コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!他  
 

実戦データ
店舗名 関東S店他
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRAプレミアム海物語 〜ぼのぼのが遊びに来たよ!
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 17500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 −17500円

■ダメ人間

閑話休題。そんな日常だが、どうも今日もそうなりそうな予感がする。思い切って遠くに出かけて行けばいいのだろうが、徒労に終わる可能性が高いことを思うと、足が前に進まない。この辺りが「ちゃんとした」プロとは違う点。それだけ遊び人と化している。また、言うほどの危機感がないということでもある。そんなに怠け者ってわけでもなかったんだけどなあ。どちらかというバイタリティがあるほうだと、自分ではそう考えていたのだが、現実はただの怠け者。

まあ、いいや動きだそう。まずは車を飛ばしてS店(等価)に向かう。イベントも何もないので、店内もガラガラ。ざっくりと見ていくも厳しそう。一度も打ったことがない「浜崎あゆみ」なんかを2台ばかり打ってみたが、500円×3でリタイヤ。かつて打った「ぼのぼの」のステージが良かった台に座ると、ヘソがいつぞやより一回り小さい。この程度だとどのくらいになるのか、試し打ちの勉強をしてみよう。

最初の1000円で24回転と上々。でもヘソが大きかった時でもトータルではそんなになかったのだから、勿論これが正体ではない。2000円目は19回転、そして3000円目は18回転とお約束のエレベータ降下。第2候補に移ると、こちらは25回転からスタート。そして23回転、22回転、21回転と絵に描いたように降下しつつも打てるかもの様相。ステージからの決まりが良いのが原因。しかし、この海のステージというのは一筋縄ではいかないもので、時が立つと豹変するようにダメになることも少なくない。

油断は大敵! にしても投資はいつのまにか1万円を超えて、1万2000円に到達。等価だから、いつ当たろうと関係ないわけだが、精神的にはそんなことない。盤石の回りがあれば別だが、盤石どころか脆弱な回りなのだから、いつも冷や冷やものなのだ。そんな時、本日、初の魚群が保留2個の時点で出現。前兆もナシ。「これはハズレだね。」と思う気持ちが「ハイ、正解」となって一こま手前で停止。

嫌な予感が漂う。しかし、その2回転後にまた魚群。今度は保留3消化だった。シングルラインでサメが3匹並んでくれた。初当たりは12000円目。3000個でチャラというのは簡単そうだが、たいして回らない甘デジではそんなに簡単じゃない。とりあえず時短75回転の「スペシャルチャンス」に入れるかどうか。これもまた簡単じゃないのだが、ぼのぼのに関しては、割とあっさりと「スペシャルチャンス」を引いてきてすぐに抜けるというパターンが多い冬月。

果たして、STの7回転とギリギリのところで、泡からのダブルリーチが止まってくれた。これが2連で終わったが、100回転を超えたところで、盤面のクジラッキー役モノがクルリと空回りして大当たり。STでは当たらなかったが、時短中にピンク色のラッコが出てきてそのまま当たってまた「スペシャルチャンス」に突入した。なんとかなるのだろうか。

いやいや、問題がもうひとつ。最初の時短では減らなかった玉が今回はみるみる減っていく。スルーと拾いのバランスが悪い。電チューの上から玉が滑るようにこぼれていく玉の数々。なんだか冬月のパチンコ人生みたいな気がする。電チューサポートも一筋縄ではいかないんだよね。ストロークを駆使してみてもなかなか効果は薄い。でもやれるのはそのくらいなのでせいぜい頑張る。


■たぶん明日は

当たりはボチボチついてきて、2500個くらいの玉になった。もう一息でチャラライン。しかし、電チューの悪さを考えると、もっと回らないとなあ〜。心の中でぶつくさ言っているといつのまにか出玉がなくなった。追加して入れるほどの回りでもなし。ちょうど顔見知りのコーヒーガールの由美ちゃんが差し入れてくれたアイスコーヒーも空になったところ。止めるのもまたパチンコの打ち方。

由美ちゃんに手を振って外に出る。その後、I店、U店と数軒を回ってみて少しばかり打ってみたが、なすすべもなく帰宅したのはまたもや陽の高い時間。今日はダメ人間にならないようにしよう。(と思って、いままで何度ダメ人間になったことか)。

「この世はそんなに悪いものじゃない」はずだから、また気を取り直していこう。そうしよう。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る