コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR地獄少女 FPW』  
 

実戦データ
店舗名 関東W店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR地獄少女 FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
10000235
2000435インパクト終わらぬ仕事
482
15001032地獄チャンスインパクト歪んだ愛
395ストーリー擬似激アツ遊園地
11ボタン
522
438次回インパクト
38潜伏次回インパクト終わらぬ仕事
15レインボー文字歪んだ愛
908
455擬似次回予告インパクト踏みにじられた夢
41パトランプ
126
1415ラウンド擬似藤丸くん全回転
693パトランプ
91パトランプ
178
83擬似インパクト終わらぬ仕事
91パトランプ
5潜伏
46
515ラウンド
84
21擬似インパクト歪んだ夢
1066
1000456潜伏
92緑エフェクト終わらぬ仕事
120やめ
総投資額 14500円
総回転数 1647回
大当たり回数 25+1回
確変回数 ***
総出玉数 2309個
換金額 9388円
収支 −5112円

■ばらまき街道

とは言っても新台が取り立てて打ちたいわけではない。下見もしていない浦島太郎だけに、早めに行っただけだ。40分前に行くと先客がすでに20人ほど。今も昔もパチンカーは新装開店が好きなようだ。「新装で勝てる」というのはもはや都市伝説以下だと思うのだが。そう言いつつも、なんとなく冬月も整理券を貰ってしまった。『ゼロデザイズのライトミドル』の新台。

時間になると、優先入場となったので、悠々と回遊を始めた。店内は甘デジのバラエティが多い。どこに何があるかさえ分からずウロウロと釘を見ていく。パッとヘソと寄りだけ見ていくも、打てそうな感じがなくもない。しかし、見た目だけでは分からない要素が多いだろう。

ああ、そうだ、整理券をもらった『ゼロデザイズ』を見てなかった。うわっ! こりゃダメだね。500円だけ弾いてやめとした。500円も勿体なかったけど、今日は様子見のつもりだから仕方ないということにしよう。

それから、ウロウロしながら小一時間ばかり「仕方ない」を繰り返し、ばら撒きタイム。何かで単発が一つ当たっただけ。話にならずただ移動を続ける。だから、「縦の比較」(故、田山幸憲プロの造語)が出来ない店で打つのは苦しいのだ。結局、福沢さん1人が昇天しただけ。

何か打てるものはないものか。ふと、まだ現場では打ったことがない台の前で足が止まった。『地獄少女・甘』。ショールームで打った時は「ゲージがいいな」という印象を持った台。この際、現場での感触も確かめてみよう。座って打ち出すと、他の台よりも明らかにステージの性能が高い。1000円で21回転、22回転とまずまず打てそう! と思った瞬間に突然、インパクトフラッシュが発生した。とくに目立つ前兆がなかったので、ちょっとびっくり。

当たるのか? リーチは強い(と思われる)ストーリー系の「終わらぬ仕事」に移行した。文字も赤くてチャンスアップあり。ここらで当たってくれないと今日の敗戦は濃厚になりそう。にしても、この旦那最悪だな。地獄に落とされても仕方ないぞ(笑)。で当たった。しかも確変の「555」。そして、「222」ですぐに終わり。出玉はなくなりまた追加投資。1500円を足したところで、「地獄チャンス」から、またストーリー系の「歪んだ愛リーチ」に発展。これがまたもや当たって「222」。単発だったが、時短が終わるともストーリー疑似連に激アツが付いて、遊園地リーチへ発展。これがまた性悪女だ。意地悪で底意地の悪い女も地獄行きだな(笑)。で「555」の確変大当たり。これがなんとか3連してくれて一息。

そして43回転で激アツなはずの「次回予告」から単発。しかし、まるで潜伏していたかのように次は本当の潜伏玉ナシ当たり。次回予告からインパクトフラッシュ発動だから当たりかと思ったら、玉のないほうだったという次第。その状態でレインボーエフェクトは当然の確変大当たり。でもワンセットだった。伸びないわね。

ところが、ここから急展開。次回予告に疑似連がからんで「555」が揃うと、大連チャンのシーズンがやってきた。パトランプがパカパカ出る。プレミアのアタック藤丸くん(懐かしい〜)も出現。おまけに15Rが2回も出て15回も続く快挙。これで、出玉は9000個くらいになったのではなかろうか。難なくプラスラインに到達はめでたい限り。

あとは、この玉がキープできれば問題ないのだが……。そうは問屋が卸さない。快調だった回りも落ち始め、200、300、400回転も突破。いつものハマリの季節が当たり前のようにやってきた。それもそうで、パチンコなんてものはハマリなしってことはありえない。いやむしろ、ハマリと付き合う遊技でもあり、ハマリに耐えられる回りがあるかどうかということだけがポイントになるものだ。

ギリギリだなあ、そういう意味でこの回りは。と思いつつズルズルと打ち続ける。初物は判断が付きにくいから仕方ないということにしておこう。結局、がっつり玉を減らしたところの456回転で、潜伏玉ナシ当たり。ここでまた連チャンの夢を見たが、単なる夢に過ぎなかった。すぐにダメ旦那が地獄に送られておしまい。


■勝ちがふいになったけど

回りを確かめるべく、少しだけ現金投資もしつつ、確率ラインを超えたところで投了。やはり回りがおぼつかない。判断が遅いというべきかなんというか。これまた勉強の一日であり、この店の傾向も大体つかめたから、勝ちをあえて棒に振ったのも無駄ではなかったということにしよう。

にしても、この「地獄少女」ってお話、なかなか面白そうだ。あの決めセリフ「闇に惑いし哀れな影よ 人を傷つけ貶めて 罪に溺るる業の魂」。韻を踏んでいるポエム調が格好いい。「いっぺん死んでみる」と言われても困るけどね。で、ストーリーは(多分)勧善懲悪ものみたいだから、深みはないかもしれないが、依頼人もまた地獄で彷徨うことになるという設定は、よく出来ていると思う。

今度、時間がある時にでもレンタルで見てみようかな。とはいうものの、冬月のテレビアニメ視聴中に寝てしまう確率は魚群以上の信頼度だから、やっぱダメかも。(笑)
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る