コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 ぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
4000円924R通常ウルトラダークキラーバトル
20+555タロウ保留・ウルトラマンシルエット・次回予告・変身ギミックゾフィー参戦SP
217赤保留・チャンスアップ・小・ガードVSヒッポリト星人
817ウルトラロゴ・変身ギミックVSバードン
277青保留・チャンスアップ・大・ガードVSメフィラス
547赤エフェクト・PフラッシュVSメトロン星人
1突確青エフェクトVSテンペラ―星人
424赤エフェクト・チャンスアップ・大・ガードVSテンペラ―星人
297PフラッシュVSベムスター
107通常攻撃受けるVSダダ
20+836突確暗黒カウントダウン
364R確変ウルトラダークキラーバトル
13攻撃受けるVSバルタン星人
51通常赤エフェクト・大・ガードVSダダ
20+3974R通常チャンスルーレットウルトラダークキラーバトル
88終了
総投資額 4000円
総回転数 1978回
大当たり回数 15回
確変回数 2回
総出玉数 0
換金額 0
収支 -4000円

やっぱり今日も早かった!

しかし今日はイベントだったのでいつも通りに店に着いた。週末ということもあり、まずまず人も多い。『AKB48』の人混みをかき分けて、ここのところまたお世話になっている『ぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟』のコーナーへ。本日は残念ながら大きな開けはなし。それでも二台ばかり打てそうな台があったのでひとまずキープ。普段ならばちらっと見ただけで次へと向かうところだが、近頃はこれ以上のものがない。羽根デジにいたっては殆ど開けなくなった。ゆえに釘を見る作業も早い。あっという間に終わってしまうのだ。もっとも、あれやこれやと迷うよりもこっちのほうが楽。

結局は『タロウ』以外に食指の動く台はなかった。最近では随分と長きに渡って打っている台といえよう。相性は初当たりに関してだけ言えば、すこぶるいい。以前、こてんぱんにやられた『戦国無双』のかたき討ちだとばかりに打ち始めたが、もう十分かたきを討ったといえよう。いくらなんでもそろそろ帳尻合わせが来ても不思議じゃない。とはいえ、連チャンのほうはお寒い状況ではある。とてもとても80%の継続率とは思えない引きの弱さ。

さて今日はいかにと打ち始めると、回りのほうはまずまず。思えばこの台は初めて打つような気がするぞ。確か以前あった場所でも打った記憶がない。ステージも意外なほど決まる。そうこう考えている内にやっぱり今日も早い当たりがやってきた。4000円の投資で当たったのは「ウルトラダークキラーバトル」からの4R通常だった。一番薄いところを引いてきてしまったということ。多少の玉は出るもののちっとも嬉しくない。通常なのに、なんであんな風に「変身ギミック」が派手に発動するのだろうか? と毎回のように思う。

時短もわずか20回転で終わってしまった。それでもまだツキがあるということなのだろうか。75回転目、保留が怪獣の文字に変化。これが更にタロウへと変わって少なからずドキっとしたところで、ハンドルから「ブッブッブッ」とエアーバイブの合図。人知れず心の中でガッツポーズということになる。派手なアクションを経由して「ゾフィー参戦SP」で当たった。さあここからが肝心。せめて5連チャンぐらいは欲しいところ。

まずは21回転目、保留がピンク色のような赤に変化。「ヒッポリト星人」登場。チャンスアップはあったものの肝心のカットインが小さいほう。いきなり倒されてしまった。タロウ弱し。その瞬間「キュイーン」と鳴って「ウルトラマンエース」参戦で大当たりとなった。まずは2連チャン。81回転目には「ULTRA」のロゴが現れテンパイした。ギミックも発動し、これまた16Rの大当たり。珍しく序盤から連チャンが続き7連チャンまで伸びた。

8連チャン目は赤背景から危険度も少な目の「ダダ」だったが、カットインも小さいほうで、ガードもなくそのまま倒れて負けてしまった。相変わらずバランスの悪い展開に唖然。普通、悪くても潜るだろうと思う演出も容赦なく通常とは。ホントによくできた台のようで、ちっともよくできてない。気を取り直して次に期待。


最後に奇跡が!?

その次は珍しく400回を超えた(笑)。492回転目、突如「SOSゾーン」に突入。なんだか、保留変化もなくちょっと無理矢理入った感は否めないけれど。疑似連はたったの一回。一応ギミックは発動。しかし参戦リーチへいくことはなく「VSタイラントSP」へと発展。これでも当たらないことはないが結局は最後のボタンプッシュで決まってしまう品の無さ。色々と文句は出るものの、それでも最近の中じゃ好きな台なのだ。これが案の定外れてしまった。

久しぶりに嵌りそうな予感。600、700、800と何も起こらず時間だけが過ぎていった。こうなるとこの台も時折やかましい音はなるものの演出はいたって大人しいものとなる。自分の場合、音量調整も最少まで小さくした上に耳栓もしているので、けっこう眠くなる。それでも十分聞こえるし、うるさいなと感じることのほうが多い。

856回転目だった、「暗黒カウントダウン」から小当たりかと思いきや、ラウンド表示ランプが点灯し突確をゲット。36回転目、「ダークキラーバトル」で4Rが当たった。しかし攻撃に耐えることなく敗北。よく見ればラウンドランプは7Rの表示だ。ということは潜伏しているって証しだ。終わって僅か1回転目、「バルタン星人」登場で攻撃を受けながらも勝利。16R表示もなんとも痛いヘソでの当たり。

2連チャン目は、赤いエフェクトから「ダダ」登場。チャンスアップはなかったもののカットインも大きいほうだったので安心して見ていると、これがまさかの敗北。ホントもう勘弁して欲しい。まったくどんなプログラミングをしたらこんな風になってしまうのだろうか、不思議でならない。もちろん復活もなければ潜伏もなし。いつだったか、嫌な負け方をして以来、また打つのが嫌になってきてしまった。

いよいよ持ち玉のほうも危なっかしくなってきてしまった。あそこでしっかり連チャンしていれば、日本シリーズもお店のテレビで観戦できたというのに、このままじゃ中途半端な時間に帰ることになりそうだ。417回転目、ルーレットにチャンスの文字が出た。これが「ウルトラダークキラーバトル」に発展し4R通常とは、ついてないにもほどがある。

いよいよ持ち玉も底を突きかけた時、保留がタロウに変わった。これが最後のチャンス。思わず打つ手を止めた。疑似連は二回。ギミックも発動せずなんだか頼りない。「VSバードン」は敢えなく外れ、万事休す。

なんとその帰り道、ひと頃はオレの戦績と変わらない打率の「某カー」だったが、3ランホームランを打ったようだ。どうしちゃたんだろうか。オレと同じでただついてるだけなのか……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る