コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 30000円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 10675玉
換金額 42700円
収支 12700円

■悲惨な事故

前回900回転オーバーで当たらず退散という大敗を喫した。その続きというわけでもないが、またもや懲りずに『プレ海・甘』を打った。1/99とて当たらない時はこれだけはまる。まあ、確率は独立抽選の事象。過去の結果は未来には影響しないわけだから、何回、回そうと当たりやすくなったり、当たる可能性が増えるわけではない。これは至極当然の理屈だが、心情的には「どうしちゃったの?冗談じゃねえなあ」と思う。

ゴールデンウィーク突入直前の今日の平日。果たして打てる台はあるのだろうか。カレンダーから言えばなんかとなる日なのだが、果たしてどうか。はなはだ不安もあるがこのところの不調ぶりと打てなさぶりを勘案すると、丸一日打てる今日の日を大事にしたいという思いは強い。開店時刻になり、いつもよりは比較的人の多い店内を回遊していく。「だめっぽいなあ」というのが第一印象。

いつもよく打っている機種にアケはない。台数の少ない機種から見ているので、『プレ海・甘』のシマには一番最後に入った。さすれば、ここには釘の動きがまずまずあった。一番ステージがダメな台とその次にダメな台のヘソがアケになっている。そしてステージがまあまあの台のヘソが一枚アケ。しばし迷うが、一番ヘソアケの大きい台から触ってみよう。

打ち始めた当初は、1000円22〜23回転で推移する。これは「打ち切りか!」と色めき立つが、5000円分を打ってみたら101回転と凡庸な結果だった。というか、最初が回ったからその貯金でこうなっただけで後半の低下に嫌になったというのが真相。

次にヘソの大きい台を打つもやはり今ひとつぱっとしない。この台でダメならば今日は帰ろうと最後に角台に座る。この台はステージからの入賞が一番見込める。丁寧に合わせ打ち(保留やステージ乗りの玉の挙動を観察しながら打ち出しをコントロールすること)をすればそこそこ回ることは知っている。それでもヘソがもう一回り欲しいので後回しにしたということ。

打っていくと、望外の回りだ。1000円22回転のペースをなんとかキープ。22.5あれば手放しで喜ぶのだが、そこまではないか。時折、狂ったように回り、また沈黙するという回り方なので気は抜けないが、玉の動きからみるとなんとかなりそうだと思う。また、この台で遊技しなければ他には手はない!と思う。

しかし、まあ気づくともなく当たらない。すでに投資は2万円を超えている。朝から軽く400回転以上を回していることになる。「もう一生当たらない」のではないかと思う。だって前回とのトータルで1400回転近いのだ。ミドルやマックスならばどうってことない数値だが、相手は1/99の甘デジだぞ。過去は未来に影響しない独立抽選! そのことはアタマではよく分かっているが、ココロはねえ、めげる感じもある。

だけど、ここで音を上げるわけにはいかない。期待値がある限り打つ、ただそれだけで何年もやってきた。今日はしかもしかるべきところにいって資金も下ろしてきたので、タネがなくなるということはない。しかし、甘デジ相手に資金切れという事態はそれ自体がアウトではある。ため息を付きつつ打ち進める。

すでに2時間以上が経過。アタマは早くもふらふら(ヨワイナア〜おれ)。投資がすでに3万円になった、はあ〜。620回転を超えた頃だろうか、突然泡からのノーマルリーチが停止した瞬間に走った。ジュゴンとエンゼルのダブル。ジュゴンが3匹笑った。えっとトータルで1500回転くらいだ。確率の15倍という驚愕のはまり。これはひとつのレジェンドだな(笑)。

この当たりが単発でおわり、再投資になればいつものパターンでさらにレジェンドが積み上がるのだが、今日はそうではなかった。5回転、30回転、62回転、8回転、5回転、4回転、7回転、6回転、2回転、1回転、8回転とST連チャンが炸裂した。4ラウンドが多かったので、出玉は5000個に満たない程度。朝から3万円のハンデは甘デジでは致命的だと思うが、もしかしたらなんとかなるのではないか。等価のパチンコだけに。


■ハンドル

結論から言うと、この後はまたいったり来たり。5000個が3000個、そして2000個になったり、また5000個になったりを数時間繰り返し。しかし、夜には本日二度目の二桁連チャンが炸裂。それにうまいこと15Rがからんで出玉は大台(1万発)を超えた。やればできるではないか。閉店2時間前まで打ったところで投了。

「まるっ」と大敗するよりはずいぶんマシな結果に終わった。にしても苦労は絶えない。しかしながら、冒頭に書いたような「不条理」で納得のいかないアクシデントに合う人の痛みや苦しさを考えたら、こんなのは比べるべくもない。(比べること自体がおかしい)

(事故を知ったのはその後だが)今日を無事に過ごせたことに感謝して、ハンドルを握る。少しだけほっとした自分がいた。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る