コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA春夏秋冬 祭 GLA  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA春夏秋冬 祭 GLA
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 10500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 14679円
換金額 58716円
収支 48216円

■贅沢は言わない

どんどん「孤独」になっていく自分がそこにいる。これもまた気が滅入るひとつの原因だけど、状況が状況だけに仕方がないのだろう。さて、時間になって店内に入ると厳しい状況。一律ゾロっとアケる店ではなく、何機種何台かをアケる傾向があるのだが、今日のところはパッと見たところ厳しい。早足で見ていくと1台の前で足が止まった。これだ! 多分これしかないと直感的に思う。今までならば、「あれも打てるかな?」と目移りするような状況もあったが、昨今はそういうことはまったくない。あっても1台か2台。

西陣の『春夏秋冬・甘』である。ステージがまずまずいいクセなので、このヘソだと戦えるはずだ。とりあえず押さえて、もう一度店内を見歩くがやはり今日も厳しい。これでダメだと帰るしか手はないと思う。アテにしていた機種にことごとくアケはない。というわけで、着席し心の中で「よろしくお願いします」と一礼して打ち始める。

最初の1000円で28回転! 次が23回転、そして21回転と大体思ったような回りよう。下がっても1000円20個はキープできそうだ。ならば文句はなし。本当は電チューサポート中が辛いのでこれでも十分じゃないのだが、贅沢を言える身分じゃない。4000円目を投入した時に、激アツ? の3連ピュイが成立。これまた激アツというほどでもない「春夏秋冬リーチ」に発展することが約束される。スクロール中に大当たり同期図柄が増えるほど期待度が上がる。6/12とまあまあの感じ。「秋秋秋」があっさりと揃っておめでとうの初当たりゲット。

STも時短もスルーの単発。丁寧に打たないと時短で玉が減る。だからある程度の回りがないとダメなのだ。20-21個くらいでは、勝負にならないと思う。得意の右打ちでも増やせないのが痛い、がこれまた仕方ない。回りもあって玉も増やせるなんて都合のいい話はそうそう転がっていない。出玉はすぐに飲まれて追加投資に入ったが、1000円追加でまた食いついた。赤エフェクトから桜模様の団扇をもった群が出た。初めて見たぞ。しかも、リーチ前にまた群が出た。当然のように「春春春」。

これまた単発でまた飲まれ。5500円の追加してトータルで1万円を超えたところで、ほとんど役にたたない「ひょっとこルーレット」から花火リーチがものになる。へえ、これでも当たるのか。この玉がつながればなんとかなるのではなかろうか。その思いが通じたか? ようやく3回転目に春夏秋冬リーチで連チャンしてくれた。ワンセットだけど少しホッとする。

その後、玉がなくなりそうなところで単発が数発続く。はっきりしないいつもの展開。しかし、昼前に「激アツ」表示から大当たりすると、4連チャン、早いワンセット。そして昼過ぎに8連チャンとなって6000個ほどの玉が出来た。ヤレヤレといったところ。その後数時間のモミを経たが、16Rをふくむ9連チャンがやってきて1万発ちかくになってくれた。


■雨にぬれた地面

しかし、夕方になると2倍、3倍のはまりで玉は激減といういつものパターン。しかし今日は打ち切ろう。打てない日ばかりなのだから。黙々と打っていけば4連、3連と早い当たりが何度か続いて最高値まで復帰してくれた。それどころか、最後の最後に7連チャンが炸裂して実に久々にまとまった玉が出てくれた。14000個ちょいの玉は甘デジとしては上出来もいいところだ。

すっかり夜のとばりが降りた外に出ると、地面が濡れている。気づくともなく、雨が降ったのだ。夕立だったのかな。ホールに一日いるとまるで浦島太郎みたいになる。いいことか悪いことかと言えば、決して「普通」じゃないから悪いことの部類だろう。でも早帰りばかりで、こんな日を送ること自体もレアなのだ。

油断するとすぐに落ちてしまう回りを保つべく、一日中ハンドルの補正の神経を使ったので、いささか疲れた。でもなんでもそうだけど、結果が出ると疲れは吹っ飛ぶ。久々の勝利に胸をなで下ろしながら車まで歩いた。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る