> > 『ぱちんこAKB48』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 さてさて、冬の香りが漂ってきた。北のほうに住む友だちから続々と雪の便りが届いている。Facebookのリアルタイムな写真などを見ると、自ずとテンションも上がる。冬月は、冬場の週末は大体スキー場でインストラクターをしている。

今年はどんなシーズンになるか。楽しみでならない。「わざわざ寒いところに行く気持ちが知れない」という人もいるが、寒いところでないと味わえないあの雪の感触は格別なものだ。

そしてスキーというスポーツは道具と重力を活用しているため、筋力が衰えてくるシニアでも取り組みやすいという特徴がある。コントロールする技術やコツをつかめば、年々上達が感じられるという類い希なスポーツなのだ。

整地されたバーンで、速くて深いターン弧を描けば、その爽快感は何ものにも代え難い。そして荒れた不整地をコントロールして降りれば、それはそれでとても楽しい。音楽もスポーツも人が人らしく生きる上で非常に値打ちのあるものではなかろうか。

おそらくは、今までのトータルで考えるとスキーだけで、小さな家が一軒たつくらいの費用は掛かっているだろうし、それを考えるとちょっと怖いけど、でも人生は一回だけ。その人生を豊かにする投資だから、いいとするのだ。そして何より、美しい雪山で安心して遊べる日本の自然と四季に感謝している。(放射性物質でこれ以上、汚されたくないぞ)

さて、しかし霞を喰らう仙人ではない身の上。ボチボチと出かけることにしよう。今日は週明けの月曜日。期待できるようなそうでもないような。少しだけ早めに出てI店に着くといやはや寒い。元々、暑いほうが苦手で、寒さには強い?ほうだと思っているが、Tシャツに上着ひとつではちょっと寒すぎた。

ブルブル震えながら、開店を待つ。今日はリュウジくんも来ないようだ。「まっとう」な仕事をしていると思われる。大変けっこうなことだ。ブルブルしながら、暖かい缶コーヒーを飲んでいると時間になった。さて今日の店内は如何に……!?





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る