コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR地獄少女 FPH』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR地獄少女 FPH
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
15000408擬似ノーマル
21赤エフェクト
206→7緑エフェクトフラッシュ終わらない仕事
931全回転ボタン
564→昇格ボタン
1306→昇格ボタン
22ボタン
3268ストーリー擬似デンジャー柄フラッシュ歪んだ愛
13000951
6
2678→1レインボー藤丸くん歪んだ愛
395ボタン
653レインボーボタン
564→昇格ボタン
577ボタン
42ボタン
2705影レインボー文字フラッシュ歪んだ愛
177全回転ボタン
145ボタン
21全回転ボタン
33ナレーションボタン
454ボタン
2477赤文字フラッシュ終わらない仕事
351前兆ボタン
234ボタン
246やめ
総投資額 28000円
総回転数 3441
大当たり回数 21+4
確変回数 ***
総出玉数 16611個
換金額 66444円
収支 38444円

■地獄行きかはたまた

前述したとおり競争は厳しいので台取りはなかなか大変。それほどの店ではないと思うのだが、近隣があまりにも厳しいから人も寄ってくるのだろうか。甘デジに見るべきものはなし。最近の傾向である。ミドル、マックスのシマに行ってみると、なんとかなるか? という台がいくつか。飛びつくほどでもないが、打てなくも無いような気がする。2台だけ押さえて、もう一度ぐるりと巡回して、最終的に座ったのは『地獄少女・ミドル』のとある1台。打ったことがないのでステージのクセなどは分からないが、ステージがいい勝手知ったるもう一台は知り合いに勧めておいた。

ミドルとはいえハイミドルの1/358、72%確変のほう。かつては、『海スペシャル』など、このくらいの確率だったら苦もなく打っていたが、あの時と今ではベースになる回りが違っている。換金率が違うとはいえ、ゲーム性の根幹を支える回転率が違うのだから、気が臆するが、他に打ちたい台がなかった上に、どうかな? と思った台はことごとくプロ風の若者がみんな押さえてしまっている。やはり挙動が素早い。まあいいや。

打ち始めはステージからの決まりが少なく、不安だったが少しずつ回りが上がってきた。なんとかなるだろう。少なくても何かが起きるまでは座っていられそうだ。200回転、300回転、そして400回転もあっさりと過ぎる。今日もそう簡単には当たらない。行く手には待っているのは暗雲かはたまた晴れた青空か……。とりあえずは暗雲の気配。

ガセがほとんどの疑似連から、突然「怨」ロゴを持ったキャラ少女が現れ、画面に「怨」が停止した。400回転を過ぎた時点。どうせ、小当たりだろうタカをくくっていたが、これが潜伏当たりのほうだった。ほっと一息。少しのはまりで朝から1000回転ゾーンなんか簡単だからなあ。電チューサポートがつかないので、500円を買い足す。そういえば朝の若者が確変中に300近くはまったことがあると言ってたっけ。そうなったらエライこっちゃ。なんとか早めに、しかも赤い数字(確変)のほうで当たってほしいもの。そう都合よく考えていたら……。

21回転目にまた「怨」が停止。これでめでたく電チューサポートゾーンへ突入した。玉は出ない当たりだけど喜ぶべし。そして、電チューサポートに入ると、玉持ちが悪い。相当にストロークと打ち出しをコントロールしないといけないカタチだ。(後半はだいぶ改善できた!)緑のエフェクトから、最強の「あい系リーチ〜終わらない仕事」に移行。テンパイ図柄は「六」だが、これは当たれば確変になりそうなパターンだと思う。飲んだくれのヒモが地獄直行、よし当たり! そして見事に「七」に昇格した。

これが、確変の一、四だけど昇格セグ、六だけどこれまた昇格セグで玉有り5発となった。伸びてくれて助かった。次は300を超えたところでストーリー疑似連が3回成立して、「あい系リーチ〜歪んだ愛」に移行。秋●康そっくりのプロデューサーが地獄に送られて大当たり。これも確変になりそうなものだが、残念単発のほうだった。そうそう都合よくは行かないものだ。

3回目は、なかなか来ない。何もなく持ち玉を使っていく。(余談だが、この店で打つプロ風の若者は現金投資で打つことが多い。よって、結果として、足下背後にはすごい出玉が残る。等価だから何で打っても同じで、回りを正確に把握するためには、現金投資がベターなのだろう。でも目立ち度合いは半端ない。よって冬月はこの店においては、目立ちたくないことと、持ち玉でも回りの把握は出来るので玉で打つことにしている。人にはそれぞれやり方があるということ。)

その持ち玉はやがてなくなり、600回転、700回転、800回転、そして900回転も大きく超えた。確率が確率だけに、当然予想出来るケース。1000回転くらいで当たってくれればいいのだが……。または「永遠」に当たらないかも。投資もどんどんふくらんでいく。このまま夜まで当たらないと一体どのくらい負けるのかなあ〜。何も起きずに時間だけが過ぎていくが、1000回転の手前でさしたる前兆も強い演出もなく「怨」が停止。これもまた小当たりだろうと思いきや、当たりのほうでした。はまると困るなあと思いつつ、いったんコーヒーを買いに行って席に戻ると、すぐに「怨」停止で電チューサポートに入った。思えばこれが本日最大のラッキーだったのだ。


■変な国だこと

電チューサポートに入ると、数字が揃わないこと鬼の如し。100、200回転も突破。1/39とは思えない。強い演出からのリーチも全然当たらない。267回転でレインボー文字出現。また悪徳プロデューサー登場。台本には「アタック藤丸くん」も描かれていた。当然のように確変大当たり。なんと確率の6.5倍オーバーだった。これ(電チューサポートと潜伏状態)が逆になっていたら大変だった。そしてこれを契機に堰を切ったように6連達成。出玉は最高値復帰か。ようやくチャララインだろう。

そして300の手前でようやく本日初と言える「はやい」当たりが6連。247回転で3連してくれたところで、目鼻がたった。出玉は18000個程度になったではないか。あとは閉店1時間前までダラダラと打ち込んで投了。初当たりはたった5回だったが、比較的図柄に恵まれて結果オーライ! ちょいとショックだったのが、その最後の1時間。「ストーリー疑似連3回、7テンパイ、インパクトフラッシュ、あい登場リーチ」「疑似連3回、激アツ、インパクトフラッシュ、あい登場リーチ」からの「怨」停止が二つとも小当たりだったこと。てっきり当たりのほうかと思っていたのに。

まあ、一日打てたし、結果もついてきた。「苦労」もあったけど、幸せな一日だった。あとは政府や官僚がちゃんと民の声を聴いてくれること。でもこれだけは全く期待できない。『地獄少女』において、インパクトフラッシュなしで大当たりを期待するくらいないのだ(汗)。ああ、そうそうこれも一言。「活断層についての調査を経済産業省原子力安全・保安院は18日、北陸電力に再調査をするよう指示した。」とあるけど、これって?? 該当の電力会社が「自分のところが、危ないかどうか」調べるってどういうこと。これじゃ調査にならないでしょうよ。変な国だね。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る