> > CR北島三郎 魂の唄 L1AW 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR北島三郎 魂の唄 L1AW  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 日本中が大フィーバーした5月21日の朝。天邪鬼というほどでもないが、この手のムーブメントには割りと距離をおくタイプの冬月だが、今回は違った。太陽のリングを指輪に例えたドリカムのLIVEに出掛けるなど、もうミーハーというかなんというか、ちゃっかり観察用レンズも買い込んでしっかりと金環食を楽しんだ。

恐らくは今生においてはもう二度と見ることができないと思うから、この目でしっかりと見届けたいと。まあ、誰もが思いそうな単純な動機なのだが。朝、いつもの時間よりも少し早く目覚めた。カーテンの隙間から日差しが刺している。

予報によれば、てっきり、曇天でダメかなあと思っていたので、意外な思い。7時くらいまでは、空も晴れ模様で、欠けゆく太陽がよく見えた。ところが金環食の時間が近づくにつれ、太陽は雲間に。

しかし、肉眼で見ると(良い子はやってはいけないのだが)雲の裏側に隠れた太陽がリング状になってとても綺麗じゃないか。まったく持ってミーハーなことに、ドリカムの「時間旅行」を聴きながら、いま生きていることを実感した。本当に太陽のリングだった。合掌!





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る