コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR天才バカボン4 決断の瞬間  
 

実戦データ
店舗名 関東K店他
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CR天才バカボン4 決断の瞬間
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 9500円
総回転数 2484回
大当たり回数 26回
確変回数 4回
総出玉数 10899個
換金額 27000円
収支 17500円

さようなら……

さて、相変わらずふらふらとしているが、今日に限ってはいつもの店に朝から向かってみた。いや、もういつもの店とは言えなくなってきたのでK店と呼ぼう。そのK店の月に何度かある強いイベントなのだ。果たして、蓋を開けてみると、やはりと言うべきか案の定開いてない。雀の涙ほどの小さい開けでしかない。それでも突いてしまう自分がいる。今日開いたのかどうかもよく分からない『CR天才バカボン4 決断の瞬間』に腰を下ろした。

打ち初めこそなかなかいい感じで回ってくれた。30、24、26と、多少やる気にはなった。しかしここからお決まりのように急降下。ずるずると7000円まで打って、もう止めようかと決断した瞬間に(笑)、「ガラポンチャンス」でテントウ虫玉がコロリと出た。144回転目のことだった。突確からのスタートだ。その3回転目、バカボンのパパ登場から「777」の確変を引き当てた。そしてここからがこの機種の見せ所となる。10R確定の安心タイプか、それとも16Rが期待できるドキドキタイプを選択するかだ。

迷うことなくオレは安心タイプの方だ。夢がないって? この間の話じゃないけど、歳と共に夢を見なくなるのだ(笑)。 結局のところ、ドキドキタイプを選択したところで長いスパンで見れば16Rと4Rの比率は50%なのだから落ち着くところに落ち着いてしまうのだろう。オレから言わせてもらえば、面白くもなんともないのである。多少なりとも16Rの比率が高いというのであればチャレンジする価値はあるけれど。

次はあっさり本官さん登場で「888」の単発絵柄。昇格もなかった。1回開きの電チューも現状維持がやっと。スルーにしっかり通るのならば、小刻みな2個ないし3個打ちで多少の玉増えは望めるとみた。アタッカーも特別良いわけでもなく、一見アナログチックに見える台だが、技術介入の余地なしといったところか。松の木の役物でもあれば話は別だろうが(分かる人だけで・笑)。

しかしながら演出面は悪くない。ちょっとしか打ってないが、どんなリーチでも当たるイメージがあり、けっこう面白い。次の当たりはまさにそれ。62回転目、疑似連が二回掛かり、「ジャングル」リーチであっさり当たってしまった。しかも「6」の絵柄が「7」へと昇格したのには驚いた。今回は3連チャン。もちろん10Rが三回だ。

次も超早いやつ。64回転目、トランクから突如「白ウナギイヌ」出現。更に待望の「お日様フラッシュ」が発動。掛かったリーチは「ウナ獣」リーチ。これが「333」の確変大当たりとなった。64回転目には大神様のシルエットが赤く変化し「111」。突確を一回挟んだ28回転目には「777」と、今回は4連チャンまで伸びた。

連チャン回数は上がっていく一方だったが、肝心の回りのほうは低下する一方。400回手前まで我慢してみたが20回にも届かないようなあり様になってしまった。そんな訳で思わずタップ! 玉を換えたら6800個余り。もう今日のところはこの店には用はない。いやこの先ずっとかもしれないなあ。いっそのこと会員カードを返してしまいたい衝動に駆られたが我慢をした。


こんな筈では……

さあてと、できれば早々と家に帰りたい気分。この辺りの店を見て回ってもあまり意味のないことのように思える。知将、野村監督の言葉を借りれば「間違った努力は、努力ではない」とでも言うのか、無駄なことは止めておこう。それでも毎日のように昼間っから帰るのもご近所さんの手前もあるし、もう一踏ん張りしてみようと思う。

慌てることはない。ゆっくり飯を食い、途中本屋さんなんかに寄ったりしてちょいとリラックス。次なるターゲットもやはり『バカボン4』だ。帰り道で覗いた新装初日のお店。今日が初日だというのに既に空き台があっちにもこっちにも。駄目ってことなのか。でも釘だけ見ればK店のそれよりはひと回りでかい。持ち玉を流しておいて、こんな時間から現金投資もおっかないが、やる時はやるのだ。空きになっている端から打ってみると、500円を使い切る前から止めたくなってしまった。5回転かそこらしかしなかった。

その隣に移動。今度はまずまずの回りだった。2000円を投じて56回転はなかなかやる気にもなった。その2000円分の玉がなくなる手前で「ガラポンチャンス」を一発で仕留めるとはラッキー。半分は試し打ちのつもりだっただけに、少し報われた思い。これが本官さんの登場で一発で終わってしまったものの、時短に入った33回転目、バカボンルーレットから「ストーリー」リーチが掛かった。

「お日様フラッシュ」は出なかったが、無事当たった。しかも赤い絵柄の「555」。30回転目にはパパが登場し、絵柄は「357」の突確。「ガラポンチャンス」からテントウ虫玉が出て16Rの大当たりへと変わった。正真正銘の16Rってやつ。これが全部で6連チャンまで伸びた。

次は少々嵌った485回転目、名言予告から「福引チャンス」を示唆する文字が出た。当たりか? これが見事、突確をゲットした。13回転目、「メルヘンタイム」がテンパイし確変大当たり確定か。なんとこれが全回転リーチへと発展し「111」。更に「555」、「333」と続き、今度も6連チャンまで到達。

次は早い一発が来た。疑似連が二回。集合ステップアップ予告ではステップ5の「バカボン」まで進んだ。群も出たぞ。「お日様フラッシュ」も発動し「ウナギイヌの惑星」リーチにて大当たり。しかし今回は単発の「444」。時短に入ると、早くもチャンス到来。「ストーリー」リーチが掛かった。てっきり当たりと思っていたのが残念な外れとなってしまった。

今回ばかりは回りも十分だと思っていただけに、突然の回りの低下にはがっかり。それでも600回まで踏ん張ってみたが駄目だった。回りムラの激しい台だぜまったく。ん〜、ここでもタップとは。

相変わらず明日が見えない日々が続いているが、今日のところは「これでいいのだ」……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る