コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPL』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRリング 呪いの7日間FPL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
猪木
4500円
リング
8500円2221疑似連二回・赤エフェクト・ギミック新聞(弱系)
24突確
361赤字・心電図(赤)デジャヴパニック(強)
11500円70+5781疑似連二回・呪いの電話予告・ギミック新聞(中系)
14突確
48突確
4突確
70+1031疑似連二回・アタック藤丸くん怨念(中系)
343赤ランプ・赤エフェクトデジャヴパニック(強)
70+552前兆四回・金文字・疑似連二回・ギミック(片手)新聞(中系)
247赤リングデジャヴパニック(強)
16赤エフェクト貞子接近
287金リングデジャヴパニック(中)
29突確
706最後のあがき
301赤ランプ・赤リングデジャヴパニック(中)
173貞子接近
40突確
143デカボタン貞子接近
70+10875灼熱・赤疑似連二回・レインボーエフェクト・デンジャー柄・ラッキーパト貞子終焉
297デンジャー柄
558金エフェクトデジャヴパニック(強)
217ラッキーパト呪いの刻印
352終了
総投資額 24500円
総回転数 3195回
大当たり回数 23回
確変回数 5回
総出玉数 9112個
換金額 22500円
収支 -2000円

想定外の回りだった

そうだ、今日は月の中でもまずまず期待できる日だった。そんなに薄い当てではないと思う。しかしそのわりにはお客さんは少な目。大勢はいなくても程々には欲しいところ。いつものように『CRアントニオ猪木という名のパチンコ機〜やれるのか、本当にお前〜』から見ていくと、どうもさっぱりの様子。早くも回収モードなのか。他にといえば、『CRリング 呪いの7日間FPL』くらいなのだろうか。それにしても弱い開け。いっそのこと帰ろうかなと思ったほど。

ん〜、でもやっぱり『猪木』を打ちたい。その一心でさほど開いてもいない台に4500円ほどぶっこんで早くもお手上げ状態。仕方なく『リング』の島へ向かった。開いているとはいえ、せいぜい1000円23回転ぐらいが関の山だろう。そんな気持ちで打ち始めたものの、最初こそ1000円25回だったが、その後はうなぎ昇り。

2000円目で39回、次は27回、更に26回と、想定外の回り。それでもどうせその内落っこちるだろうと思っていたが、なかなかどうして、この回りをキープしたままだった。ついこの間までならば驚くような回りじゃないが、近頃の状況からすると破格の回りだと思う。ちょっと大袈裟に聞こえるが実際そうなのだから仕方がない。

そうこうしている内にチャンスがやってきた。8500円を投資した222回転目、疑似連が二回から「貞子呪いの手役物」が突然落下した。「新聞」リーチが掛かり、なんと弱系で発展もしないまま当たってしまった。「111」は10Rの当たり。回りも十分あるし、早くも貰った感いっぱい。24回転目には運命の巻き戻し演出で突確が当たり、振り出しに戻った。36回転目、画面には女の子の歪んだ顔。「キャー!」と赤い文字。金系の演出も絡みデジャヴパニックで当たった。またしても10Rの当たり。一発ぐらい16Rが欲しかったが、連チャンはこの二回でおしまい。

この時ふと思った。そうだ、ここのところ調子がいいせいか、『リング』が苦手な台だったってことを忘れていた。余計なことを思い出したばっかりに、やはりというべきか持ち玉は飲まれてしまった。買い足しに入ってみたが、回りのはずっと1000円27回をキープしたまま。どうやら本物らしい。それにしても今日初めて打つ台だとはいえ、今までずっと見過ごしていたということなのか。この程度の開きならばしょっちゅうあったような気もするが。

飲まれて11500円を投資した648回転目、ギミックが落下し「新聞」リーチが今度はちゃんと発展して当たった。一息つくかと思っていたら、この後が悪かった。14、48、4回転と、全部が突確だった。結局はこの一回だけで終わってしまった。いくら回りがあるとはいえ、これ以上の投資は避けたいところ。

173回転目、疑似連が二回ばかり続いた。そしてここでプレミアム演出発生。「アタック藤丸くん」が登場したのだ。もちろん大当たり確定。「怨念」リーチが発展し当たった。34回転目にはデジャヴパニックから今日初めての16Rをゲット。ようやく一息ついた瞬間だった。でも相変わらず連チャンは弱く、今回はこの二回で終了。

125回転目、背景が赤くなりながらもリーチは掛からず、前兆予告みたいな感じで二回、三回と続き、最長の四回目でようやくテンパイ。鉄板なのかな? 画面には「呪」の文字が金色となって現れた。疑似連も赤い文字で二回。ギミックも片手だけだが落下。これが「新聞」リーチで当たったのだった。ラウンドは5Rながら、24回転目には「777」。更に終わって速攻1回転目には「666」と、ようやくまともな連チャンに恵まれた。その数8回。持ち玉も15800個といったところだろうか。


やっぱりいつもこうなる……

実に久しぶりというか、これまでこの台ですっきりとした形で勝ったことがないので、さすがに今日こそはいけるだろうと思った。確率も確率だし、正直いつも舐めてかかったところは否めない。マックスタイプともなるといつだって胸を借りるような気持ちで臨めるんだがなあと思う。

持ち玉になってからは多少回りも落ちたが、きっちりと作業を熟せばまたグッと上がるような状態ではある。そんなに神経質にならなくてもいいだろう。しかし今回はなかなか熱い演出が出なくなってしまった。400、500、600と、何も起こらないまま時間だけが過ぎてゆくこのなんともしがたいもどかしさ。

あ〜、やっぱりこうなってしまうのか。800、900、1000回転と刻まれてしまったじゃないか。1124回転目、久しぶりに疑似連が二回ばかり続いた。それも赤い「貞」の文字で。「ぼうこん」リーチが掛かり、画面に映るパソコンの色が金色に輝いた。チャンスアップの一つだが、十分期待してもいいだろう。最後のカットインもデカボタンで金色だった。これが無情にも外れてしまった。

しかしまたすぐにチャンスがやってきた。1157回転目、ミニ貞子が持つプラカードに「灼熱」と出た。疑似連が二回続いた後に、なんとレインボーのエフェクトが発生。ここからは激アツ演出のオンパレード。掛かったリーチは「貞子終焉」。そういえばこのリーチも今日はほとんど見てなかったっけ。デンジャー柄など一度もないし。そのデンジャー柄もここで初めて出た。最後にはラッキーパトまで出現して当たった。

肝心の連チャンは、まず29回転目に続けてのデンジャー柄出現で大当たり。これは16Rの「777」だった。後半55回転目にはデジャヴパニックから金のエフェクトなども絡み、大当たり。21回転目には「呪いの刻印」からラッキーパトで大当たり。これが「444」から「777」へと昇格したのだった。これで4連チャン。あともう少しのところだったが連チャンはここまで。

そして最後の悪あがき、時間まで回してみたものの当たりそうな気配すらなくその時を迎えてしまった。結局のところ、この台を打つと回りには関係なくいつもこうなってしまう。それでも『猪木』で使った分を除けば、ほんのりプラスになったということか。妙に納得して店をあとにした。そろそろ冬も本番だというのに、生ぬるい風が体をすり抜けて行ったのは気のせいだろうか……(恐ッ)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る