コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPL』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRリング 呪いの7日間FPL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 20000円
総回転数 3198回
大当たり回数 20回
確変回数 7回
総出玉数 1814個
換金額 4500円
収支 -15500円

いつも幸先はいいのだが……

さて、いつものように店内を物色(笑)。でもなんかこういつもと違う自分がいたりして(笑)。
お気に入りの『CRルパン三世 World is mine不二子99.9Ver』が開けになっていたので迷わず確保。他にもぼちぼち打てそうな台がある。『CRリング呪いの7日間』のミドルなんかもいけそうだが、まあとにかくこれでもかってぐらいに相性が悪い。何度打ったかは数えてないが、間違いなく勝率は、きっと来季は契約を結ばないであろうジャイアンツの某カー並み。ホントに勝てない。それなりにまともな台を打ってるんだけど結果が出ない。なので、ちらっと釘だけ見て、やめておいた。

早速『ルパン』を打ち始めてみたものの、最初こそ1000円26回の回りがあったが、その後は一向に上がることもなく5000円まで我慢してみたが駄目だった。どうもこの中じゃ一番ステージが悪い感じ。残念だけど仕方がない。他にも候補はあったが、既に空きはなく『CRリング』だけが、待ってましたと言わんばかりに手付かずの状態だった。ならば付き合ってみるか。相性は悪いものの、演出は嫌いじゃない。小当たりさえなければよく出来た台だと思う。『ルパン』もそうだが、当たりかたが特に素敵。『ルパン』は別格だけど。

打ち始めると、こっちもまた中途半端な回り。とはいえ、この台は何度も打っているのでその内に回りは上がってくるはず。5000円で112回転は普通ならばぶん投げてしまっているだろう。更に5000円が入った。早くも15000円のビハインド。勝つのはなかなか容易じゃないが、金が入るのはあっという間。

結局向こうとこっちでぴったり20000円の投資でようやく当たりそうな演出がやってきた。赤い文字で「プルプル」っときた後に「呪いの手」役物が落下し「貞子終焉」リーチへと発展した。「貞」の文字も金だから大丈夫だろう。365回転目、無事当たったのであった。5Rの「222」。STに入ると、30回転目には金のエフェクトから「呪いの刻印」で10Rをゲット。2回転目には早くも巻き戻し演出から16Rを期待するもただの突確だった。それでもここから驚異の16Rラッシュが続いた。その数5回。全部で7連チャン。今日はいけるか?

しかしまだまだこんな程度じゃ安心できない。確かこの間打った時も前半に連チャンし、12000個の玉を持ったのだが、終わってみれば全飲まれという結果。132回転目、赤い文字で「ジリジリ」と画面が染まる。「幼少貞子」リーチからなんと突確をゲットしたぞ。やはり今日はいけそうな気がしてきたかも(笑)。

ヘソで回した61回転目、突如役物が落下。片手だけど。「幼少貞子」リーチが発展はしたけれど、カットインは青でもなく黒っぽい感じの色は一番信頼度が低いのか? てっきり駄目だろうと思っていたがモノになった。今度もまた「222」は5Rからの始まり。早いのがきた。僅か5回転目だった。「3」図柄が画面下からせり上がってきた。2連チャンで終わったものの出玉は13500個ほどになった。

次が肝心。この間の展開がちらりと頭を駆け巡った。また失速かと思われた486回転目のことだった。何の前ぶれもなく画面に「ラッキーパト」が出現。軽くポチッと押してみると「キュイーン、キュイーン」とけたたましく鳴った。ん〜、3連チャンしたものの16Rは無し。ちょいと持ち玉を減らしてしまった。


やっぱりこうなるのか……

297回転目、今日初めて見る赤い保留に思わず打つ手が止まった。一日限定一回ぐらいの頻度は大チャンスといってもいいだろう。苦手機種とはいえ、甘もミドルも外した経験は無し。期待して見つめていると、その割には強い演出もない。疑似連も一回だけ。なんと掛かったリーチはノーマルリーチだった。これって、鉄板か!? びっくり仰天、まさかの外れとは。暫し茫然となる。今日もやっぱり終わったかも、の予感。

しかし、すぐにチャンスはやってきた。329回転目、「貞子覚醒」リーチからデンジャー柄のタイトルが出た。掛け軸の色も金だった。うぅ、痛い。これも外してしまうのね。さらにこの後も「黒猫群」が出て、同じリーチになるものの、これもまた外れ。段々、くら〜い気持ちになってくるのは、いつもの事。『地獄少女』然り、嵌るほどにこうべが垂れる。

403回転目、疑似連が二回。再びデンジャー柄が出現。今度は役物も落下した。同じリーチの赤いタイトルで、掛け軸の色は金。さらにカットインではデカボタンからこれまた金。さすがにこれは外さない自信はあるが、さあどうなんだろうか。果たして5Rの「444」が揃ったのだった。しかしながら連チャンは僅かに2連チャン止まり。

久しぶりに早いのがやってきた。177回転目だった。青の保留から当たりそうもない演出で、「黒猫群」だけが唯一、心のよりどころ。おっと、後半に役物が落下し、ぐっと信頼度が上がって当たったのはいいが、単発に泣く。

やはりというか、とうとう恐れていた展開が待っていた。あれほど、頻繁に強い予告が出ていたというのに、突如さっぱりと出なくなってしまった。案の上嵌ってしまったのだ。もう少しデジタルの消化が速ければどうってことない嵌りも、近頃の台はえらくしんどく思えてならない。887回転目、金のエフェクトから「貞子終焉」リーチがモノになった。持ち玉も底を突きかけたところだったので、ここはひとつ長い連チャンというものが欲しい。

まずは33回転目、デジャブパニックから「333」。次は早かった。当たりではなく、あっという間に70回転のSTを駆け抜けてしまった。僅か2連チャンに沈む。こうなるともう気持ちは、早くお家に帰りたい。じゃぶじゃぶと上皿に玉を放り込んでいくと、時間的にもいよいよお帰りという場面がやってきた。ホントに楽になりたい。しかしというか悪運強しとでもいうのか、その390回転目、疑似連が二回続き「貞子終焉」リーチへと発展してしまったのだ。どうせ、冷やかしだろうと思っていると、レインボーのエフェクトなんか出たりして、まさかの大当たり。

これをどう表現したらいいのだろうか。この期に及んでというか、いっそ飲まれたほうが精神的にも楽だったと思う。最後の最後で単発とは、予想もしなかったこと。STが終わると、一発も打たずに終了したのは言うまでもない。もうしばらく顔も見たくないと、何度思ったことだろうか。

普段は休みの日にしかあまり酒を口にしないが、今日という日は家に帰って思わず缶ビールを一気飲みしてしまった。いつもに増して苦い味だった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る