コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR吉宗2』  
 

実戦データ
店舗名 大都技研 ショールーム
換金率 -
遊技ルール -
機種名 CR吉宗2
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
216サボたま柄・万両箱役物酒豪対決
5ラブコール演出達成
25ハート保留告知発生
82R通常vsデカ丸
8+48スロットチャンス
37スロットチャンス
14疑似連三回・大好機・鷹ムービー・浮世絵予告・サボたま柄セリフ・万両箱役物激闘!大江戸救出大作戦
8vsデカ丸
5デカボタンvs佐耶
452R通常vs佐耶
8+545疑似連三回・サボたま柄全回転
282R確変vsデカ丸
19直撃
42赤エフェクトvsあんこ
22R通常vsデカ丸
8+54わくわくゾーン・赤保留・万両箱役物・サボたま柄酒豪対決
23vsザコ
33vs宙吉
862R通常vsデカ丸
8+186疑似連三回ノーマル
16確定音vs剣豪
130確定音vsデカ丸
60vs佐耶
総投資額 -
総回転数 -
大当たり回数 -
確変回数 -
総出玉数 -
換金額 -
収支 -

当たりは早いが……!?

早速打ち始めると、カースケ先生ほど回りはないものの、上段ステージからの入賞がけっこうあり、またその玉の動きも気持ち良く、ステージのくぼみにポトリと落ちる。回し甲斐がある、そんな台だ。

216回転目、これを早いというのかは分からないが、チャンス到来。プッシュボタンが赤く光ってくるくると回り始めた。ボタンを押せばセリフにはなんと「サボたま柄」が出現。チャンス到来どころか、早くも大チャンスがやってきた。リーチは「サブキャラ系」の弱いリーチではあったが、どっこい「万両箱役物」が落下し「メインキャラ系」リーチへ格上げ。その中の一つ、「酒豪対決」リーチで大当たりとなった。

ひとまずは4Rの当たりだが、「二」と図柄揃いは全て確変なのでこの後の展開に期待。確変モードは好みで三つの中から選べるので、まずは姫タイプの「スペシャルライブ」モードを選択。姫が曲を歌い切れば見事大当たりとなる。その5回転目、無事に歌い切り大当たり。「二」の図柄が「三」に変わって16Rを獲得。アタッカーの拾いも気持ちいい。そのアタッカー周辺の釘にも注目したいところ。そう簡単には出玉を削れない釘構成になっているところが我々プレーヤーには嬉しいかぎり。

近頃、どこのお店も2000個にも満たないちっちゃなドル箱をさらにぶ厚いスポンジで上げ底しているのが当たり前のようになってしまったが、この『CR吉宗2』の16R出玉は到底入りきらないだろう。へたをすると二箱必要になるだろう。

お次は「爆祭点穴」モードでチャレンジしてみよう。こちらは保留変化に特化したモードで、保留の種類によって期待度も変化。赤いハートマークでリーチが掛かれば大チャンスなのだ。その25回転目、果たして保留がハートマークとなり、ボタンプッシュでズドンと「九」が三つ揃った。更にこれが「五」へと昇格し16Rをゲット。

そして今度のモードはバトルタイプの「悪者成敗」モードだ。個人的には、MAXタイプなのだからバトルで楽しめたらと思う。8回転目、そのバトルを楽しむ暇もなく強敵「デカ丸」が登場。どうやら一番手ごわい相手らしい。うぅ、やっちまったぜ、簡単に負けてしまうとは。八大勝負モードに突入(確変or時短)。8回転以内にシャッターが閉まれば好機再来モードとなり確変濃厚なのだが……、残念、通常で終了。それでも5500個程度の玉が出た。

確変が終わったと思ったら、僅か56回転目にサブキャラ系の「越後屋」リーチが外れたあとに将軍図柄が停止した。障子が閉まれば「スロットチャンス」に突入となる。突入すれば大当たりは確定するのだ。肝心なのは確変か否かということ。ひとまず突入し4Rの出玉をゲット。

潜っているのだろうか。37回転目にも同じアクションで4Rが当たった。その当りの後、おっと、ここで疑似連が発生。一回、二回、三回まで続いたぞ。そして激アツ演出の一つ、「鷹ムービー予告」発生。背景が嵐だとさらにハイチャンスだと教えて貰ったが、まさにいまがそれ。そして肝心の「万両箱役物」も落下し、掛かったリーチはアニメ系の激アツリーチ「激闘!大江戸救出大作戦!!」へと発展。これで外れてしまうなんてことがあるのかしら(笑)。 当然のように大当たりとなった。しかしまあ、当たりは早いものの肝心の連チャンが弱い。僅か3連チャンで沈む。出玉は合わせて10000個程度といったところ。

そして順調だった当たりもここまで。やはり相手は手強いMAXタイプ。軽く、300、400、500と超えてしまった。553回転目、久しぶりに疑似連が三回まで続いた。セリフには「サボたま柄」が出た。この後の展開に期待。じっくり演出を堪能したい。ところがこれがなんと、全回転リーチとなった。いやあ驚いた。図柄は最終的に「七」で止まった。16R獲得の瞬間だ。

さて、肝心の確変、今度こそきっちり連チャンして欲しいものだ。ここからは「悪者成敗」モードで打つことにしよう。その28回転目、早くもやっちまったか!? バトルに負け2Rランプがピカリと光った。8回転の八大勝負モードに突入すると、どうやら潜伏している模様。そのまま電チューサポートが終わることなく次の大当たりを迎えたのだった。シャッターが開き、画面には「三」の図柄が三つ揃った。

更に42回転目にも「三」と16Rを獲得。これで3連チャン。お次は僅か2回転目、強敵「デカ丸」が登場。ん〜、簡単に負けてしまったではないか。潜伏を期待するも今回ばかりは駄目だった。次に期待。

今度は早い一発がやってきた。僅か62回転目、「爺ステージ」から「わくわくゾーン」に突入。どんどん保留が格上げされていき「酒豪対決」リーチへ発展、大当たりとなった。当たりも早いが相変わらず連チャンも早いというか短め。今度も3連チャンに泣く。


終わってみれば納得の19000個を獲得

194回転目、突如疑似連が三回まで続いた。当然のようにテンパイした後に今日一番の驚きがやってきた。なんとノーマルリーチが発展もせず、そのままピタリと止まった。持ってるなあ、オレ(笑)。「五」は16Rだ。そして遅ればせながらようやくエンジンが掛かってきた模様。16回転目には「七」。さらに、130回転と少々嵌るもこれもまた「七」の16R。さらに60回転目には4Rながら確変が継続した。出玉も19000個ぐらいはあるのだろうか。2200発の威力は凄いぞ。

そしてこれからって時に時間切れとなってしまったのだった。「補償もありません、保留内の当たりも認めません!」だってさ(笑)。普段ホールでは長く感じる時間も、今日ばかりはあっという間に終わってしまった。やはりMAXタイプは面白い。演出も多彩ながら、ちっともごちゃごちゃしていなくていい。

さあてと、残念ながら両替はできないので、ファイトくんのおごりで一杯やりに行こうか……。

【関連リンク】
 吉宗ポータルサイト
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る