コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR聖闘士星矢99バージョン』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CR聖闘士星矢99バージョン
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
8000円1742ペガサスフラッシュvsシャカ
58ウィングフラッシュ・群vsシャカ
29復活4R金タイトル
42
112激アツ
62+171フェニックスモード・金タイトル・ペガサスフラッシュ紫龍
96金エフェクト・チェストギミック・ペガサスフラッシュvsアフロディーテ
54復活8R疑似連一回
62+294アテナ疑似連一回・ペガサスフラッシュ
1突確
21復活4Rデカボタン
62+38アテナ疑似連一回・ペガサスフラッシュ紫龍
33金エフェクト・ペガサスフラッシュ星矢
24激闘
114激アツ
36デカボタン
16復活16R
34
62+202突確紫龍
17ウィングフラッシュ・ペガサスフラッシュvsカミュ
61ウィングフラッシュ・金エフェクト・激アツvsサガ
22
62+24突確フェニックスモード・ウィングフラッシュ
233フェニックスモード・ペガサスフラッシュ星矢
12+584サジタリアチャンス・ボタン硬化・ペガサスフラッシュvsアフロディーテ
108アテナ疑似連二回・ペガサスフラッシュvsサガ
61
14金タイトル
23復活8R
53復活4R次回予告
62+132突確フェニックスモード・ボタン硬化紫龍
35ニケフラッシュ・ペガサスフラッシュ星矢
62群・激アツ・ペガサスフラッシュ星矢
59激アツ
62+127アテナ疑似連一回星矢
58金エフェクト・ペガサスフラッシュ星矢
17ニケフラッシュ
62+81突確→8Rニケフラッシュ
12+43突確→4Rフェニックスモード・ニケフラッシュ
12+194チェストギミック・フェニックスモード・ボタン硬化・ペガサスフラッシュ
12+55突確フェニックスモード
114群・ペガサスフラッシュ
82アテナ疑似連二回・ペガサスフラッシュvsシュラ
88
62+191突確激アツ紫龍
407金タイトル・ペガサスフラッシュ紫龍
12+1538チェストギミック・金エフェクト・ペガサスフラッシュ氷河
12+231終了
総投資額 8000円
総回転数 2449回
大当たり回数 47回
確変回数 17回
総出玉数 4783個
換金額 11500円
収支 3500円

やはり厳しい現実が……

さて、こっちに戻ってきた初日は当てもなく店回りなどしてみたが、まったくといっていいほど収穫がなかった。無駄な努力ってやつだ。一銭にもならん。やっぱりこの界隈じゃやっていけないんだなと今さらながら実感。戻ってきた早々また遠くに行きたくなってしまった。

今日はといえばK店の月一イベントにあたる。もう、こういうイベント以外は通えなくなってしまったし、気力もなくなった。いつかはこんな日が来るとは思っていたが、反面、4年近くも通うとずっとこのままいけちゃうんじゃないかなって感覚にもなる。店に入ると新台がいくつか入ったため少しばかり様子が変わっていたが、これまであった台は相変わらずの釘。開けてない台は最後に見た時と変わらず、あの時のまま。多少の動きはあるものの、「こっちの水は辛いぞ」っていうやつ。

そんな訳で、ここのところこの店で打つのは決まって『CR聖闘士星矢99バージョン』だ。誰がためなのか、必ずここは開けてくれているのが嬉しい。とはいっても1000円20回に毛が生えた程度。これにどれだけ玉増えで上乗せできるかということ。しかし今日の台はその玉増えに難あり。どこまで踏ん張れるだろうか。

まずは最初の1000円は27回と好調。ムラでもなんでもいい、お金で回るにこしたことはないから大歓迎なのだ。そしてすぐにがくっと落ちて結局は落ち着くところに落ち着く。釘は嘘をつかないってやつ。8000円を投じた174回転目、疑似連もなく「一輝」リーチからペガサスフラッシュが発動し、「vsシャカ」へ発展。これが簡単に当たってしまった。「222」はのっけから8Rの当たりだった。ST5回転目には激アツのウィングフラッシュが点灯。再び「vsシャカ」で当たり聖闘士RUSH突入。ここから三つ当たりを追加して全部で5連チャン達成。

終わるとまたすぐに当たりがやってきた。79回転目のことだった。STに入ると、チェストギミックにはなんと「BIG BANG」の文字が。16R確定演出なのだが、長いこと打ってきて初めて見た演出だった。人知れず感動してしまった。今回は3連チャン。この後も早い当たりが続いた。91回転目には2連チャン。しょぼいなあと思っていると、ST抜けの電チューの保留で「紫龍」リーチが簡単にモノになる。これが予想外にも7連チャンまで伸びた。


踏ん張りきれずに……

帳尻を合わせるかのようにサクッと一箱飲まれて、当たったのは突確。ここでスルーしてしまうと厄介な場面もわずか1回転目にウィングフラッシュが点灯し当たった。6回転目には今日初めて見たはずの「BIG BANG」を再び目にする。改めて不思議な台だと思う。プレミアム演出に限らず、未だ見たことのない演出がけっこうある。今日も「へえ、こんなのあったんだあ」と思うような予告を見たが、プレミアでもなんでもなく簡単に外れてしまった。ようするに演出がいっぱいあり過ぎてすべてを見るには試行が少な過ぎるってことなのだろう。

ホントなら超が付くほど苦手な部類に入るはずなのだが、何故かこの台だけは自分に合っているような気がしてならない。最近では、釘を見て「また今日もこれを打つのかあ」と思う反面、そこはかとなく安心できるのだ。戦績のほうだってほとんど負けてないんじゃないだろうか。

3連チャンのあとには、金の背景チェンジから「フェニックスモード」突入。更には頭上のウィングフラッシュもピカピカと光った。ほぼこの時点で当たりを確信していたのだが、ペガサスフラッシュも発動せず、掛かったリーチが「瞬」。これが案の定外れたあとに金の扉が閉まり突確ゲットは嬉しい誤算の反対(笑)。 そのがっかりに追い打ちをかけるようにこの突確はスルーしてしまった。

スルーしたものの次は早いのが一発。23回転目のことだった。しかしこれは4R一回で沈む。それでもその後の70回転目には「サジタリアチャンス」のボタン連打では、このボタンが硬化し、「vsアフロディーテ」で大当たり。今度はようやく6連チャンまで伸びた。194回転目には3連チャン。そのすぐ後にも3連チャンを追加しやる気をみせたものの、調子が良かったのはここまで。

この後はダラダラの展開が続き、少しずつ持ち玉は減ってゆき、後半253回転目には痛恨の突確スルー。更に単発が二回続き、10000個近くあった持ち玉も半分まで減らしてしまう。そしてとうとう最後は時間まで持ち堪えられず、ギブアップしてしまったのだった。

帰ってきたばかりだというのに、明日からのことを思うとこのまま何処か遠くへ行ってしまいたい衝動に駆られたのはいうまでもない……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る