コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRリング 呪いの7日間FPL  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRリング 呪いの7日間FPL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 64500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 4210個
換金額 18040円
収支 −46460円

■打てると出るは

気のいい常連さんたちと話をしているとすぐに開店時刻となった。アケが期待できるシマに行ってみると、並んで5台ある『リング・ミドル』の1台がアケになっていた。確か、これは一番ステージからの入りが見込める子。とりあえず喜んで押さえようと思ったが、一瞬はやくどこかの誰かに押さえられてしまった。「ああ〜」。その彼は足早に他の機種を見に行くと、とって返して押さえたものを取り去った。

数秒だけ様子を見て「問題」がないことを確認して、冬月が押さえさせてもらった。ツキがあるのだろう。(結果、これがのちに大惨事を招くことになる)。ホール全体をざっと見たが、他には打てる台はない。鵜の目鷹の目で押し寄せて来たプロ軍団もあっという間に撤退したことからみても今日、この店で打てる台はやはり1、2台だけということになる。

そういうことならば、ちゃんと打とうと思う。最近はミドルやマックスばかり打っているので、かつて巨大「はまり」に連日立ち向かったあの感覚が大分戻ってきている。期待値があるのならば、臆せず投資できるハートを取り戻しつつある。よって毎回「荒い」勝負を余儀なくされている。本意ではないけど、ジグマは店の方針に合わせるしかないから、さもありなん。

さて、着席して釘をもう一度みると以前1000回はまりを乗り越えてホームランを打った時とサイズは同じかやや小さい感じ。まあ、1/299の確率は甘くはないが、マックスほど手こずることはないだろう(多分)。3.3円の店で『CR新海物語M27』をよく打ったものだ。あれが確か1/317くらいだったから、そんなに臆することもあるまい。

打ち始めると、思ったよりも少し回りがすくないが、今日に至っては「打てる」はずだ。半端なところでは止めないつもり。相変わらず何も起きずに淡々と進行していく。ちょうど1万円を投資したところで、疑似連から「怨念リーチ」のハズレから、小当たりと思いきや5Rランプが点灯した。玉ナシのST当たりを獲得。早かった早かった。218回転だった。

玉が出るかせめて電チューサポートくらいには入ってもらいたいものだが、どうだろう。ともかく最近は当たる気がしないくらい「不調」なので自信はない、まったくない。ほら見たことか、なあんにも起きないうちに70回転はゴッドスピードで終わった。やれやれ。

しかし、この後は回りが思った以上に上がってくる。ストロークが安定したせいか、打つポイントが大分つかめてきたのだろう。時々、あ然とするほど回らなくなることもあるが、休ませたりストロークをいじったりごまかしつつ進めていく。それにしてもホントに何も起きない。

2万円、3万円、4万円、そして5万円6万円と福沢さんが次から次へと空に登っていく。回転数もそれに連れてウナギ登り。600、700、800、900 、そして1000回も勿論超えた。投資は続く。マックスやミドルを相手にしていれば、これに耐えなければ打つ資格はないのだから。1100回転そして鬼門確率の4倍1200回転もあっさり超える。

残り時間も少なくなってきたけど、閉店の1時間前くらいまでは踏ん張ろう。そして1300回転もあっさりと超えて、初当たり確率は1/1500という値に。「ふう」ココロの中で小さくため息をつきつつ、投資を黙々と続けていくあやしいおっさん。この間、両手役モノはおろか、赤エフェクトさえろくに出ていない。絶対に当たることはない演出だけを延々と見続けているだけ。1340回転辺り。疑似連が2回成立。赤いエフェクトから「幼少貞子リーチ」に発展。期待もせずに見ていると「222」が画面に揃っているではないか。


■また明日から

当たりがようやくやってきたのは、打ち始めてから6時間後(確率分母の4〜5倍は日常的なものだから仕方ない)だった。さあ、ここからなのか。このまま沈むのか。こればっかりは……。とりあえず15回転で玉ナシ2Rが当たり、STの巻き戻し。そして30回転で待望の「777」となった。追撃、逆転できるほどの時間と投資ではないのだが、せめて一矢報いることができないものか。

しかし、その願いはむなしく当たりはこれだけだった。まあよくあることだね。しかし、電チューサポートが終わってしばらくすると、突然レインボーエフェクトが発生。両手役モノが降りてきて「貞子終焉リーチ」は当然のように当たり。これが10連とはいわないまでも5発か6発きてくれれば、負債をかなり取り戻せる。

23回転で「333」、40回転で「444」となって追撃態勢。しかしここで終わり。結局閉店30分前まで打って静かに席を立つ。大敗確定……。「台が取れなければよかった」「アケがなければ良かった」とは思わない。いつかは遭遇するはまりと悪展開に今日がそうなっただけだ。強がりではなく、そう思うので、財布の中身は軽くなったが胸はって店を出よう。

そういえば、閉店30分前まで打ったなんてこれこそ数年ぶりのコト。40玉時代は持ち玉比率を高めるべく、毎回のようにこうしていたものだが。勝負というのは勝ったり負けたり。常にやるべきことをやるだけ。怖いのは負けるよりも打てないこと(勝負のステージに立てないこと)なのだから。だからメダルが取れなくたっていいと思うぞ。大事なのはそこだけじゃない。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る