コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこAKB48
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
1650036711青保留激アツヘビーローテーションノーマル
295006859ライブ公演中〜擬似3全員集合
53じゃんけんボーナス青保留じゃんけん大会
8レギュラー
3レギュラー
2ビック
7レギュラー
4レギュラー
12ビック
1ビック超絶カワイイ
2ビックピーフラ
3ビック
10レギュラー
768青保留超絶三角関係
186
総投資額 46000円
総回転数 1419回
大当たり回数 14回
確変回数 ***
総出玉数 12816個
換金額 51264円
収支 5264円

■この子しかいないか

ここのところ、まったくと言っていいほどアケなくなったI店。入れ替えや何かを控えていると必ずこうなる。それはそれで分かりやすいからいいのだけど、少々極端すぎる傾向が気になる。とはいえ、近隣においてこの店ほどアケシメをする店は見あたらないので、文句を言うのも早計か。

ざっくりと店内を見て行くも、やはり厳しい。打てるとするとなんだろう。甘もマックスも厳しいと言わざるをえない。うーん……放浪を続けていくとライトミドルの皮を被ったハイスペック機種『ぱちんこAKB48』のとある一台がかすかにアケ。まあ以前と比べれば明らかにヘソに変化がある。変化があったという事実でとりあえずバンダナを置いた。

もう一度ウロウロして店内をくまなく見てみるが、やはり打てるとするとこの子しかいない気がする。一度も触ったことがない台なので、ステージその他の状態は分からないが、それは仕方ない。大きな店の宿命でもある。かつて通っていた小規模店だとほとんどすべての台のデキが分かったものだが。

さて、打ち出すとのっけはウェルカムの回り。1000円23個くらいで推移。でもそんなに回る釘ではないのは外見から分かる。やはり徐々に落ちてくる。でも今日に限っては他に打てそうな子はいない。だから黙って座るのだ。

何も起きずに、確率ラインは過ぎる。隣にひょいと座ったご年配の方は、速攻で「ミュージックラッシュ」に突入して、爆連をかましている。一方冬月の台は沈黙を保ったまま。しかし、300回転辺りで大チャンスが到来。

保留が赤いオタクくんに変化して、そのまま「LIVEゾーン」に突入。ジャージャーとかサイバーとかまったく理解不可能な応援を受けて、AKBフラッシュも発動して、赤タイトルの赤文字のスーパーリーチに発展。でも何か分からないけど何かが足りない気がする。やはり、あっさりとハズレですとさ。

うーん、ありがちだわ。その後はまた静かな状態(とは言っても、通常時からなんだか常に演出は賑やか過ぎる)が続く。そしてその時はやってきた。保留が赤ではなく青いオタクくんに変化。なんだ青かと思いきや、Tシャツに「激熱」の文字がはっついている。前は赤にこれでもハズレたからたいした期待もせずに推移を見守ると、フラッシュも発動せずに「ヘビーローテーション」のアニメリーチに移行した。

よそ見をしていたら、パキーンと音がした。画面を見たらそのまま大当たりとなっていた。ふーん、いわゆるアレか。強予告に弱リーチという京楽の鬼アツ法則が生きていたわけか。なるほどね。揃った数字は「11」。赤い数字だからRUSHに入るかと思いきや、そう単純ではないのがこの機種の特徴。ほれ、やっぱ単発なり。

そして2回目の当たりは遠い。200、300、400回転を超えてもウンともすんとも言わない。500回転、600回転も超えてきた。2.5円の店で打っていた頃ならばいざ知らず、等価の回りだと投資が速い。もうすでに福沢さんが4人は空に上っている。どうなるものかなあ。回りはたいしたことなくなってきているし、さてさてと思っていた時にミュージック公演が始まった。なんちゃら三角関係(ステキな三角関係だと思うが定かではない)とかいう楽曲。その時にミニ液晶で疑似連が3回起きた(と思う)そして全員集合SPSPという文字が出て、しばらくすると大当たりになっていた。

詳しい演出は不明。これが685回転と700回転の手前だった。まあ1/199でもこのくらいは日常茶飯事だ。嘆くほどのことでもあるまい。しかし、これまた単発。今日は(今日も)またダメな日なのだろう。惰性で打ち込んでいると、玉があるうちに保留が青から「じゃんけん大会」に。どうせ当たらないだろうと思っていたらじゃんけん勝利ですと。ほんとよう分からんな。


■結局は

そしてこれもまたどうせ単発だろう? と思っていたら、最後の最後にフラッシュが発動して「ミュージックラッシュ」に入ってくれた。やはりよく分からんという他なし。これが8回転であっという間に揃うも単発かと思いきや、最後にまた昇格。

そんな感じでビッグとレギュラーボーナスを取り混ぜて、11回も続いてくれた。あれま一撃でプラスラインにいったじゃないか。(だからライトスペックの皮を被ったハイスペック機種と言ったのだ)出玉は14000個ほどあるだろう。この時点で1万円ほどの浮きになっている。等価交換の威力と言えばそういうこと。

そしてハイライトシーンがまたやってきた。赤い保留から激アツライブゾーン、フラッシュも発動。これは何回も外れているからまたハズレかと思ったらやっぱハズレ。しかしその直後に青い保留から、超絶カワイイがカットインして、「三角関係」のリーチに。これはリーチそのものが激アツでは? やはり大当たり。これが一伸びしてくれれば大勝ちの逆転勝利も夢ではない。

いや、夢は夢でした。単発で終了。最後まで打ちたいような回りでもなく、出玉も今イチ。よってそれから確率ライン近くまで回したところでヤメにした。大負けを喰らうところだったので、救われたということにしておこう。

玉を流せばわずかな浮き。今日のこの台の実力から言えばこんなところが相場だろう。ところでアメリカ大統領選挙の行方が気になる。帰ろ、帰ろ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る