> > 『CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 芸術の秋である。とかそんなことは関係なく、最近は時間をやりくりして、映画やLIVEに行っている。なんか惹かれるものが多い昨今。日曜日は、ドリカムのLIVEウラワン(昨年4年に一回のワンダーランドというイベントを行なったので、その裏側という意味)に行って来た。

よく知られているヒット曲ではなく、知られざる名曲をメインにするというコンセプト。これから全国ツアーが展開されるから、ネタバレ禁止なので内容は書けないけど。まあ、とにかく良かった。ドリカムと言えば、ポップなサウンドというイメージが強いが、上質な「大人」の音楽にどんどん進化していると思う。

感動したということだけは書いてもいいだろう。そしてツアー途中に福島などで限定LIVEを行なったり、最後のコンサート会場が宮城だったりするところが、なんともドリらしい。(あの3.11を意識していることは言うまでもない)あらためて、「No Music No Life」。

さて、平日は頑張ってパチンコを打たねばと思う。遊んでばかりはいられない。今日はカレンダー的にはなんとかなる予感がする。よって少しばかり早めに家を出た。着いたら先頭だった。でも時間は大事。さっそく歌詞の暗記を始める。あーそれにしても何度やってもすぐに忘れてしまう。ニワトリカオレハ。

と自分を殴りたくなっていると、リュウジくんがやってきた。今日は友だちのガテンくんと一緒だ。三人でくだらないことや、そうでもないことをしゃべっているうちに時間が来た。結構な並びで、ご同業もたくさんいる模様。さっさと釘を見ていかないと「失敗」する可能性も低くない。

どこをどういう風に回るか? なんとなく頭の中に計画をたてていざ入店。走るのは余りにみっともない。しかしのんびりと歩くというわけにもいかない。勢い、早足ということになる。まず甘デジのコーナーから。候補にしている機種がある。それは、『元禄義人伝・甘』。そしてここからとんでもないラッキーが待ってた。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る