> > 『CR聖闘士星矢99バージョン』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR聖闘士星矢99バージョン』  
text by タッキー
 
筐体画像 たまには真面目な話でもしようと思う。近頃、テレビや新聞等で頻繁に取り上げられているいじめについて。このいじめというやつは何もいま始まったわけじゃない。オレの子供の頃だっていっぱいあったし、きっともののふの戦国時代にもあったのだと思う。そして当然ながらこのいじめは子供達だけの問題でもなく、大人になり社会に出てからでも多かれ少なかれ起こっているということ。外国で暮らしたことはないが、きっと何処の世界にでもあることなのだろう。ということは、この世がある限りいじめというものは根絶できないということなのか。

うちでとっている新聞では一面に有名人がいじめについて日替わりでコメントを載せている。なるほどなあという意見もあれば、そんなことが出来るぐらいならばいじめになんか遭わないってば、といった記事もあった。こう見えても自分、子供の頃は悪がきでもあったし、逆にいじめられていたこともあった。だからいじめる側の心理も分からないでもないし、いじめられる立場の気持ちだって理解できるつもりだ。

あれは小学校の三年生だった。学年の途中から転校生として入ったクラスというのが異常なものだった。一人の生徒を中心にそのクラスが回っているというか支配されているような状況だった。転校生だったオレは当然のように長い物には巻かれるしか術がなかった。直接いじめられたというわけではなかったが、休み時間中はおろか、放課後もその生徒を中心として半ば強制的に遊ばなきゃならないような学校生活だった。

その生徒を仮にM君と呼ぼう。M君は決して不良というわけでもなかったし、喧嘩が強いということもなかった。どんな風にしてこんな状況になってしまったかは、転校してきたオレには分からなかったが、すべてのクラスメートがM君に対して屈し、担任の先生までもが、えこひいきするような最悪のクラスだった。なにせ、夏休みに担任が、M君の親が経営するホテルに宿泊しているようなあり様。M君が自慢げに担任と一緒に撮った写真を見せびらかしていたのを今でも覚えている。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る