コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『デジハネCR北斗の拳ユリア』他  
 

実戦データ
店舗名 関東K店他
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 デジハネCR北斗の拳ユリア
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 28500円
総回転数 ***
大当たり回数 23回
確変回数 7回
総出玉数 5394個
換金額 13000円
収支 -15500円

開くには開いたのだが……

そんな訳で、今更アリにもなれないし、キリギリスにも戻れないので今日という日をただただ踏ん張るしかないのだ。夜はへこたれても、とりあえず朝を迎えると不思議なことに、またふつふつと元気が湧いてくる。すっきりと晴れた気持ちのいい朝。いつものように店へとひた走る。

昨日新台として入った、少し前の機種『大わんわんパラダイス』の釘が開いた。触ってみる価値ありだろう。ステージの感触も悪くはない。けっこう好きな台なので一日粘る覚悟で座ってみた。どうもストロークが悪いのか、回りが宜しくない。1,000円22回がやっとといった感じ。でもデジタルの消化が速いのは何よりの強み。『AKB48』ももうちょっと速ければやれるんだがなあと思う。ホント遅すぎだから。

10,000円を使って234回転は微妙なところ。玉は増えないだろうが、アタッカーはそこそこねじ込むことができるだろうから、続行か。他に打つ台もないのだから、この店でやりくりするならばここは引けないところ。更に10,000円を入れてみたがちっとも当たらない。保留が二度ばかり点滅し、「お!」と思ったものの、スーパーに発展しただけで当たらなかった。結局23,500円と中途半端なところでぶん投げてしまった。30,000円入れる根性がないということ。

急ぐでもなく店を後にした。次に向かったのはここから車で小一時間ばかり走ったお店。実をいえば昨日の夜、下見がてら覗いたら意外にも打てそうな台があった。ならば朝から来ればいいのにと思うだろうが、順番というものがある。釘を見れば昨日のままの台が殆どだった。やれるかどうかは分からないが、見た目のヘソは合格。中でも気になったのが『CRリング呪いの7日間』のライトミドル。ここはほぼ全台が開けとなっているのとお客が誰もいないのでひとまず後回し。その前に打ったのが羽根物。こっちでなんとかなるのならば堅い機種なので迷わず打つべし。

しかし、なんともならなかった。3,000円ばかり入れて『リング』の島へ。僅か10回転目のことだった。ヘソに入った瞬間にデンジャー柄が出現。誰もいない島で思わず「うわ!」っと小さな声を上げてしまった。普段はテンパイにもならない「運命の7日間演出」のテロップにもデンジャー柄が出現。これってテンパイすれば「貞子終焉」リーチに発展するんだったっけ?

果たして、そのリーチへと発展し当たった。当たってくれなきゃ困るってもの。とはいえ保ゼロの状態からだったので一抹の不安はあった。「444」が「555」へ昇格し10Rの出玉をゲット。アタッカーもなかなかのもの。問題はST。1/70を70回転で仕留めるなんてけっこうしんどい話。ここはひとつリーチがいっぱい掛かって当たらずとも玉増やしに精を出したいところ。ところがさすがは1/70だけあってリーチすらかからずスルーしてしまった。この玉で凌げるだろうか。

朝、1/199でやられた後の罪滅ぼしか、またまた早い一発がきた。僅か93回転目、突如画面に「ラッキーパト」が出現。まさかと思いながらもプッシュすると「キュイーン、キュイーン」と鳴ったじゃないか。これも「555」の10Rだった。そして当然のようにSTはスルー。『銭形』といい、はなから当たる気がしないというやつ。せめて1/60ぐらいにして欲しかったな。

しかし、当たりだけは早い。STはスルーするくせに、なんで通常時がこうも簡単に当たってしまうのだろうか。これまた僅か92回転目だった。小当たり演出かと思いきや2Rランプがピカリと光った。電チューではあっという間にスルーしてしまうものの、ヘソだとじりじりと追い込まれていく感があってけっこう好きかも(笑)。

その21回転目、疑似連が二回続いた。金色で「貞」の文字も出たぞ。金のタイトル文字の「怨念」リーチが発展し、カットインも金だった。そしてこれがモノになった。何故か今回も揃った図柄は「555」。ST中に三回ほどリーチがかかるも、どれも弱い演出ばかりで当たることは叶わなかった。そしてカウントダウンが6、5、4と始まってしまった。甘ならば最後まで諦めずに期待するが、ちょっと無理でしょ。と思った69回転目、まさかの役物落下で大当たり。今日一番痺れた瞬間だった。しかし図柄は「444」の5Rだった。でも連チャンすることに意義があるか。次はなかったが……。


やらかしてしまった……

それでもなんだかいけそうに気がしてきたぞ。149回転目、青の保留ながら赤い紙が出てきた。疑似連が二回。さっきと同じ金色で「貞」の文字が出てぐっと熱くなってきた。しかし「新聞」リーチが発展する様子もなく「あれ?」と思っているとそのまま当たってしまった。そして今度も何故だか「555」の図柄。

STでは当たらなかったものの、終わった後の電チュー消化でリーチが掛かった。鉄板なのか?疑似連が二回続いたあとに役物が落下した。「井戸」リーチのタイトルがデンジャー柄だった。当然のように当たった。今度は「444」の図柄。「4」と「5」図柄しかないのだろうか(笑)。14回転目、初めて違う図柄が当たる。「111」。しかしこれもまた昇格もなく10Rの出玉。16Rは確か50%だったような記憶があるが、気のせいか。2連チャンで終了。

しかしまあよく当たること。小当たり演出も殆どないしまずまず快適なのだ。178回転目には金のエフェクトが出現し、「貞子終焉」リーチへと発展。貰ったかと思っていたら外れてしまった。そしてこれを境に回りも当たりも坂を転げ落ちるように急降下してしまうとは。回りなんて今じゃ20回を切るようなあり様だ。とはいって、こんな中途半端はところで止められるわけもなし。ずるずると、逃れられないまま600回手前のところで持ち玉が尽きてしまった。

さあお家へ帰ろう。そう思ったところだったが、ここへきてまだ釘を見てない台を思い出してしまった。昨日釘を見た時点では、『リング』が駄目ならばこれを打てばなんとかなるなと思った台『デジハネCR北斗の拳ユリア』がそれ。今さらだけど、悪あがきついでにもう一勝負。これが僅か1,000円で突確をゲット。ST5回転目でなんとか当たりを一つ貰った。

当然、飲まれるかと思いきや、96回転目に再び突確が当たった。けれど今度は敢え無くスルーしてしまった。ところが僅か1回転目、カットイン予告が入って「五車星」リーチで当たってしまうとは。2連チャンの後も100回転以内でぽこぽこと当たるものの全て単発だった。今日は連チャンというものはないのか。

少ない持ち玉もいよいよとなったその時、突バトル演出へと発展。突確以上が確定のもの。これが見事にケンシロウが勝利し、当たった。そしてここからまさかのラッシュが待っていようとは。STで5連チャン、更には時短に入ると突確をゲット。その突確を二度挟んだ後に7連チャン。全部で12連チャンの快挙。ここは時短が終わって、一発も打たずに引き。僅かながらでも取り戻したことに気を良くして店を出た。

何度も書くが、明日という日を信じて生きるのだ!


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る