コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR地獄少女FPL』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CR地獄少女FPL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 42000円
総回転数 3078回
大当たり回数 16回
確変回数 1回
総出玉数 2275個
換金額 5500円
収支 −36500円

これはマックスか!?

さあ、お盆休みもいよいよ後半戦。我ながらよく凌いだと思う。昨日もその前も『CRA大海物語2Withアグネス・ラム』でなんとかなった。小さい勝ちではあったが、あの釘じゃ十分過ぎる勝ちといえるだろう。今日はその『大海』の前に書いておかねばならない機種がある。『CR地獄少女FPL』がそれ。前回の『デビルマンレディー』同様、けっこう悲惨なデータだ。『リング呪いの7日間』といい、どうもこのメーカーとは相性が悪い。それでいてけっこう打つ機会も多いのだから、大きく負け越しているといえよう。

打ったのは『デビルマンレディー』を打った日の翌々日だった。ヘソはこの時期にしてはかなり大き目だった。以前にこれよりも大きいヘソを見たことがあるが、その時は知り合いの話だと1000円25回ぐらいだと言ってたっけ。もっと回っても良さそうなヘソだが、せいぜいそんなものなんだろう。となると、このヘソでは1000円24回ぐらいなのか。早速打ち出してみると図ったような回りで、10000円の投資でぴったり240回転となった。

しかし次の10000円では260回まで上がった。どうでもいいが当たらない。幾度となく襲ってくる小当たり演出に早くも根をあげそうだ。ここでまた少し回りが落ちたが、いよいよ初めての当たりがやってきた。566回転目、ストーリー疑似連が三回まで続いた。エフェクトが赤くなり「蝶インパクトフラッシュ」も発動した。掛かったリーチは「ただれたオフィス」。「八八八」は単発絵柄で昇格もなく70回の時短もあっという間に終わってしまった。

結局、この少ない玉は飲まれ、更なる買い足しに入る。300、400、500と、また初めのような展開。救いは回りがここへきて一気に上がったということ。この10000円では27回まで上がった。しかし投資は早くも40000円を超えた。果たしてどこまでやれるのか。何度も何度も小当たりに泣かされた演出がようやく実ったのは674回転目だった。セグの形は分からないが頭上のナンバーランプがピカピカと点灯した。突確をゲット。使ったお金は全部で41500円。

ヘソで回した19回転目、再び突確が当たった。ここで電チューサポートが付いた。42000円の投資。運よく500円で19回転し、残り僅かな玉で電サポが付き、多少の玉増えもあり買い足さずに済んだ。48回転目、最初と同じ「ただれたオフィス」で当たった。待望の赤い絵柄の「一一一」。確変になると通常時からは一転して、まずまずスリリングな演出に変わる。23回転目には「四四四」の通常絵柄だったが、ラウンド終了後に役物が作動し、確変へと昇格。

53回転目には疑似連が掛かり画面にはレインボーの文字で「いっぺん当ててみる?」と出た。ラッキーパトが出現し「一一一」の大当たり。9回転目にはあっさり「四」図柄がテンパイし当たった。しかしこれもラウンド終了後に確変へと昇格。これで5連チャンが確定したことになる。50回転目、「いっぺん押してみる?」と画面にラッキーパトが出現し無事当たった。もちろん確変図柄だ。まだまだ確変は続く。


初当たり4回って……

19回転目には「一一一」。突確を二度挟んだ13回転目には障子が金色になって「七」図柄がテンパイして当たった。あれよあれよという間に全部で9連チャン達成。出玉は少ないのでまだまだマイナスの領域だが、とにかくこの後の展開が面白くなってきたことだけは確かだ。

ところが、三回目の初当たりも遠いものだった。でもこの日一番の早い当たり。381回転目、保留がゼロの状態から突然、障子が「デンジャー柄」になった。消化の保ゼロだし、冷やかしかと思ってみていると、疑似連も三回まで続いた。しっかり役物も作動し、またまた掛かったリーチは「ただれたオフィス」。これまでこのリーチも含めて三つ共、後半のパターンだったが、今回は更に見たこともないお姉さんが出てきて、スケベな社長をやっつけたぞ。なんとかモノになった。残念なのは赤い絵柄じゃないこと。「四四四」は昇格もせず単発で終わったのだった。

そして次はといえば、またまた確率分母の外。とてもミドルとは思えない引き。400、500、600も超えてしまった。ドル箱もみるみるうちに少なくなってきた。もはや風前のともしび。結局当たったのは660回転目だった。「あい幻想モード」で初めてテンパイした。あ〜、なるほど、こんな風にしてテンパイするのか。リーチもこれまでとは違った「終わらぬ仕事」で当たった。しかしこの期に及んで、「二二二」の単発とは。

もう少し時間があったので最後の悪あがきで回してみたものの、軽く、5度目の確率分母の外にもって行かれて万事休す。ドル箱一つ交換して長い長い一日を終えたのだった。

まあ結果はどうあれ、無事この時期を乗り越えたということで良しとしようじゃないか。「いっぺん厄払いしてみる?」……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る