コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRルパン三世 World is mine 不二子99.9Ver』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRルパン三世 World is mine 不二子99.9Ver
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 1000円
総回転数 4155回
大当たり回数 74回
確変回数 16回
総出玉数 20313個
換金額 50500円
収支 49500円

久しぶりに序盤から楽な展開!

そんなわけで、今日を信じているからこそ、あてもないのに遠い所までのこのことやって来られる。店に入れば意外や意外、打てそうな台がけっこうある。さては、3連休でそうとうぶっこ抜いたのだろう。少しでも開けば打ちたいのがこれ、『CRルパン三世 World is maine不二子99.9Ver』。その後、スルーが多少は改善された。お客は玉を失い、店は信用というものを失う。そして失った信用はなかなか取り戻せないのが世の常である。信頼ではなくあくまでも信用なのだ。お客はお店なんて信頼はしていないのだから尚更のこと。

ヘソだけ見ればかなりの回りを期待できそうだが、まあせいぜい1000円24回ぐらいが関の山だろう。ひょっとすると23にも満たないかもしれない。ステージしだいということだが、果たしてこの台はどうなんだろうか。早速打ち始めると、まずまずの手応え。ステージは決して良くはないが、この間打った台が良過ぎるくらいなので普通はこんなものだろう。1000円で25回を軽く突き抜けるような勢い。その22回転目、6連サーチライトが赤く点灯した。更に2連サーチライトまでもが白だけど、いい音で点灯した。「次元VS装甲車」のタイトルも金に変わって、早々と当った。

肝心なのはここから。そうそうSTでは連チャンはしないが、一度でも当たれば100回転の時短が付くのでドキドキの瞬間だ。その2回転目、タイプライターが出た。なんともあっさりと当たりを引いてきた。「999」は6Rだ。更に1回転目には「キュイーン」と鳴って当たった。STの当たりはここまでだったが、時短に入るとよくもまあ簡単に当たるもんだと感心するほど当たった。65、43、25、47、41と五つも続けざまに当たった。これで7連チャン。次はST7回転目に当たり、更に連チャンを伸ばして12連チャンとなった。前作のような出玉感がもうちょっとあってもなと思うのは贅沢かな。

次に当たったのは234回転目。とはいっても100回の時短の後だから、まあまあ早い当たりといってもいいだろう。タイプライターが出て、これまた「次元VS装甲車」で当たった。そして今度もまた簡単にSTでモノになった。5回転目、弾丸レンズが光っての大当たり。またまた連チャン。今度は9連チャン。更に時短が終わった直後のことだった。「ビックライトチャレンジ」で大当たり。104回転目だから、保留玉ということか。ここから更に連チャンを伸ばし6連チャン。15連チャンみたいなもの。出玉はそれでもやっとこさ、12000個ほど。

204回転目は久しぶりの単発だった。こんなのがしょっぱなから来るとけっこう痛手。そう思った矢先の42回転目、6連サーチライトが赤く光った。ロング演出(疑似連)の始まり。1回、2回、サードロングまで行ったぞ。ここからどんな演出になるのかお楽しみ。と思ったら更に4回まで続いてしまった。そして掛かったリーチは当然のように全回転リーチだった。「7」が止まって、ラウンドも15Rが出た。必然的に100回の電サポが付く。STでは何も起きず、今回ばかりは時短もスルーかと思った84回転目、弾丸レンズが光り輝いた。ここからまたSTと時短で交互に当たって、その数なんと14回。なんだか今日は大変なことになりそうだ。いや、もうなっているのかな(笑)。


やっぱりどこかで捕まってしまう……

この後もよく当たること。105回転目はまた保留玉か。大きな連チャンはなかったが100回転ちょっとでぽこぽこと当たった。夕方には20,000個ほどの出玉になった。久しぶりに楽勝ムードかた思っていたら、ピタリと当たりが止まってしまった。時短で当たり過ぎたかのように帳尻合わせがやってきた。

300、400、500も超えてしまったではないか。521回転目、ジェット機が赤くなって飛んで行った。さっきはゴールドだったが外れたので大したことにはならないだろうと思っていたら、違った。バケツの中から平和のオリジナルキャラ、「玉ちゃん」が出現。もちろん大当たり。15Rかなと思いきや、ただの当たりだった。散々連チャンしてきた癖にこの期に及んで単発とは恐れ入った。持ち玉を大きく減らしてしまった。回りのほうも打ち初めよりは随分と落ちて24回ぐらいを行ったり来たり。

嵌りから抜けた後は、また元の状態に戻った。139回転目、ロング演出がサードまで続いた。2連サーチライトも赤く光った。「次元VSスネーク」がモノになる。しかし肝心の連チャンがない。64回転目には今日初めて右図柄に「ワールドイズマイン」図柄が止まり突確をゲット。100回転の電サポが付いた。27回転目、保留に不二子の強いパターンに変わった。タイプライターも出たぞ。てっきりもらったと思ったら、外れだって。結局時短はスルーしてしまった。更にまた次の当たりも単発だった。

ここが踏ん張りどころ。今日はきっちり閉店近くまで打ちたい。87回転目、「次元警戒ゾーン」突入。タイプライターも出た。「オープニング」リーチがロングになり当たった。そして久しぶりの連チャンがやってきた。ST最終最後の8回転目、連打もせずにぼうっと見ていると、一旦外れた後に役物が落下して当たった。7連チャンまで伸び、出玉も18500個ほどまで回復。あともう少しだ。

最終最後に、これまで一度も目にすることがなかった「トラ柄」演出がここへきて、続けて出た。締めは6連チャンで、夕方あった出玉に今まさに追いついた瞬間だった。時短が終わり時計を見ると、閉店15分前だった。

パチンコ台に釘というものがある限り、いつかきっと開くことを信じて、明日も生きるのだ……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る