コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』他  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこAKB48
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 25000円
総回転数 ***回
大当たり回数 ***回
確変回数 ***回
総出玉数 5450個
換金額 21800円
収支 -3200円

■ハードル下げて

とくにアテもない朝。I店に着くと先客が10数人ほど。顔見知りの気の良い兄ちゃんやコワモテの兄さんたちが並んでいる。コワモテ兄さんは立派なタトゥーを両腕に入れている。おそるおそるタトゥーについて聞いてみると、見かけとは裏腹に気さくな返答が返ってきた。「それほど痛くもないし、値段も高くないですよ〜」と言う。「でも大阪で公務員はできないねえ。」とチャチャを入れると「日本だけなんですよね、そういう考え方」と返ってきた。なるほど彼なりのポリシーでやっているんだなと感心感心。

さて、開店時刻となった。今日はどうだろうか。入れ替えなどのカレンダーからいけばほとんど期待はできない曜日。でもこの日しか打てないのだから仕方がない。心の中でぶつぶつ言いながら、店内に進む。

やはりというべき感じ。一発も打たないで退散したほうが良さそうか。それでも無理しても打つべきか。今日の所は気分的に無理しても打ちたい。だからいつも低めのハードルをまた一段下げよう。

とすると、なんだろう。まずは先日入荷された『春一番・甘』を触ってみる。玉の流れは悪くないが、1000円で15回転はないだろう。4個戻しでこれだからなあ。次に『浪漫・甘』。座るとすぐに潜伏当たりとなって、そこから3回当たった。1000個にも満たない玉はすぐに消滅。回りが足りない!

次は『地獄少女・甘』でいつも打つ台とは違う子。これもまたすぐに当たって、連チャンしてくれたが、所詮これまた回り足りず。足りずでもいいけど、玉減りの防ぎようがない。手元の玉が無くなったところでアウト。うーむ、どうしようか? 今日のところ甘デジに脈はない。

というわけで、その後はミドルコーナーを彷徨い歩くことに。リングだの、星矢だのを打ち回って、気づくともなく負債はふくれるばかり。でも今日はいいや、勉強のばらまきとしよう。ともかく色々打ってみることに。そして見るべき成果もなく、時間だけが過ぎる。

さあ、どうしようか。その時、ほぼ満席だった『AKB48』に空き台ができた。朝は釘を見ることもちゃんとしなかったので、マジマジと見ているとなんとかなりそうな気もする。いつぞや見た時よりも、ヘソが写真判定程度だが、アケになっている。この程度ではたいしたことはないと思うが、京楽系はとにかく回らないこの店において『AKB』だけは、まあまあなのだ。

打ち出していくと、1000円21個くらいのペース。出玉関係は良くないが、まあ打てるのではなかろうか。投資が全部で2万円くらいのところで「じゃんけん大会」で誰かが勝利して当たった。でも当然のごとく単発。

それでもめげずに打ち続けていると、「重力シンパシー」じゃなくてなんとかという曲のライブ公演演奏中にリーチになったようだ。液晶の中のサブデジタルが延々と回っている。でもライブ中だからなんの予告やらリーチやらさっぱり分からない。でもそもそもライブ中でなくてもさっぱり分からないのだから、どっちでもいいや。

ともかく、「222」だか何かが揃って大当たりとなった。そして単発はお約束。その玉も飲まれ買い足ししたり、電話に出たり、メールを書いたり、FACEBOOKを見たりしてるとまた1時間が経ってライブ公演。そしてまたその最中のリーチで当たり。そしてこれもまた単発。かれこれ初当たりは10数回あるけど、今だに「ミュージックラッシュ」突入は一回だけ(しかもワンセット)。

この玉も無くなり、回りも今ひとつの感になったところで席を立つ。今日は何をやっても脈がなさそう。朝からハードルを下げて無理してもいいという「決意」だったが、それにも限度というものがあるだろう。でもよくよく考えたらもう少しで確率ラインか。このまま帰るのも何か中途半端な気がする。ではキリよくそこまで回したら止めよう。と再び舞い戻るとすぐにあり得ないことが起きた。

「プププ」と風が吹いてきた。ハンドルからのエアバイブ。おおっ! 当たりだ。リーチは「???」もともと興味がないので、覚えてもいない。(ファンの人には申し訳ない、ごめんなさい。)それがようやく四度目の正直で「ミュージックラッシュ」突入となった。


■こまった人たち

そして3回ばかり続いて5000個ちょいの玉になったところで、一矢報いたことに満足して止めとする。このまま打ち続けていくほどのものでもなかろう。ほんの気まぐれでいただいた玉は、またほんの気まぐれで無くなるに違いない。

スラリとしたCATさんに「さようなら、またね」みたいな黙礼をしてから、店を出る。車から流れるニュースは、Mというへんてこりんな方の話で持ちきり。「真性・こまったちゃん」ですね、この人は。学力(学歴)と人格は、ほんとに結びつかないこと多きものですわ。(原発や新自由主義を推進してきた学者さんたちしかり)

ため息まじりで、家路へと。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る