んだあの道もこのような空気の上に作られたものだと思うから。

いずれにしても、原発(再稼働)に賛成でも反対でも、事実とちゃんとしたデータを元に考えてみるべきだろう。節電の工夫も日常的になってきたわけだし。通っているホールだってちゃんと今でも節電の工夫はされている。メーカーだって待機電力を抑制する機種をすでに出しているしね。(宇宙から見る地球〜日本列島が、異常に高いエネルギーを放出している写真はあまりにも有名だ。)

さて、本題に週明けの月曜日。勤務していたスキースクールの営業も終了し、少しずつ日常の生活が戻りつつある。朝、起きると春らしい日差しが窓から差し込む。山から帰ったばかりだったので、荷物を片付けたり、たまったメールをチェックしているとあっという間に時間がたつ。ほんとに最近は時間が過ぎるのが早い。「少年老い易く学成り難し」は本当だ。

しかし、今日は近隣の店のほとんどが入れ替えのための店休みまたは午後開店となっている。よってありがたいことに午前中にはゆとりがある。さっさとなすべきコトを片付けて、出かける。なんだか無性にラーメン(正確には行きつけの店のつけ麺)が食べたくなり、ホールに向かう途中に立ち寄る。この店は昨年の震災直後……一時客足が激減。若いマスターの「つぶれてしまうかもしれません。困りました。」という嘆きが今でも耳に残っている。その後は客足も戻りつつありちゃんと営業しているので良かった。

入り口のドアは開け放してあり、そこから節電のため照明をおとしたやや暗めな店内に入ると、若いマスターの笑顔があった。換気扇や空調の電気を節約するために、ドア解放をしているのだという。結構パンチのあるいつものつけ麺を食べる。普段はカロリーを気にしているから、多くてもせいぜい月1回程度しか食べないようにしているラーメンだが、たまに食べるとやはり美味しいと感じる。つけ麺にモヤシとネギをトッピングしてしめて900円なり。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る