コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 4500円
総回転数 ***回
大当たり回数 ***回
確変回数 ***回
総出玉数 13821個
換金額 55284円
収支 50784円

■固いほうを

すでに先客でリュウジくんが来ていた。「オレより早くこなきゃダメですよ」と挨拶。よもやま話をしているうちに、開店時刻が迫ってきた。いつもよりは並びは少ないが、平日らしからぬ行列ができた。今日もまた専業諸氏がたくさん来るのだろう。朝イチで失敗すると一日がふいになる可能性もある。

入店のアナウンスをする女性スタッフに軽口を飛ばしていざ入場となった。さっさと見ていくと、かなり久しぶりに『元禄義人伝』がアケになっていた。しかし以前打った時とはかなり釘の形状があちこち違う。それでもアケたという事実をもってまず押さえた。

他にも見ようと別のシマにもみ入るが、いやはや後から来た人たちがものすごいスピードでシマを回っているので、釘読みさえもままならない。みんな苦しいんだね。それにしても、キツイ状況だわ。マックスとミドルに気になる台があったので、それらから1台を押さえて逡巡する。しかし、そんな状況だから一人で複数台を抑えることは良くないだろう。

結局、結論は「固く」いくことにして、浪漫を打つことにした。アケは弱いがなんとかなるレベルだろうと思う。ともかくステージ性能とスペックに好感が持てるのだ。対戦成績もかなりいい。打ち切って負けたことはかつてない。(とは言ってもたいした回数ではない)

最初の回りはやはりかつてよりはかなり落ちる。でも許容範囲だと思う。1000円で20回転やそこらということはないはず。そして当たりは今日も早い。この子を打つといつもそうだ。他機種での帳尻を合わせてくれるよう(←オカルトです)。73回転のところで激アツ文字から「朱雀御殿」のリーチ。これが「大盤振舞」となり初当たり。

そしてここから、さほど危なげなく11連チャンしてくれた。序盤でのラッシュは精神的にとても楽だ。等価だから関係はないのだけど、それでもメンタルは大事だろう。しかし2回目の当たりは簡単ではなかった。

確率の2倍を超えてもうんともすんとも言わず。手元の玉は空になり、買い足しをすることに。ここで一息いれて、ランチタイムに。スラリとしたCATさんがこのところはチューボー担当。いつものように蕎麦をゆでて貰った。ニコリとした笑顔の感じのいいこと。

さてその笑顔の効果はさっそくやってくる(笑)。316回転で鍵箱演出から「大盤振舞」。なんとかなったのか? これが5連。そしてすぐに3回目の当たりがやってきて9連。実質14連チャンみたいな感じで一息つけた。

そしてそこからは、初当たりが確率の2倍超えが頻発するものの、なんとか連チャンもボチボチあり、玉は増えたり減ったりしながら夕方を迎える。手元には1万発程度の玉がある。もうこれで十分なのだが、今月はご多分に漏れず当たりが欠損していていまだマイナス収支。今日はまだ追う。


■もう冬かあ

そして終盤に入ると、12連チャンと11連チャンが続けて炸裂してくれた。しかもそのうち4回がSTの最終回転での当たりというミラクル。続くときはこういうことがないとダメってことか。

出玉は15000個程度まで大成長。そしてその後はとくに目立った展開もなく、閉店1時間前にて投了。下のアタッカー電チューへの合わせ打ちも多少はうまくなったので、玉が残せたと思う。14000個弱の出玉はツキに押され、打ち切った努力?のたまものか。とりあえず今月はこれでなんとかプラスラインに復帰できた。

いまだマックスタイプで苦戦しているリュウジくんに、缶コーヒーを差し入れて店を出る。外は秋というよりも冬のような空気だった。

いつものように季節は移ろいやすく、世は無常なり。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る