コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR恋姫無双 ST4』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR恋姫無双 ST4
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 9500円
総回転数 ***回
大当たり回数 51回
確変回数 51回
総出玉数 14994個
換金額 59976円
収支 50476円

■甘でしのぐ

I店(等価)に着くと、先客が数人。およそ、『AKB』狙いだろう。けっこう荒い機種だが、一撃の瞬発力があるから、まずまず人気がある。冬月は今のところは、積極的には打っていない。もう少し釘があくまでは打たないだろう。

入店して釘を見ると、いつものコーナーにアケはなし。ここの所の傾向のまま。「ああ、今日もダメか……」しかし、ザックリと回遊していくと、なんとかなるか?の台が甘デジに数台あった。

ひとつは、先日大勝ちをした『元禄義人伝浪漫』もうひとつは、『ヤマト波動砲』そして『恋姫無双・甘』。『浪漫』はそれでもやはりヘソが小さい上に、ワープ入口がややシメとなっている。『ヤマト』は7個戻しなので、辛めのスペック。かなり回らないと勝負にならない子。しばし、迷うが後学のために、『浪漫』を少し打ってみた。やはりこんなものか。すぐに『ヤマト』に移動する。こちらは打ち始め当初はなかなかの回りっぷり。1000円40回転は超えそうだ。

そして、すぐに赤エフェクトと擬似連がからんで、コスモパルサーから大当りとなった。しかし、当然のごとくST連チャンはナシ。そんなに甘くはない。アタッカーの拾いも今ひとつで、出玉はすぐになくなった。改めて現金投資していくと、当初の勢いはなくなってきた。元々ちゃんとアケているわけではないので、これ以上の深入りは無用。

最後の一つ!となった『恋姫』。後回しにした理由は、過去の経験から。この店ではアケてもあまり回らない印象がある。ともかく寄り悪の感じ。とはいえ。今日のところI店で遊ぶとすれば、もはやこの子しかいないと思う。ストロークやなんやらの小技を改めて試してみるべく着席した。

マジマジと寄りやヘソ周辺を見て行くと、かつて打った時とわずかな変化がある(気がする)。まあ、いいや慎重に打ち出していくと、望外の回り。まずまず打てるのではなかろうか。結局、この台が今まで空き台になっていたこと自体がラッキーだった。

そして、初当たりのその時がやってきた。朝から総投資7000円目で、疑似連からのストーリーリーチがものになった。しかし、単発で連チャンはなかったこともあり、またもや追加投資。でも、続けて打てるだろうという予感が漂う。そして2500円を追加したところで、玉は出ないが電チューサポート付きのSTモードに入った。

これが幸いにも、STばかりで7連チャンしてくれた。当たる時はあっけないもの。そして玉ナシSTだけの当たりと単発をひいたところで、早い当たりから3連チャンがやってきた。ここに至ってようやく5000個程度の玉となった。ヤレヤレ……。

しかし、雲行きはまたもや怪しくなり確率分母の3倍オーバーまで連れて行かれた。残りわずかな玉のところで大当たり。これが時短とからめて8連チャンしてくれて現状復帰。そして普通に打てば玉は減る電チューサポートゾーンだが、だいぶ上手くなってきた打ち方で玉を増やせる。(本来はあまりやりたくないが、背に腹は変えられないから仕方ない)


■無常だけど

結局、この後はど連チャンもないが、どはまりもなく、コツコツと当たりと小さな連チャンが積み重なっていき、夜には15000個ほどの玉に成長してくれたではないか。やれば出来る子!(笑)

しかし、今晩は8時までには帰らないといけない野暮用があるので、きりのいいところで止めとした。この世は常ならずで、それゆえ切ないことも少なくないが、それはまた裏を返せば、新しいこととの出会いでもあるから、いいとすべし。

朝から降っていた雨で大地が濡れている。駐車場のライトに照らされて反射したアスファルトがきれいだった。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る