コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR地獄少女 FPH』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR地獄少女 FPH
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
27500円704擬似金襖インパクト歪んだ愛ハズレ
264確変インパクト赤文字遊園地
282確変
314確変
275全回転
28000円125
18
1826インパクトデンジャ終わらぬ仕事
2566確変ステップ4インパクト終わらぬ仕事
477
513
373
344
1582→3激アツデンジャーインパクト歪んだ愛
96
3857擬似3激アツインパクトふみにじられた夢ハズレ
462ラウンド
158
508擬似3デンジャーインパクト歪んだ愛
935
総投資額 28000円
総回転数 3034
大当たり回数 19
確変回数 13
総出玉数 10101
換金額 40404円
収支 12404円

■オッケー

I店(等価)に着くと、先頭だったがすぐにリュウジくんの仲間ガテンくんたちとその友だちがぞろっとやってきた。挨拶がてら話を聞くと、徹マン(徹夜マージャン)明けでそのままやってきたという。いやはや若い。自分も20代の頃はそれに近いことはいくらでもあったか……と遠い目で若き日々をちらりと思い出した。

ほどなくするとリュウジくんもやってきた。ひとしきり格調が低い話をしていると、時間はあっという間に過ぎた。若い衆との語らいはいつも楽しいものだ。

入店の時間には、かなりの列となった。さすがは休日である。うかうかしていると打つ台にあぶれてしまう。というか、そもそも打つ台があるのか?というハテナマークもある。ともかく釘を見てからの話。

急いで見ていくと、甘デジコーナーには目立ったアケはない。ということはミドルやマックスにある可能性が。そしてそのシマに足を運ぶと、なるほど数機種に打てそうな調整があった。中でも目を引いたのは『リング・マックス』と『地獄少女・ミドル』という両方とも藤商事だ。

しばし迷って、『地獄少女 ミドル』に腰を下ろすことにした。今日は「ハイスペックミドルで奮闘せよ」との天の声が聞こえるような気がする。最近は甘デジで遊ぶことが多かったので気分的には腰がひけるが、期待値優先ならば文句なく今日は閻魔あいちゃんだと思う。

ヘソというよりも寄り近辺の調整に好感が持てるからだ。これだとまず一日座っていられるだけの回りはあると思う。伊達にI店のジグマとなっているわけではない。

さっそく打ち出していくと、思った通りの回りよう。いやそれより良い。1万円で250回転を大きく超えているわけで、このご時世、ありえないくらいと言ってもいいレベル。オーバー入賞も厭わずどんどん回していく。

ミドルとはいえ、1/358で72%確変というほぼマックスタイプに近いスペック。裏を食らえば大けが必至。表が出れば大勝利となるのは当たり前。まあ結果は神のみぞ知ることで、人知では測りがたい。予感はあっても、予想はできないし、未来をコントロールすることもまたできない。

そんなこともアタマの隅にいれながら、どんどん回す。200回転、300回転、400回転、500回転と何も起きない。のっけからハマリ模様。天気晴朗なれど波高しか……。550回転のところで、疑似連からようやく本日初のインパクトフラッシュが出てスーパーリーチ「地獄の遊園地」に。しかしチャンスアップも弱い。

やっぱりあえなくハズレ。そして600回転も超えて、700回転に到達。これでも確率分母の2倍程度だから、全然たいしたものじゃない。とはいえかつて2.5円の店で打っていた時ほどの回りではない等価交換の回り。でもまあいいよ、まだまだいくよ。

そして700回転を超えてすぐにチャンスがやってきた。疑似連の開始に出てきたのは金色の襖。2回か3回続いてインパクトフラッシュが発生した。そして発展先は最強のリーチ、あい系の「歪んだ愛」。タイトル文字も赤色。ようやく当たりがきそう。

結果、停止したのは「怨」図柄。これは小当たりだとがっかりだが、幸いにも潜伏確変のほうだった。電チューサポートは付かないが、ともかく確率10倍アップとなった。約1/40の高確率。これもまた中々やっかいな確率で、100回転やそこらには簡単に持って行かれる。

200回転だって何度も超えたことがある。そうなると困ったものだけど、これもまたどうにもできない。ともかく初当たりが来たことを素直に喜ぼう。幸い、投資も3万円まではいってないわけだし。

心配をよそにすぐにインパクトフラッシュ発生で、「地獄の遊園地」から大当たり。しかし当たった図柄は最悪の「四」。確変にはなりにくい(と思う)。しかし、セグを見たら助かった。確変のほうだった。ラウンド終盤にインパクト発生で無事昇格。ほっと一息。

これが「二」当たりだが昇格、次も「四」当たりだが「ここで当たれば確変ゾーン」でテンパイしたので勿論昇格。そして次も「六」でテンパイしたが「継続」から「全回転リーチ」になって「五」。そしてイントロ予告から「五」と一挙に6発の連チャンが来てくれた。


■最後は半減

これですでにこの時点でチャラ。さすがは等価交換。出玉もオーバー入賞を含め、思ったよりもとれるので、ここは喜んで続行していく。2回目は確率以内ですぐにやってきたが単発。これが確変だと良かったのだが、そうそううまくはコトは運ばない。

3回目も確率以内でやってきた。初めて見たかものステップアップ予告が閻魔あいまで伸びて「終わらぬ仕事」から大当たり。これがうまいことに、5連してくれた。そして4回目も早かったワンセットだったが、この時点で出玉は17000個を超えている。

ひょっとすると……。ほら5回目も400回転手前でやってきた。2R確変を含めて4連達成。この時点で出玉は18000個を超えた。夢の?2万発が現実のものになってきた。しかし、良展開もここまでだった。

6回目の当たりはまったくやってこない。時間だけが過ぎていく。結局閉店1時間前まで粘ったが、当たりはナシ。925回転でヤメにした。潜伏確変があるタイプだけに、この辺が時間帯としてはいいところだ。

半減した出玉は等価交換ゆえに痛いともいえるが、これまた久々に打ち切ったほうに値打ちがあるだろうと思う。それでも玉を流すと1万発がまだ残っていたのだからたいしたもの?だ。

外に出ると身を切るように寒い。いよいよ冬がやってくる。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る