> > CRリング 呪いの7日間FPL 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRリング 呪いの7日間FPL  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 フェンシングを初めてちゃんと?見たけどすごいスポーツだね。あの反射神経とリズム、バランス感はものすごい。日本の剣士たちもたいしたものだ。体操もしかり、まるでヒーロー戦隊か忍者映画の特撮シーンみたいなアクロバットは、現実のものとは思えない。人間の持つ可能性に驚くばかりのオリンピックである。

そんな中だけど、自分たちの祭典(オリンピック?)も終わった。この歳でバリバリのRockを演っているなんて、数年間には想像もつかなかったことだが、人生というのはなかなか不思議なものだ。練習や準備段階でちょいとしたトラブルがあって、少しばかり落ち込むこともあったけど、それもまた物事をなす際には、避けられないこと。

ともかく無事に終わったし、まあまあ上手くいったから良かった。仲間とやる充実感は他に代えるものはない。今回のオリンピックでも団体種目の戦績が良いのもそれとつながっているような気がして少し嬉しい。応援に来てくれた編集部のファイトくんとミナヤン本当にありがとう。スポーツも音楽も「応援はちからになる!」ということを実感。

そんなわけで、土曜日にエネルギーをすべて使い果たし、日曜は一日ごろごろ。月曜からは本格始動と思いきや、近隣店舗はみんな入れ替えのための休みや午後開店ばかり。それはそれで助かるような気もする。午前中にたまっていたやるべきコトを片付けつつ、そのまま出かけてI店(等価)の午後開店に向かった。

いつもよりはすこしばかり気温が低い。それでも蒸し蒸しした感じは昨日までとさほど変わらない。余裕をもって出かけたので、結果先頭だった。まあ台取りがほんとに厳しいので、今後もこういう感じになるのだろうか。(気が重いなあ)ともかく打てる台があるのだろうか。あったとしても、過去の経験から考えれば、1、2台ではなかろうか。打てなくてもそれはそれで「平和」だからいいのだけど……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る