コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPL』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRリング 呪いの7日間FPL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 9500円
総回転数 ***
大当たり回数 36
確変回数 36
総出玉数 29108
換金額 116432円
収支 106932円

■リング打てる

早目に店に着くと、一番乗りだった。iPhoneでスケジュールの整理をしているうちに開店時刻がやってきた。いの一番にくだんのシマに行ってみると、前日触った台はシメとなっていたが、4台あるうちの一台が新たにアケになっている。ステージ性能などは分からないが、とりあえず座ってみる価値はありそうだ。

打ち出すと、おお中々いい感じ。ステージからの玉の動きが気に入った。5000円打ったところで、129回転。これがホンモノならば嬉しいことだが、まあ早晩落ち目になるかも。世の中そんなに甘くない。そんなことを考えながら、打っていく。9500円目を入れたところで、疑似連から両手が落下! DANGER柄も出現。これは激アツ。

リーチは残念ながら「貞子終焉」でも「貞子覚醒」でもなかったが、呪いの山荘から見事に「666」が並んだ。5Rゲット。さあ、強力STが待っている。なんとそれは現実のものとなった。たった5回転、3回転、2回転、4回転とありえないスピードで16Rが3つ、10Rがひとつやってきた。あまりにもあっさりと両手役モノが次々と落ちる。こんなに簡単でいいのか??

そして54回転とST終了の危機には、2Rを引き当てSTの巻き戻しに成功。ここで引ければさらに上乗せと思いいかにもそんな感じだったが、感じだけに終わった。当たらず終了。それでも十分な出玉。8000個には届かないけれども一撃でありがたい。

2回目はいかにと構えていたら、ちょうど確率ラインの300回転で保留表示が赤くなった。そして両手が落ちてきて、怨念のリーチへ。これがまんまとモノになり、大当たり2回目。STに入るとハズレの「デジャブパニック」が数回かかっただけで、終了のカウントダウンがすぐに始まった。そうそう上手くはいかないか、と諦めかけた残り1回の時に、井戸の上にいるキャラが何やら赤くなった。もしかして? とボタンを押してみたら、両手が落下してくれた。助かったなりの大当たり5ラウンド。

これが、22回転で2R、12回転、16回転、3回転で16ラウンドとなり、いっきに玉が増えてくれた。ありがたや。最近は甘デジを打つことが多いので、玉の出るスピードが望外の感じがする。そしてSTが抜けてわずか20回転で「デジャブパニック」がものになり10Rゲット。これが伸びたら勝利は確定?と思いきや、単発にて終了。でも初当たりの3回が確率以内で素晴らしい。

出玉は13000個くらいはあるだろう。この玉がキープまたは少しでも増えてくれればそれで文句なしだが……。4回目は遠い。300、400、500、600と何も起きない。さらに700、800、900とついに3倍ラインもあっさりと超えて、お約束ともいえる1000回転も突破。1/299は甘くないよね。知ってるもん。手元の玉がなくなったら追加投資か、それも仕方ないね。

時間が過ぎるだけ、4倍ラインくらいで当たらないものだろうか。アタマがぼーっとしてきたところでその時がやってきた。突然のように左下に出るアニメ貞子が「灼熱」の看板を上げた。疑似連がそこからなんと4回まで伸びた。普段は大概2回までだから、これだけで激アツだろうと思っていたら、そのまま全回転に移行してくれた。1100回転の少し手前。

玉はまだ残っていた。良かったというべし。これが23回転、4回転、16回転、そして最後の1回転の70回転でパトランプ発生、19回転、34回転、24回転とほとんど16Rで8連チャンしてくれた。大きく盛り返す。やはりミドルはこうでなくちゃ。助かった助かった。

そして5回目も早かった。赤い保留から図書館でのリーチがそのまま当たると、2Rと5Rもあったが、12連チャン達成。これで3万発を超えてくれたではないか。そして6回目も早い。STが抜けたと思ったらすぐに疑似連から最強の「貞子終焉リーチ」が本日はじめて発生。これが当たって10R。伸びたら夢の4万発も目の前となる。ううっ単発だった。本日2回目。まあそんなものか。


■訃報が

しかし7回目も200回転で「貞子終焉」が当たった。さあ、これこそ!と思ったらまた単発でした。へへ、うまくいかないね。結局、確率ラインまで回したところで時間切れとなった。出玉は3万発を割り込んだが、それでも等価だからホームランだと思う。数年に一度しかないホームランを打てたこと、アテがしっかりはまったこと。はまりを乗り越えて打ち切ったこと。この3つは大きい。少しばかり、自信を取り戻して店を出た。

訃報が入ったのはその直後だった。お通夜は済んでいたようだが、冬月のところに来た連絡は遅かった。メールを見るなり、勝利の喜びも何処かに消えていった。儚きこの世界。夜もまだ暑い。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る