コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRおねだり!マスカット AA』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRおねだり!マスカット AA
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
195002934ラウンドボタンスカット当たり
8216ラウンド赤文字お願い
100005134ラウンド赤保留赤エフェクトチヨコレイト
6816ラウンドチャンスキス
644ラウンド
8216ラウンド赤文字お願い
704ラウンド青保留お願い
4516ラウンド金文字お願い
1064ラウンド金文字お願い
1574ラウンド擬似グラビアバナナマンゴー
1416ラウンド青保留
1074ラウンド赤保留金文字お願い
216ラウンドお願い
1024ラウンド赤保留お願い
3916ラウンド
1516ラウンドキュイン
4216ラウンド
2154ラウンド擬似サンセイ柄祭り
754ラウンド激アツ
459やめ
総投資額 29500円
総回転数 2550
大当たり回数 19回
確変回数 19回
総出玉数 8962玉
換金額 35848円
収支 6348円

■最初は

I店に着くと先客が5、6人。気のいい常連の兄ちゃんと話したり、ライブ音源のチェックをしたりしているとイケメン兄ちゃんもやってきた。先日彼と話した世間話で気になることがあったので、確認してみるとどんぴしゃりだった。全く想像もつかない場所で、同じ時を過ごしていたことが判明。つくづく世の中は狭く、ゆえに悪いことは出来ないものだ。(いや、別に悪いことをしていたわけではないけど)

最近は来ていなかったので状況を聞くと、全然ダメだったらしい。いつぞや釘を開けた日があってその日は上級者&プロ連中(自分を除く・汗)が大爆発をした。その日を境に釘は見事にアケがなくなってしまった。それにしてもあの日は凄かった。5万発コースが何人もいたと思う。少しばかりのアケでも展開とヒキに恵まれれば、今のパチンコはたまさかそういうことが起きる。

お店も商売だからこれも致し方なし。そもそもこの店は上級者&プロの比率が高く、生態系のバランスがいいとは言えないのだ。これもまたみんな生きるためには仕方なし。その中で冬月だけがイケテない存在というこの情けなさはこれいかに。

入店して釘を見ていくも全然打てそうもない。無理して打てそうなのは『地獄少女・甘』、または『おねだりマスカット・ライト』か。でもこれでもギリギリの回りしかないだろう。甘デジのギリギリはある意味、マックスタイプよりも始末が悪い。収束しやすいので、期待値に落ち着きやすい。つまり、安い台はほぼ安い結果となるか、途中で打ち切れずにお帰りとなることが多いもの。

しかし、他に打てそうな台がないので座ってみたが、やはりぱっとしない。あまりにも夢がない。だったら『マスカット』のほうがいいだろう。そう思ったらもう腰が浮いて、瞬間移動となった。実は何度か打っている『マスカット』。ゲーム性もスペックも好感が持てる。わずかだが、ヘソがアケ模様の一台に座る。

しかし、回らない。1000円18回転ペースしかない。これでは打てないなあ〜なんとかならないかなあとハンドルをコネコネしているうちにスイートスポットをようやく発見。展開しだいだが、なんとか座っていられるくらいになってきた。今日は他には何もない。とならば行けるとこまで、セクシー姉ちゃんたちにお付き合いするしかないか。

意味のない疑似連や前兆がほとんどないので、イライラ感も薄い。疑似連もなかなか発展しないところが逆にいい。3回続いたらかなりアツいわけだが、その3回はなかなか到達しない。確率ラインの1/199はあっさり過ぎたが続行。何も起きずに時間だけが過ぎたが、突然赤いエフェクトからボタンを押して!というアクション。

面倒くさいのでそのままにしておいたら、役モノがフラッシュして「えっ!?」大当たりとなった。サブライズの即当たりとは。これが噂の「スカット大当たり」らしい。ともかく良かった。期待のSTの連チャン率は高くないが、当たれば16Rの比率が65%と高い。意外に一撃でいける子なのだ。しかし、リーチもかからずに電チューサポートはすぐに終わり。

ところが、残りの保留玉(まだ高確率中)で赤い文字から「お願いアクション」。出てきたキャラは最強のRIOちゃん。星マークが全部ついているからこれは当たりだろう。それにしてもこの子は日本人なのか? 顔立ちが少しハーフっぽいが……。どうでもいいことを考えていたらやはり当たり。STギリギリでのしかも16Rゲット。

これで一気に波が来るかと思いきや、さにあらず。連チャンはナシで出た玉も消え去って追加投資となった。まずまず回りが安定してきたので、迷わず打っていると、200、300、400そして500回転も超えた。確率分母の3倍ラインのはまりは極めて日常的に起きうること。一日打てば来ないほうがおかしいくらい。4倍も普通にありうるし、5倍、6倍だって不思議なことは何もない。はまりが嫌ならば打たないことしか選択肢はないのがパチンコというもの。

しかし、心配するほどでもなく、500回転を超えたところで、疑似連と赤文字から最強の「チヨコレイトリーチ」になった。なんで「チヨコレイト」なんだ? よく分からないことも多い演出だけど、ともかく当たった。これがようやく待望の連チャン。16Rが3つと4Rが3つというまずまずの結果。

その後は連チャンしないものの、早めの初当たりが数回。そして4連チャンが来たところで、はっきりとプラスラインに成長した。14,000個ほどはあるだろう。目標日当とするところまでは到達している。しかし、今月はまだガミ(マイナス収支)であるということもあり、いつ打てるか分からないので打てる時は打とうか。


■最後は

そして確率ラインで4R×2回で勢いは止まった。何より誤魔化し続けていた回りが低迷する時間が増えてきた。ダラダラと460回転まで回したが、このまま打ち続けてもあかん感じ。迷ったら止める……というのも実は家でまだやるべきことが待っているのだ。

突っ込んでマイナスでお帰りにも意味はあるが、時間がもったいない気がする回りとなっている。止めることも一つの選択肢。さあ、帰ろう。幸い残った玉を見れば少しはプラスだ。何も打てなくてお帰りよりは、良かったと思う。

それにしても厳しい状況がまだまだ続きそうだ。この店で遊べなくなったら……。そろそろ先のことも考えておかないといけないのだ。とはいいつつも、最後までしがみつくジグマタイプの自分。果たして今後どうなるのか。

まあもいいや「迷わず行けよ、行けば分かるさ by アントニオ猪木」この言葉をいつもこんな時には思い出す。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る