コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム2』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 32000円
総回転数 ***
大当たり回数 1
確変回数 ***
総出玉数 2010個
換金額 8040円
収支 -23960円

■甘いけど立ち回りが

何が悪いかというと、釘が動いていないことが一番悪い。これでは、打つという前提そのものが成立しない。3軒ほど回っているうちに昼過ぎになってしまった。一発も打てず。I店の開店時刻まで待機するか?? でもI店に行っても打てるとは限らない。まあ、もう一軒とばかりに、車を走らせてK店(等価)に入った。

ここはかつてのホームゲレンデ。がらがらの店内はいかにも活気がない。それでもポツリポツリとシマには数人のお客さんの姿も。顔見知りの常連さんと気軽に話しをしながら、店内を見て歩く。いやはやここまでシメるのか。

すると、某機種に朝イチランプが光っているのを発見した。データカウンタを見れば、昨日もそのまま放置されていたのでは?と思う。この店は拾いのプロ達もよく立ち寄っているのでまさに奇跡のような出来事。

なんだか申し訳ないような思いで着席。ところがそんなことは思う必要がないくらい回らない。玉が出るまでに6000円もかかった。しかも出た玉はわずか2000個程度。これでも浮きだから帰ってもいいが、なんだかつぶれそうな店から「泥棒」しているようで、気がひける。

いったん玉を流してから、打てる台はないかともう一度探していく。無理すれば打てるのが『大海アグネス甘』か。まあ、ともかく打ってみよう。いやはや、これが失敗の入口だった。なまじ安っぽい同情心で座るんじゃなかった。

当初は1000円で25回転をキープとありえない勢いだったので、ジャブジャブと現金投資をしたが、当たらないこと鬼の如し。300回転、400回転を超えてもダメ。回りは少しずつ落ちてきたが、当初の回りのイメージが強く、なかなか止められない。


■911の日に

500回転を超えたところで、1000円12回転、そして次の1000円で9回転しかしなかったところで、パチンコの神様が後ろから「もう、やめとけ」とポンと冬月の肩をたたいた。結局均してみればたいした回りじゃなかったということ。

でも途中でなぜか、「この店ならばうんと負けてもいいや」という不思議な感情になったことも事実。あるまじき思いだけど、こういうやつなのだから仕方がない。前回に続いて大敗で、9月もまた大きくマイナスからのスタートである。

まったくなあ〜。外に出ると真夏の陽気がまた戻ってきているようだ。日差しは落ちても熱気はムンムン。

コラムを書き上げ、リターンキーを押そうと思った瞬間にふと頭をよぎった。今日は911だ。あの忌まわしき日以来、世界は大きく変わってしまった。日本もいま大きく方向を変えようとしている政治勢力が台頭しようとしている。そんなことを思うと、ため息と涙が心の中で溢れてきた。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る