コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 ぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 8500円
総回転数 3215回
大当たり回数 29回(小当たり以外のすべての当たりを含む)
確変回数 5回
総出玉数 6807個
換金額 17000円
収支 8500円

今日も食いつきは早かった

ここのところほんの少しだけではあるが、パチンコが楽しい。こんな気持ちになるのは何年振りだろうか。あまり記憶がない。ホントに心底楽しいなあと思えたのは、羽根物や権利物の全盛期と、現金デジパチを打っていた頃だが、到底その頃の楽しさには敵わない。もちろん当時だって面白くもなんともない台はあるにはあったが、今よりはずっと少なかったと思う。なんてまた昔話を延々としてしまいそうなので本題に移ろう。

ごく最近の中で面白いと思ったのは得意の『CR聖闘士星矢99バージョン』と現在夢中になって打っている、『ぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟』の二つ。とはいいつつも、すべて手放しで楽しいと喜んでいるわけじゃない。どちらも大きな欠点というものがある。疑似連がやたらと多く、しかもリーチに絡まないものが殆どなので時間効率が非常に悪いということ。羽根デジならば多少は我慢できるものの、これが1/390ともなるとどうだろう。嵌りから抜け出せないまま時間切れなんてことが頻繁に起こるだろう。嵌ったなあと思っていても意外と回ってなく、お金もそれほど使ってないのに時間だけが虚しく過ぎてゆくといった具合だ。

そんな効率の悪さを頭にいれてできるだけ回る台を打ちたいが、ここへきて開けも随分と弱くなってきた模様。素人さんばかりだった島にオレが参戦したからなのか(笑)。きっとそうに違いない。しかし他にめぼしい台があまりない。この店の特徴は、お客の付いている機種は釘の開け締めが頻繁に行われるのが特徴。その逆は全く開けないという図式が成り立つ。だから、新台や人気機種は積極的に追わなきゃならないのだ。

今日も案の定、開けがあるのは『ウルトラマンタロウ』だけだった。まずまず面白いとはいえ、毎回当たるまではドキドキする。心は折れないが柔なハートなのでけっこうしんどいのだ。それでも今のところ多少の嵌りはあるものの、すべてが持ち玉になってからという恵まれた展開。金の無いやつにウルトラの母が微笑んでくれているのだろうか(笑)。 ただしその分、大勝は初めて打った時だけ。それ以来はしょぼ勝ちばっかり。使いが羽根デジ並みなら出玉もそんな感じなのだ。さて今日はどうだろうか……。

最低ラインの1000円25回を上回ってくれるとありがたいのだが。1000円、2000円とまずまず順調。7500円を投入したところで早速チャンスがやってきた。疑似連は二回ながら「SOSゾーン」突入だ。更に次回予告まで飛び出した。変身ギミックも発動し「ウルトラマン×セブン参戦SP」は絶対外しちゃいけない場面。そんなには甘くないってか。無情にも外れてしまった。と思いきや、これが復活の大当たりとなったのだ。サプライズボタンがゆっくりと浮上してきた。

今日も早々と食い付いてしまった。177回転目のこと。まずは一安心。ふうっとため息をついたのだった。肝心なのはここから。なにせ、まともに連チャンしたのは初めて打った時だけ。その後は5連チャンが精一杯といったところ。まずは31回転目、「VSバルタン星人」で勝利。「777」となった。続いては「レッドキング」登場も簡単に倒した。これで3連チャン。6回転目には「ヒッポリト星人」にまさかの敗北。やっぱり連チャンしないのだ。

時短に入った。さすがに引き戻しは期待できないものの、潜伏していることを願うばかり。20回が過ぎ、ひとまず40回まで延長かと思った瞬間、変身ギミックが作動しウルトラバトルモードとなった。まさかここで作動するとは予想もしていなかったので、ただただびっくり。ひりひりと130回転まで引っ張られた挙句、さきほどやられた「ヒッポリト星人」が再び登場。今度はチャンスアップとなって勝利した。

お次は「VSタイラント」から「777」。これで5連チャン。26回転目には赤い落雷予告から「メフィラス星人」登場。チャンスアップもあったし、カットインも大きいほうだった。貰ったかに思えた6連チャン目はここで潰えてしまった。潜りもなく20回転で時短は抜けた。ん〜、どうもこういった納得のいかない敗北が多いような気がしてならない。なんでだ?

気を取り直して回していくと、137回転目、チャンス到来。疑似連が二回、ここであっと驚くゼブラ柄のシャッターが出現。変身ギミックも作動。しかし肝心の後半が作動しない。「VSタイラントSP」は敢えなく外れとなる。更にその直ぐ後には「SOSゾーン」突入となって次回予告が出た。ところが今度は序盤からギミックが作動せず、これまた痛い外れとは。


ゾーンが来るも……

そうこうしている内に持ち玉のほうが底をついてしまった。ぴったり700回転のところで飲まれる。もちろんまだまだやるぞ。1000円を買い足したところで突如、ゼブラ柄のシャッターが出現。しかし今度もまたギミックが作動せず、止めていた玉の打ち出しを再開。おっと、これがモノになったぞ。喜んだのも一瞬、どうも気負い過ぎるところがあるのか、今度は僅か3連チャンで終了とは。

20回転であっという間に時短は抜けてしまった。気落ちしていたところに、暗黒カウントダウンとなり小当たりか、通常か、それとも突確かといった場面で「ウルトラダークキラー」が出現。この時点で当たり確定なのだ。4Rながら攻撃に耐えた。確変ということ。今度こそしっかり連チャンして欲しい。35回転目、あろうことか早くもピンチ。相手は強敵「巨大ヤプール」登場。強い相手ならば仕方あるまい。甘んじて受け入れようじゃないか。当然の如く敗北となる。

時短に入った20回転目、緑の図柄がテンパイしたぞ。潜伏していた模様。喜びも束の間、再び相手はヤプールだった。しかし今回ばかりは「キュイーン」と鳴って勝利。ここから16Rばかりが4回も続いた。鬼門である6連チャン目には「ゼットン」登場でやはりというべきか、なかば納得の負け。ゼットンにやられたんじゃしょうがないぜ。なんとか出玉のほうも12000個ぐらいにまで増えた。

大きな連チャンはないものの、なんだかゾーンのようなものがやってきた予感。83回転目、タイトルコール予告が発生。お助けルーレットにはチャンスでも激アツでもなく、一旦「×」と表示されたあとに「サプライズボタン」のマークが出現。「ウルトラマン×セブン参戦SP」となり大当たり。相変わらず連チャンはしょぼいが4連チャンもすれば十分でしょ(笑)。 

しかしゾーンもここまで。447回転目には暗黒カウントダウンから「ウルトラダークキラー」出現も4R通常だった。更に143回転目にも同じパターンで4R通常。127回転目、三たび同じ演出だったが、今回は4Rながら確変突入だ。最後というにはまだ少し早いが、場合によっては長い長い連チャンがやってくるかもしれない。37回転目、緑の落雷予告から「ヒッポリト星人」登場。しかしこれがチャンスアップもなく、カットインは大きい方ながらあっさり負けてしまった。結局時短でも何も起こらず、40回転で抜けてしまったのだった。

最後は500回手前まで回したところでギブアップ。16000個あった持ち玉も最終的には9000個も減らして終了となった。辛うじて勝ちはしたが、なんだか負けたような気分でちょっと引きずるなあ。実際、一夜明けた翌日も悶々とした気分を引きずったままだった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る