コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRヤッターマン 天才ドロンボー只今参上!9AU  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRヤッターマン 天才ドロンボー只今参上! 9AU
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 11500円
総回転数 3134回
大当たり回数 61回
確変回数 ***
総出玉数 23606個
換金額 59000円
収支 47500円

あっさり当たったものの……

さてと、近頃すっかり羽根デジ専門店化してしまったこのコラム。たまにはミドルスペックあたりを打ちたいなあと思っていると、『CR地獄少女』に開きを発見。打ったことはないが釘だけはいつも見ていたので開いたことは確かだが、果たしてこの釘で打てるのかどうか。「この釘でやれるのかな?」とM君に聞くと「多分いけますよ」という答えなので、安心して打ちだすとまずまずの回り。2000円を入れたところで小当たりなのか突確なのか「あいの家モード」へ突入。更に数回転させると今度は「怨み晴らしモード」へ移行。更に画面のエフェクトが青から赤へ変わった。小冊子を見れば「潜伏確変濃厚」と書いてあった。

デジタルを回すこと60回。疑似連が二回発生。蝶のギミックが作動。「地獄の遊園地」とかいうリーチで「888」が当たった。簡単に当たったのはいいが、どうやら単発の模様。しかし時短に入った直ぐのこと。疑似連も三回まで続き、再び蝶ギミックが作動し先ほどと同じリーチへ発展。数人のギャラリーが見つめる中、当たれば格好良かったのだが外れた。こんな時どういうリアクションをすればいいのだろうか。決まっていつも微動だにしないのがオレ流。外れた途端、さ〜っとギャラリーが去って行った。人のリーチを見て何が楽しいのかね。いくらか置いていって欲しいものだ。

時短を抜けた後の100回転目、突然蝶ギミックが作動。「終わらぬ仕事」リーチが外れ、突確演出モードへ突入。一発目と同じような場面。とはいえ、今回のほうがギミックも作動しているので、より強いということだろう。「怨み晴らしモード」へ移行。今度こそ確変を当てたいところ。てっきり潜伏しているとばかり思っていたら、まさかのモード抜けとは。これまた新手の詐欺に引っかかったようだ。いやあ酷い酷い。おまけに玉は飲まれるは、追加投資をしてみても回りが思ったようについてこず、ぶん投げる破目に。ここまでの投資は11000円。

今日はまだ打ちたい台がいくつかある。前回とその前と不発に終わった『CRAプレミアム海物語』と『CRヤッターマン 天才ドロンボー只今参上!』の二台。あいにく『海』のほうは既に空きはなく『ヤッターマン』が手付かずの状態だった。玉さえ増えてくれれば最優先で打ちたい台だったが、いいとこ現状維持がやっと。実をいうと朝一番に押さえた台でもあった。少々回り道してしまったが、手付かずだったのは幸い。


まさか取りきれないなんて!?

これが座って直ぐの10回転目、僅か500円で疑似連が四回まで続いて、激アツと出て群も出た。メカバトルリーチの「ヤッターペリカン」がモノになる。20回転の電サポはあっという間に終わってしまったが、何と21回転目、バクバクチャレンジで大当たりをゲット。図柄は15Rの「777」。朝からこっちにするべきだったか。更に13回転目には鉄板の「オモッチャマ」登場で「666」。24回転目には再び「777」。後半52回転目の「ヤッターモグラ」まで当たってしまいお座り一発5連チャン達成。

100、200と回りのほうも今のところは好調。しかし当たりのほうがやってこない。300も超えてしまった。いよいよ玉も無くなろうとした375回転目、スロットチャンスでリールに「Y」が三つ揃った。これが「ヤッターアンコウ」に発展し「444」。ここで玉詰まりのトラブル発生。直ぐには玉が出てこずに上皿の玉も無くなってしまい、従業員が手入れでアタッカーに玉を入れてくれた。普通に打つよりもこっちのほうが無駄玉もないのでかえってラッキー。

十分玉は出たと思っていたが、「再度コンピューターで確認してみます」と言って従業員が立ち去った。戻ってくると20個足らないとの答え。いやいやそれはいいんだけど、何を基準に足らないと判断しているのか。だってこの店の出玉は(今どきはどこもそうだが)、全て足らない台ばかりなんだから、厳密に言えば当たる度に補償しなきゃならなくなるぞ、と思わず失笑してしまったのだった。

お蔭で単発で終わってしまったというのに、けっこうな玉が出た。98回転目の当たりを持ち玉で凌げたのだから、これぞ店員チャンスと呼ぶべきだろう。保留が赤に変化したと同時に台枠の「ハートランプ」もピカピカと光った。疑似連が四回。次回予告に群も出て当たった。これが電サポ抜けの36回転目にカウントダウン予告発生で当たり。これも電サポが抜けてしまったものの66回転目には再び次回予告から「888」と繋がった。

そしてここからが圧巻。電サポが40回まで延長され、その31回転目に虎柄の背景になり「777」。これにてハイパードロンチャンス突入。8回転目には「キュインチャンス」から続けての「777」。早い当たりが続いた後は68、71回転と後半に掛けての大当たりで更に繋がった。なんとその数14回。これまでもけっこう打ってるが自己ベスト更新だ。これで揺るぎない玉を持った。9000個近くになっただろう。

このあと少しこう着状態が続く。162回転目の単発の後に、これまで一度もなかった小当たりが4回も連発。再び300回を超えてしまった。314回転目、初めて目にした「オモッチャマ群」から「ヤッターモグラ」がモノになり、今度は一発でハイパードロンチャンスに突入し7連チャン。その内の3回が15Rだった。終わって直ぐにまた5連チャン。更にまた7連チャンの快挙。

その後は106回転目に2連チャン。136回転目には久しぶりの単発。更に単発が二度続き、明らかにゾーンは過ぎ去った模様。これまで一度も当たらなかった突確をこの時初めて引いてきた。これが抜ければいかにも今日は「打ち止め」のような雰囲気だったが、ここから猛然とまた更なる高見へ上り詰めたのだった(ちょっと大袈裟)。突確の後の22回転目、保留が「トンズラー」に変わった。

これまで何度か見たことがあるが何れも小当たりか良くても突確だったが、これがカントダウン予告発生から虎柄演出も絡んで種有りの「444」。2回転目には突然音楽が変わり赤い風呂敷が落下し「777」。6回転目には「キュインチャンス」発生でこれまた「777」。抜けたかと思った69回転目には「ヤッターワン&ヤッターペリカン」で「222」。17回転目には保留が効果音と共に変化し更にその保留が炎に包まれた。長いこと打って初めて見たぞ。これが「777」の大当たり。

そうこうしている内に、そろそろ終わりの時間が気になり初めてきた。やっぱり朝から打っておくべきだったのか。それでも閉店まで続くとは思いもしなかったが、これが運が良いのか悪いのか、13連チャンまで伸びたところで終わりの時間となってしまったのだった。

今日の勝因はなんと言ってもあの場面。そう店員チャンスにつきるだろう……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る